『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
korean tragedy
2005年08月24日 (水) 22:30 * 編集
東アジア選手権の韓国戦の時に書いたけど、やっぱりって感じ。
テーハミングの再現を求められるリーダーの悲劇である。


韓国サッカー協会は23日、オランダ人のジョー・ボンフレール代表監督(59)の辞任を発表した。地元開催の東アジア選手権で最下位に終わるなど不振が続き、サポーターから厳しい批判を受けていた同監督が22日に「このままでは任務を続けられない」と申し入れ、同協会が23日の技術委員会で了承した。
昨年6月の就任から14カ月で退任することになった同監督は「(ホームで敗れた17日の)サウジアラビア戦後に辞任を決意した」と説明。技術委員会のメンバーも「協会から辞任の要請はしていない」と話した。だが、韓国メディアは10カ月後のW杯本大会をにらんだ協会による事実上の解任だったと報道。同監督は「試合前に2~3週間選手を拘束できないなら、次の監督も同じ問題に直面する」と批判した。(スポニチ)

ボンフレール代表監督は、「誰が監督しても同じ」といった主旨の発言をしているが、そうでもないのだろう。
テーハミングの頃は、フース・ヒディンクが監督だった。今、彼は、オーストラリアの代表監督だという。
もう一度お願いするか。
いずれにしても、勝ち続けることが命題の監督業というのは、サッカーに限らず、大変だ。
果たして、星野さんは、巨人監督を請けるのだろうか。



banner_02.gif
Comment
・TBどうもです!!
いやー。韓国代表好きな日本人としては、もう少し我慢できなかったのかなと言う気がします。彼らは、ヒディンクの再来を期待していますが、ヒディンクがもし結果を出せなかったらどうなんでしょう。彼らは、それでも、自国代表の為に力を見せてくれた貢献者に文句を言う気がしてなりません。他国の事ではありますが、もう少し、様子を見るべきではと思っています。
2005/08/24(水) 23:08:54 * URL * サッカー狂 #-[編集]

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/262-c3e03391
・この記事へのトラックバック
ついに、というかやっとというか。形としては辞任だが、明らかに解任だ。韓国はW杯本大会出場は決めた。しかし、東アジア選手権はホスト国でありながら、4ヶ国中最下位。W杯アジア最終予選でもサウジアラビアに連敗。(グループ2位通過)後任が外国人監....
2005/08/25(木) 11:13:47 * サッカー情報通
* Top *