『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
andreas grassl
2005年08月24日 (水) 22:23 * 編集
ゲイのドイツ人のピアノマン騒動。

氏名、アンドレアス・グラッセル。
年齢、20歳。
出身、ドイツ南部バイエルン州・プロスドルフ村。
得意科目、フランス語と生物学。
趣味、インターネット。
友人、少ない。

piano.jpeg

■近所の人
「知的な子どもだった。父親の農場は大きくて50人ぐらいの従業員がいた」

■同級生だったステファン・フーターさん
「彼とサッカーもやったが、ゲイだとは知らなかった。この村からそんな人が出るなんて」

■父親
「そのうち息子は何かを話すはず」
「体験を語る精神状態にない。息子をメディアから守らなければならない」
「私を愛していると言ってくれる。見違えるようだ。英国の医者は奇跡を起こした」

■ご本人
「元気だよ。ぼくの写真が世界中に流れ、有名になったの知ってる?」父親と再会して。
「ほとんど記憶がない。分からない」

まあ、目くじらを立てるほどのことじゃない。
誰だって、あるじゃないか。ホントのことを言おうとして、機会を窺っていたら、チャンスがなくて言えなかったってことが。
今回は、それがたまたまワールドワイドで展開されてしまっただけだ。

しかし、そうは簡単には済まないようだ。
アンドレアスさんには、今回の騒動のツケとして、多額の入院費の返還を求められる可能性があり、その額、350万円とも言われている。

たぶん、彼は早晩、芸能界デビューするだろう。
そのときには、皆で目くじらを立てよう。



banner_02.gif
Comment
・TBありがとうございます。
ブログ初心者なんで、TBきたらどうすればいいかわからないんですが、楽しく?読ませて頂きました。
全然、普段はジャンル違いますが、またどうぞ宜しくお願いします。
また覗かせて頂きます。
2005/08/25(木) 23:13:13 * URL * シオリ #O7xVy9HA[編集]
・はじめまして
TBありがとうございます。

こちらもTBさせていただきます☆
よろしくお願いします。
2005/08/26(金) 21:21:22 * URL * データ2000 #-[編集]

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/261-d111000c
・この記事へのトラックバック
記憶喪失。海岸で救われた謎の天才美男子ピアニスト。グランドピアノのイラスト。どこぞの映画の宣伝かと疑われたピアノマン。世界中の関心を集めた男の正体は記憶喪失を演じていた同性愛者海岸には自殺しに来たピアノの実力も低いそんな報道があった。「ピアノマン」が沈黙
2005/08/25(木) 12:39:42 * 風の気まぐれ
あまり郵政民営化法案ばかり取り上げていると、気が滅入ってくるので、こんな海外のニュースを取り上げてみました。あの世界中を騒がせた、「ピアノマン」の続報です。何と彼の正体が分かりました。
ヤフーニュースにピアノマンの記憶喪失が芝居だったとの記事がでていました。4ヶ月も、よく黙っていられたなと驚きました。これはすごい。そして、ピアノが上手いわけでない というのも、かなりの衝撃でした。なんというか、メディアを過度に信用してはいけないと再確認...
2005/08/26(金) 21:22:28 * 嗚呼スタートレック
* Top *