『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
the view of paris
2005年05月18日 (水) 20:49 * 編集
パリの観光名所エッフェル塔(高さ324メートル)で16日夜、ノルウェー人男性(31)が展望台からのパラシュート降下に失敗し、墜落して死亡する事故があった。パリ警察が17日、発表した。
警察の調べによると男性は、高さ115メートルの第2展望台から飛び降りたが、パラシュートが鉄骨に引っかかり、体から外れてしまった。男性はそのまま高さ55メートルの第1展望台に墜落し、即死した。
ノルウェー外務省報道官が、男性はノルウェー人だと確認した。
この男性は、ノルウェーの洋服ブランドの宣伝として、パラシュート降下を撮影するつもりだった見られている。パラシュートと小型ビデオカメラ付きヘルメットを隠し持って展望台へ上り、飛び降りた模様。

エッフェル塔からのパラシュート降下は禁止されている。しかし、英国のカップルが1984年にパラシュートで降下したほか、87年にはニュージーランド人男性が、第2展望台からバンジージャンプをしている。またエッフェル塔での自殺も多い。(CNN)

effel.jpg

-------------------------------------------------------
合掌。

先の日記にも書いたが、ヨーロッパを旅したとき、パリにも行った。シャンゼリゼの店でカフェなぞを楽しんだものだ。
地下鉄の駅でビール瓶か何かを駅の壁に打ち当て、叫び狂っていた男がいたっけ。どうしているかな。
しかし、エッフェル塔での自殺者が多いとは知らなかった。
2001年を迎えるために、特別な照明が仕組まれていて、綺麗だった。

行ったことのない方は、下記をクリックいただき、17インチのモニターでお楽しみください。エッフェル塔から見た、360度のパリの町並みを。


<エッフェル塔>
Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/26-b31f81a9
・この記事へのトラックバック
* Top *