『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
stranger at expressway
2005年08月14日 (日) 22:32 * 編集
未知との遭遇。
幸い、寸胴鍋は、今のところ遭遇したことがないが…。


14日午前11時ごろ、群馬県月夜野町石倉の関越道下り線で、茨城県古河市の男性会社員(43)の乗用車が、逆走してきた軽トラックを避けようとして中央分離帯に衝突し、後続の埼玉県久喜市の男性会社員(28)の乗用車に接触した後、ガードロープにぶつかり炎上した。
2台の乗用車には、いずれも新潟県の帰省先に向かう家族連れ計6人が乗っていたが、けが人はなかった。
県警高速隊の調べでは、現場は水上インター(IC)から東京方面へ約500メートルの地点。軽トラックには男1人が乗っており、水上ICから下り車線に進入したらしい。軽トラックは、そのまま追い越し車線を逆走して逃走、同隊は道交法違反(通行区分違反、あて逃げ)の疑いで捜査している。
関越道はこの日、群馬県内での渋滞はなかったが、事故のあった月夜野―水上IC間の交通量は帰省や行楽のマイカーなどでふだんの日曜よりやや多かったという。(読売新聞)

お互いが、時速100キロで走っていたとすれば、時速200キロの時間感覚で向かってくるわけだ。前方に何か妙な車両が見えるなと思っても、次の瞬間、すぐ目の前に逆走車が現れ、飛び込んでくる。

しかし、なぜ、逆走するのか。寸胴鍋にはピンと来ない。
ネットで検索してみた。

ハイウェイ中国セーフティドライブというサイトによると、逆走の原因には、2つの種類があるという。過失逆走と故意逆走である。

■過失逆走

1)進入禁止標識、道路案内表示等を見落として誤進入
2)サービスエリア、パーキングエリア(SA・PA)を出発する際に、出口(SA・PAから高速道路へ至る道路)を勘違いして、入口(高速道路からSA・PAへ至る道路)から高速道路に誤進入
3)料金所の手前まで来てインターチェンジを間違えたことに気付き、Uターンして高速道路に戻ろうとして誤進入
4)高齢者等が勘違いして誤進入

■故意逆送

1)出るインターチェンジを見過ごして通過してしまい、戻ろうとして逆走
2)ジャンクションで行き先を誤ってしまい分岐地点まで戻ろうとして、逆走
3)燃料が少なくなって、手前のサービスエリアに戻ろうとして、逆走

更に検索していくと、最近は、この2つに加え、もう一つのタイプが出てきたようだ。

04年6月、男性(当時73歳)が神奈川県の東名高速を逆走して死亡。
05年6月、静岡県浜松市の国道1号バイパスを男性(67)が逆走し、避けようとした車の男性が中央分離帯に衝突。(毎日新聞 8/10)

認知症逆走である。
これは、過失とか故意の問題ではない。逆走を逆走とは認識できないままに、また、高速道路を高速道路として認識できないままに運転しているのだ。
なんとも恐ろしい話である。

ところで、逆走車両との衝突を避けるには、走行車線を走るのが良いとのことである。
日本道路公団の調査によれば、逆走車両が衝突事故を起こした位置は、走行車線が6%、追い越し車線は94%であり、追い越し車線が圧倒的に多いからである。

寸胴鍋は、高速道路は巡航スピード100キロと決め、走行車線をオートクルーズ走行が定番である。右側をどんどん抜かれていくが、気持ちには余裕があって疲れない。
ところで、寸胴鍋は、逆走こそしたことはないが、正直、ジャンクション等でどっちへいくべきか、一瞬判断に迷うことがある。東京を離れれば離れるほど、案内標識に出てくる地名の方向がはっきりせず、どっちへ行けばいいのか迷うことがある。これは、地方のインターチェンジから、高速に乗ったときなどにもしばしば起こる。
ナビがあればこうしたことはなくなるのだろうが、全ての車にナビが搭載されているわけではない。

逆走を防ぐためには、目的地の高速道路やインターチェンジ等をよく下調べをしておくなど運転する側のソフト面の対応とハード面の対応、つまり、案内標識の充実など、道路管理面の更なる整備も必要なようである。
さらに、認知症逆走に対応するには、道路行政だけでの対応は無理であり、他の行政サイドからのサポートも必要である。

ところで、ソフト面におけるハードの充実も必要と、連れには言い続けているが、「高い、高い。ナビは私よ」という発言の前に、愛車へのナビ導入はまだまだ先のようだ。


(ハイウェイ中国セーフティドライブ)


●●●当ブログ、現在41位にランキング中。応援ください。●●●
                    ↓
                banner_02.gif
Comment
・本当に未知との遭遇でした
寸胴鍋様こんにちは。
トラックバックいただきありがとうございました。
全く持って危険な・貴重な経験でした。今回の件は僕の見た限りでは寸胴鍋さんが書かれている「故意逆走」と「認知症逆走」が錯綜しているような状況ではないかと感じています。
件のドライバーは明らかにUターンをして逆走を始めた=故意逆走
それがどんな危険をもたらすか判断できていない様子=認知症(それに近い)逆走
といった具合に。
逆走車が追い越し車線を走るというデータも身をもって体験です。やはり左通行を実践してしまうのでしょうね。空いている状況でしたので逆に余裕を持って走行車線を走っていたのは幸いでした。気づいたら正面に軽トラがなんていう状況だったら間違いなくパニックを起こしていたなと今になってさらに恐怖を覚えます。ドライバーズアシスト系のハードウエアは日々進化し続けていますが、高齢化社会を見据えたドライバーへのサポート(アラート)機能などナビやETC等に積極的に採り入れられる事が求められているように感じます。実際研究開発は進んでいるのでしょうけどね。
2005/08/15(月) 17:38:34 * URL * MINIPOLO #I9hX1OkI[編集]
・トラックバックありがとうございます
TBどうもです。

 高速道での事故は速度が速度なので大事故になりやすいですね。逆走なんて信じられないといったとこです。

 私は地方出身なので高齢者が軽自動車などを運転するのをよく見かけますが、結構危なっかしいです。さらにはのろのろ運転になりがちで、渋滞の原因にもなってみたりします。

 法でも整備して、免許更新時に反射神経や判断力などのテストを受けさせるべきなのではと思います。
2005/08/16(火) 00:44:27 * URL * Tak #mQop/nM.[編集]

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/242-99116829
・この記事へのトラックバック
 認知症を理由に運転免許の取り消し処分を受けた人が、02年6月の改正道路交通法施行後、年々増加して86人(04年末現在)になったことが、警察庁の調べで分かった。改正法では、疾病などの自己申告に基づき運転が不可能と認められた場合、免許取り消しが可能になった.
3連休初日、車で広島まで日帰りした。行きの高速は中国吹田から入った時点で大渋滞。宝塚トンネルまでの18キロに1時間以上かかるノロノロ運転が続いた。帰りは山陽道の西条インターに入ったのが午後9時半ごろ。制限速度でゆっくり運転しながら帰る。通常、このスピード
2005/09/24(土) 17:59:07 * かきなぐりプレス
* Top *