『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
discovery 8/5
2005年08月05日 (金) 23:48 * 編集
5日
■米スペースシャトル「ディスカバリー」の野口聡一さん(40)らは飛行11日目の5日午前、国際宇宙ステーション(ISS)とのドッキング解除を翌日に控え、片付け作業に着手した。ISSから補給コンテナをロボットアームで外し、ディスカバリーの貨物室に回収する。(時事通信) 

■米航空宇宙局のグリフィン長官が5日、ジョンソン宇宙センターで会見し、スペースシャトル「ディスカバリー」の地球帰還について楽観的な見通しを示した。
グリフィン長官は「今回は、カメラなどによる飛行中の機体点検を充実させた」と話し「(滑走路で)止まるまで油断はできないが、ディスカバリーの機体はとても順調に見える。大気圏再突入を前向きな気持ちで待っている」と述べた。
ディスカバリーは6日早朝には国際宇宙ステーションから離れ、地球帰還への準備に入る。着陸は8日早朝の予定。(毎日新聞)

■スペースシャトル・ディスカバリーは、ドッキング中の国際宇宙ステーションの「ごみ」など約2.3トンを詰め込んだ保管庫をISSからロボットアームで取り外し、シャトルの貨物室に移した。宇宙滞在を1日延長して行われた2年8カ月ぶりの「大掃除」が終了した。
米航空宇宙局のマイケル・グリフィン長官は、報道陣と懇談し「機体に深刻なダメージはなく、大気圏再突入に問題はない。断熱材の剥離の問題が幸運にも解決できた場合でも、次のシャトルの打ち上げは最も早くて9月22日だ」などと話した。(asahi.com) 

■スペースシャトル「ディスカバリー」の打ち上げ時に外部燃料タンクからはがれ落ちた断熱材は、納入前に浅い亀裂が見つかり、簡易補修を施した部材だった疑いのあることがわかった。
米航空宇宙局の当局者が、明らかにした。次回以降のシャトル打ち上げ凍結という事態を招いた断熱材はく離が、加工不良が原因で起きた可能性が出てきた。(読売新聞)


一日一願。一日一鼓舞。
banner_02.gif
Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/213-0cacc4f9
・この記事へのトラックバック
* Top *