『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
the death penalty
2005年08月05日 (金) 23:46 * 編集
「二度とやりたくない」との声も上がったそうである。

最高裁、法務省、日弁連が3日から実施していた裁判員制度の模擬法廷は最終日の5日、殺人未遂の想定事件の審理を終えた。裁判官3人と裁判員6人の評議の結果は「懲役5年」で裁判長が判決を言い渡した。
事件はスナックでのけんかを発端に、男性被告が別の男性客を包丁で刺したとの設定。評議では殺意があったかどうかが争点になり、懲役7年の求刑に対する量刑をめぐって意見が大きく分かれた。
最終的には「死んでも構わない、という殺意があった」と認め「けんかなど被害者側にも落ち度があった」ことなどを理由に懲役5年とすることで合意した。(共同通信)

では、さらに模擬裁判です。次の事件の評議をお願いします。

大阪府河内長野市の山中で2月、同府豊中市の無職長元美智子さん=当時(25)=の遺体が埋められているのが見つかった事件で、河内長野署捜査本部は5日、殺人と死体遺棄容疑で、同府堺市鴨谷台、人材派遣会社社員前上博容疑者(36)を逮捕した。
2人はインターネットの自殺サイトで知り合い、前上容疑者が「一緒に練炭自殺しよう」と持ち掛けて犯行直前に初めて会ったという。
前上容疑者は「口を押さえて人が苦しむ顔に興奮する。殺すつもりだった」と供述。捜査本部は自殺志願者の心理に付け込み、当初から殺害を狙った計画的犯行とみて追及している。(共同通信)

では、判決をお願いします。

「死刑!」



一日一憤怒。一日一鼓舞。
banner_02.gif
Comment
・トラックバックのお礼
トラックバックをありがとうございます。
その後の報道では2、3人が被害にあっているようです。
2005/08/06(土) 07:50:06 * URL * fancheyu #-[編集]

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/212-f8434199
・この記事へのトラックバック
これも、ネット時代の新犯罪とでもいえるのではないだろうか。逮捕された男(36)は人の口を押さえて、苦しみもがくのを見て興奮する異常性欲者だった。02年に通行中の中学生ら6人の口を次々とふさいだ傷害罪などで懲役10月の判決も受けていた。この男が次に欲望をス
2005/08/06(土) 07:37:30 * かきなぐりプレス
* Top *