『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
discovery  8/4
2005年08月04日 (木) 22:36 * 編集
4日
■「ディスカバリー」の野口聡一飛行士(40)が朝、コロンビア事故(03年2月1日)など宇宙飛行で起きた事故の犠牲者に追悼のメッセージを発信した。
NASAテレビの番組の一コマで、シャトルと国際宇宙ステーションの乗組員9人が英語、日本語、ロシア語で思いを語った。野口さんは「未知の領域に挑戦し続けた偉大な業績に改めて感謝と敬意を表します。私たちはいま、宇宙への挑戦を続け、新しい世界の実現に向けて歩き出しました。彼らを忘れることは決してないでしょう」と日本語で語りかけた。

■米航空宇宙局は昼、スペースシャトル・ディスカバリーの操縦席窓下の保護膜の傷について、補修の必要はないと結論づけた。機体の安全宣言といえ、ディスカバリーは8日未明にケネディ宇宙センター(米フロリダ州)に帰還することが決まった。
この「傷」は操縦席左端の窓下にあり、セラミックで覆われた保護膜の一部が破れて膨らんでいる。大気圏突入時に風圧で傷口が広がると、ちぎれた保護膜が機体を傷める懸念があった。米航空宇宙局は風洞実験を行い、補修の必要性はないと結論づけた。(asahi.com)

■スペースシャトル「ディスカバリー」のアイリーン・コリンズ船長(48)は4日、国際宇宙ステーション(ISS)と東京の首相官邸を結んだ「宇宙対談」で、宇宙飛行士としての立場から環境保護の大切さを訴えた。
コリンズ船長はこの中で、「宇宙から地球を見ると、森林破壊や土壌浸食の起きている場所が分かる。一部の地域では非常に広範囲に及んでいる」と指摘。「宇宙飛行士として、人々が地球を大切に守ってくれることを望む」と語った。
コリンズ船長はまた、地球を取り囲む大気の層について「まるで卵の殻のように薄く見える」と説明。こんなに少ない大気だからこそ、保護する必要がある」と力を込めた。(ロイター)


一日一願。一日一鼓舞。
banner_02.gif
Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/209-fedb1f6a
・この記事へのトラックバック
* Top *