『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
nude museum
2005年07月30日 (土) 20:52 * 編集
落語を楽しみに行くときには着物を着なくてはならないし、相撲を見に行くには、マワシが必要になるということになるわけだが…。

35度前後の真夏日が続くオーストリアの首都ウィーンで29日、「接吻」などで知られる同国を代表する画家グスタフ・クリムトらの作品を展示するレオポルド美術館が、「裸」もしくは「水着」の来館者は無料にするというイベントを催した。
同館によるとイベントの目的は2つで、暑さを和らげることと、クリムトのほかエゴン・シーレ、オスカー・ココシュカらが1900年初頭、「みだら」「芸術の冒涜」「ポルノ作品」などと批判されたヌード画などを発表し、世間をあっと言わせた当時の状況を振り返ることと説明している。
同日は多くの人々が来館したが、参加者のほとんどが水着姿。しかし、靴を履くだけなど、全裸に近い姿で人も数人いた。
ドイツのシュツットガルトから来たというベッティーナ・フートさん(52)は、「毎週浴場で裸になっているので、裸でいることには慣れている」とコメント。ウィーン在住のマリオ・フォアヘメスさん(20)も、「誰もが裸で生まれてきた。どうして裸で歩き回ってはいけないというのか」と主張。
一方、フィンランドからの旅行者エリーナ・ランタさんは「おかしいと思う。なぜ美術館でこういうことが可能なのか」「いろいろな美術館に行ったけれど、こんなのは初めて」と、とまどっていた。 (AP) 

不勉強で、グスタフ・クリムトという画家を知らなかった。官能的で素晴らしい作品が多い。
ところで、フートさんは「毎週浴場で裸になっているので、裸でいることには慣れている」と言っているが、風呂で裸になるのは当然であるが、美術館で裸になる必然性はまったくない。
いずれにしても、レオポルド美術館という名を世界的に広めるには、十分なイベントであった。


danae3.jpg

(Gustav Klimt)

(Leopold Museum)


一日一鑑賞。一日一鼓舞。
banner_02.gif
Comment
・ウィーンで見ましたよクリムト
おじゃまします。小森と申します。

ウィーン旅行したときに、たしか国立美術館に展示されており、感動しました。

透けて血管が浮き出るようなエロと背景の毒々しいまでの狂気が表現されていて、こんな趣味のあう画家がいたなんて!と感動した次第でした。

ヨーロッパ滞在記に見せかけて、ほとんど旅行ネタを書いていないブログですがお時間があったら遊びに来てくださいね。
2005/07/31(日) 06:27:46 * URL * 小森あさ #-[編集]

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/195-55b150b2
・この記事へのトラックバック
* Top *