『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
new planet
2005年07月30日 (土) 13:41 * 編集
「すいきんちかもくどってんかいめい」が変わるらしい。

米航空宇宙局ジェット推進研究所は29日、太陽系10番目の惑星を発見したと発表した。新惑星の発見は1930年の冥王星以来75年ぶり。
新惑星は冥王星(直径約2300キロメートル)よりやや大きく、太陽と地球の距離よりも最大97倍離れたところに軌道があるという。新惑星は明るくアマチュア天文家でも確認できるとしている。
この惑星は今年1月8日に見つかっていたが、その後の観測で冥王星より大きく、惑星であることが確定した。(nikkei net)

水金地火木土天海冥と記憶している。水星・金星・地球・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星である。いまは、軌道のせいで、水金地火木土天冥海だとも聞いた。
発見された惑星の名前の記述がないが、今後は、どのようになるのか。
そして、今後も惑星は発見されるのだろうか。宇宙は広く深い。
昨日には火星で巨大な氷の塊が発見されたとの報があった。


欧州宇宙機関は28日、火星の北極近くのクレーター内で巨大な氷の塊を発見した、と発表した。火星を周回しているESAの無人探査機「マーズ・エクスプレス」が撮影した。
氷塊の見つかったクレーターは直径約35キロ、深さは最深部で約2キロ。氷塊の大きさは公表されていないが、直径はクレーターの半分程度。厚さは約200メートルという。また、クレーターの縁の部分にも小さな塊が張り付いているように見える。
昨年、火星に着陸した米国の探査機によって、太古の火星には地球と似た海があったことがほぼ確実になっている。また、火星の地下には大量の氷があるとされ、米国は07年に探査機を送って地下を掘る計画だ。(毎日新聞)

mars2.jpg

この画像を見たとき、始めは想像図かと思った。現代の技術では、こんなに綺麗な解像度の高い映像が得られるのだ。愕きである。
火星探査、そしてディープインパクトの取り組みなど、宇宙の謎に挑む人類の試みはこれからも続く。1000年後に生まれていたら、もっといろいろな事が分かっているのだろう。
口惜しい気もするが、致し方ない。
もっとも、猿の惑星になっていたら、最悪だが。



一日一発見。一日一鼓舞。
banner_02.gif
Comment
・そーなんですよ
はじめまして!火星の写真もすばらしかったですねえ~!実際に行ってみたいものです。

≫口惜しい気もするが、致し方ない。

だからこそ私はスタートレックの未来っぽさに惚れたのです。あれなら400年後ですからね(どっちにしても死んでますけど)
反対に大昔も体験してみたいクチですが…
2005/07/31(日) 12:10:51 * URL * よろづ屋TOM #SHLDkvn6[編集]

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/193-6da1423a
・この記事へのトラックバック
太陽系に10番目の惑星が発見されたってねぇ。大神光です、こんばんわ。へー。冥王星が発見されて以来、実に75年ぶりの大発見だそうな。そんな事言われても、冥王星が75年前に見つかった事すら知らなかった。大宇宙の壮大な浪漫も、一般市民にとってはこの....
2005/07/31(日) 04:15:01 * }{ollow dayz
(画像は海王星*The Nine Planetsさんからお借りしました)  7
2005/07/31(日) 13:31:04 * ブツクサ徒然ぐさ
写真は池袋メトロポリタンプラザ。いろんな光の形があります。何か記号みたいに見えました。一番上は彫刻があるエスカレーターホールの天井、ここは内緒ですが歌の練習に使っていたことがあります。エスカレータを上がるとまたちょっとしたスペースがあります。天井は丸くな
2005/08/01(月) 13:10:03 * TYDA OFFICIAL BLOG
* Top *