『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
aftermath of earthquake
2005年07月29日 (金) 22:15 * 編集
事情聴取するそうだ。

東京都内で23日夕、震度5強を記録する地震が発生した際に、都庁(新宿区西新宿)から徒歩30分以内にある災害対策住宅に入居し、当日待機当番だった職員34人のうち21人が都庁に駆けつけなかったことが分かった。
マニュアルでは、震度5強以上の場合には自主的に駆けつけることになっていたが、ポケットベルを鳴らしたにもかかわらず21人が登庁しなかった。「ポケベルを自宅に置いたまま外出していた」などと釈明しているという。
都によると、災害対策住宅は総合防災部の25人のほか、他の部局から希望した145人が緊急時の業務要員として入居している。この145人が4班に分かれ、災害時都庁に30分以内に駆けつける待機当番を1週間交代でこなしている。
家賃は一般職員の半額(3LDKで月約5万円)に抑えられている。都は登庁しなかった職員から事情を聴いたうえで、災害対策住宅からの退去を求める方針。(毎日新聞) 

某日、都庁2505会議室。
「君は、どうして登庁しなかったのだ?」
「地震のせいで家が傾き、ドアが開かなくて、外に出られませんでした。大変でした。ハイ」
「君は?」
「あまりの地震だったので、腰を抜かしてしまいました。怖かったですよ。ハイ」
「あなたは?」
「駆けつけようとしたのですが、どこに行けば良いのか分からなくて…。なんかもう、焦っちゃて」
「じゃ、君は?」
「地震? あったんですか? 私、ハワイに行ってました。灼熱の太陽、甘いフラダンス。もう一度行きたいスね」

周辺の家賃相場と比較すると、4分の1程度の設定だという。
なんのために優遇されているのか、自覚が足りん。
第一、民間じゃこんな優遇策はないのに、緊急時には動員が掛かるのが普通だろう。いや、動員が掛からなくても、心配して会社に駆けつける者もいるだろう。

災害対策住宅からの退去は当然だし、今までの優遇分も返すべきだ。
空いた災害対策住宅には、私が住むから心配は要らない。優遇しなさいよ。



一日一揺。一日一鼓舞。
banner_02.gif
Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/190-ece30fbd
・この記事へのトラックバック
先日23日東京で震度5の地震があったが、都庁からの呼び出しに対して、待機当番に当たっていた都職員34名のうち21名が登庁しなかった。待機当番は緊急災害時に活動できるよう他部署から希望のあった145名の都職員が4班に分かれて1週間交替で担当している....
2005/07/30(土) 10:33:58 * こちら中小企業総務部
* Top *