『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
present for you and me
2005年07月26日 (火) 23:52 * 編集
プレゼントはだいたいにおいて嬉しいものだ。

「フランス語は数の勘定ができず、国際語として失格」などと発言した石原慎太郎・東京都知事にフランス語を勉強してもらおうと、明治大学のフランス語専任教員の有志が26日、都庁を訪れ、教科書や辞書、電卓の「学習セット」をプレゼントした。
政治経済学部の小畑精和教授ら13人。石原知事は28日まで休暇のために不在だが、「勘定の仕方を含めて言語は多様。違いを認めることが国際理解の第一歩であることも学んでください」などとする要望書とともに、都民の声課の担当者にセットを手渡した。(毎日新聞)

しかし、こんなプレゼントは嬉しくない。

26日午前4時ごろ、神奈川県南足柄市の伊豆箱根鉄道大雄山線富士フイルム前駅近くで、同県小田原市の男性会社員(27)が、ドライブをした女性を車から降ろしたところ、入れ替わりに2人組の男が車に乗り込んできた。
2人は男性の顔を数回殴り、7~8万円が入った財布と携帯電話を奪ったうえ、男性を約1時間半、車で連れ回し、同県箱根町仙石原で解放した。男性は顔に軽傷。
松田署は強盗事件として調べている。男性と女性はインターネットの出会い系サイトで知り合った。女性と2人組との関連も調べている。(読売新聞)

絶対貰いたくないプレゼントもある。

北朝鮮が日本の偽1万円札を大量偽造し、近く東南アジアなどにバラまくとの極秘情報が先月末、フィリピン政府から日本政府に伝えられていたことが26日明らかになった。北朝鮮は、米100ドル札の精巧な偽札「スーパーK」などを外貨獲得の国策事業として製造したことが判明している。
政府は在外公館を通じて情報を確認するとともに、上陸阻止に警戒を強めている。(zakzak)

そもそも、プレゼントかどうか疑わしいものもある。

北海道網走市の網走刑務所で、男性看守部長(47)が男性受刑者のモノや下腹部、尻などを触るなどしていたことが発覚、刑務所では25日「受刑者と不必要な接触を持った」として、この男性看守部長を懲戒戒告処分とした。
すでに受刑者と触れ合うことのない部署に異動となっている。
看守部長は、受刑者の作業指導や、所内での移動を監督するなど、受刑者に一番近い現場で仕事をする「処遇部処遇部門」に所属する勤続20年以上のベテラン看守。
刑務所の調べでは、部長は昨年4月から今年4月にかけて、指導監督する工場内で男性受刑者計28人の下腹部や、尻などを触った。日中の作業場所などで一方的に着衣の上から触っていたという。
部長は「励ましやコミュニケーションのためにやった」と認めている。(nikkan sprots)

そんなこんなで、今日も、日本の一日は終わろうとしている。
明日はどんなプレゼントがあるのだろうか。
あなたに、私に。



一日一贈。一日一鼓舞。
banner_02.gif
Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://bunn.blog9.fc2.com/tb.php/184-468c813c
・この記事へのトラックバック
* Top *