『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
表参道を歩く夏
2007年08月19日 (日) 20:44 * 編集
去年の反省もあって(?)、今年は、引きこもりの夏休みであった。
しかしながら、近場にちょこちょこ出かけた。

8月16日のブログに次のように書いた。
「その間、ブルーのインクを調べておくこととしよう。
いろいろなメーカーからいろいろなブルーが販売されているようだ」

フルハルターでのスーべレーンM800の調整に2週間は掛かるというが、手にしたら即使いたい。
そのためには、何はなくともインクだ。これがなくちゃ、書けない。
下調べをし、これと決めたインクを買い求めに、昨日、万年筆フリーク御用達の「書斎館」に出かけた。

原宿駅で下車して、表参道を歩いて目指す店に向かうことにした。
原宿なんて久しぶりだ。何年ぶりだろうか。
駅前の横断歩道を渡ると、人だかりがしている。見ると、スヌーピーばかりを集めた店である。

snoopy.jpg

早速、連れが捕まってしまった。
品物定めに忙しい連れをおいて、一人先に店を出て、看板を見ると「スヌーピータウン」とある。お客は、若い娘さんが多いが、寸胴鍋のようにお付き合いで連れ込まれたおっさんもチラホラ。
ところで、この店、今ネットで調べると、1999年4月の開店とある。
前回、私が原宿に来たときにはなかった。
つまり、今回の私の原宿訪問は、少なくも8年振りとなる。

スヌーピーの小物をいくつか買い求めた連れと表参道を歩く。
行き来する方々には、外国人が結構いる。
タンクトップ姿のスタイルの良い若い白人女性、犬を連れた白人の一家。
言葉から分かるが、韓国人や中国人の方。タイ語も聞こえてきた。
そんな人たちと一緒に歩く。

sandou.jpg

明治通りを横断して少し歩くと、表参道ヒルズがあった。

hills.jpg

冷やかしに入ってみる。
シャレた店が並ぶが、どれも私の購買意欲を刺激しない。
というか、向こうの販売対象者のレンジに入っていないのだろう。
早々に退散する。
表参道ヒルズも、ネットで調べると、2006年2月の開店とある。

1時近くになり、腹が減ってきた。
ヒルズの隣に、Cafe´ hors et dansというパスタ屋を見つけ、ランチを頼む。

cafe.jpg

ちょっと味にパンチが足りないが、まあまあ美味しい。
コーヒーはたっぷりの量で、旨かった。
今ネットで調べると、この店、ポッカの経営であり、2007年1月の開店とある。

さて、青山通りから骨董通り、そして、ちょっとした路地に入ると、目指す「書斎館」である。

shosai1.jpg


shosai2.jpg

ネットでは、休日はかなり混んでいると紹介されていたが、お盆休みのせいか、先客は誰もいなかった。
展示されている万年筆やインクやペンケースなどを連れと楽しむ。
昔の雑誌も展示してあった。蛍雪時代なんて懐かしい。
結局、購入したのは、プライベートリザーブのアメリカン・ブルーというインク。
ネット等で調べた寸胴鍋好みのブルーである。
ところで、この書斎館ができたのは、2001年4月。

さて、これでスーべレーンを待ち受ける準備はできた。
あとは、森山さんの調整を待つばかりである。

ところで、8年振りの原宿表参道。
この日、訪ねたお店は、全てこの8年間に出来た店であった。
「10年ひと昔」なんて、それこそ昔のことであって、今は、「5年ひと昔」なのかな。



banner_02.gif
スポンサーサイト
スリリングな高校野球
2007年08月19日 (日) 20:40 * 編集
いやー、今年の高校野球は面白い。拮抗した良い試合が多い。
そして、いよいよ4強が絞られつつある。


第89回全国高校野球選手権大会は第12日の19日、準々決勝2試合が行われた。今大会7回目の延長戦になった第1試合は、大会5試合目の佐賀北(佐賀)が帝京(東東京)との延長十三回の熱戦をサヨナラで制し、初の4強に進んだ。佐賀県勢の準決勝進出は佐賀商が優勝した第76回大会以来13年ぶり。
第2試合は、広陵(広島)が4試合連続の2けた安打で今治西(愛媛)を突き放し、準優勝した第49回大会以来40年ぶりで3回目の準決勝に進んだ。広島県勢は春夏通算190勝目で、17年ぶりの4強。(毎日新聞)

ところで、今年の高校野球のワクワクドキドキは、ずば抜けた選手がいるのではないが、平均した力量を持つ選手がそれぞれの学校に多いのかとも思ったが、実は理由があった。
数日前の記事である。


第3試合の宇治山田商を最後に49代表すべてが登場した。駒大苫小牧や報徳学園、高知といった優勝候補が姿を消し、混戦模様を浮かび上がらせている。そんな中、くっきりと見えてきた傾向がある。本塁打の大幅な減少だ。
開幕からこの日の第3試合までの本塁打数は12本。昨年は同じ時点で27本塁打が飛び出し、最終的に60本塁打の大会新記録が樹立された。現段階ではその半分以下のペースということになる。
今春のセンバツから国際規格に準じた「低反発球」が採用されている。低反発球と本塁打の関係が明確に証明されたわけではないが、数字を見る限り、昨年との差は歴然だ。球の反発が弱くなっただけでなく、縫い目も高いので変化球の効果も大きいといわれる。
春夏連覇を狙う常葉菊川の佐野心・野球部長(元中日選手)は「投手にはスピードを追い求めない指導をしている」と話す。速球で押すよりも、巧みな変化でかわすタイプの投手が実は増えているのかも知れない。乱打戦や一方的な試合が目立った昨年。この日の引き分け再試合が象徴するように、今年は接戦が多い。野球の質が少し変わってきたか。(毎日新聞)

なるほどね。
ホームランばかりの点がボンボン入っても、つまらないものね。

ところで、サッカーは、高反発球の導入により、もう少し点が入るようにしたら更に面白くなると思うがいかがだろう。
例えば、キーパーがゴールキックを蹴ると、相手のゴールに入ってしまう。
相手のコーナーキックを防ぎ、自陣のゴール近くから、ビッグシュート!!

だめか。
だめだな。
面白くならないな。

実は、寸胴鍋の望むのはオシムジャパンだけが強くなるサッカーボールだった。



banner_02.gif

* Top *