『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒュンダイは日本車?
2007年05月27日 (日) 13:22 * 編集
韓国でよく見かけた乗用車は、ヒュンダイのソナタやグレンジャー、キアのオプティカ、ルノーサムソンのSM5などであった。

サムスン、ヒュンダイは日本のブランド?世界的なブランドがどの国のものか、米国の多くの大学生が勘違いしている実態が、米調査会社のアンケートで明らかとなった。
それによると韓国の電子機器メーカー、サムスン電子の「サムスン」は57・8%、自動車大手の現代自動車など「現代(ヒュンダイ)」は55・7%の学生が日本のブランドと思い込んでいた。フィンランドの通信機器「ノキア」、米通信機器「モトローラ」も日本製との答えが一番多かった。トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」は37・3%が日本製と答えたが、米国製と答えたのも33・7%あった。
どの国の製品が良質かとの問いには、日本と答えたのが81・8%で最多、次いで米国(78・5%)ドイツ(77・1%)だった。
調査は2006年後半、約1000人の大学生を対象に実施した。(共同通信)

韓国でもっとも見かけた乗用車は、黒のソナタだった。韓国では、車の色は黒が好まれているようだ。
ソナタは、本田アコードを模倣していると言われているが、寸胴鍋の目には、現行車はアコードの雰囲気はほとんどないと写った。しかしながら、リアビューはレクサスのIS似ではある。


タクシーから映したソナタ
sonata.jpg


空港で見かけたグレンジャー
gradeur.jpg


韓国で見るクルマの多くが、日本車などに似ているのは事実。
日本のカーメーカーとの技術提携で生産されているクルマもあり、まったくのデッドコピーのクルマもある。サムソンのSM5など、日産ティアナそのものだ。
しかし、一方で、これはパクリだなと苦笑してしまうクルマもある。
キアのOPIRUSなどベンツそっくり。
アメリカの大学生の勘違いの原因の一つかもしれない。

ところで、韓国のクルマのドアによく見かけたもの。


20070527131907.jpg

ドアの保護するものだろうが、もう少し見栄えの良いものはないのだろうか。


banner_02.gif
スポンサーサイト

* Top *