『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寸胴鍋の研究で韓国に行きます
2007年04月29日 (日) 21:03 * 編集
寸胴鍋については、今まで、台湾、オーストラリアと研究をし続けてきた。
それぞれの文化の中で、食生活を支える一つの基盤ツールとして頑張っていた。
ところが、お隣の韓国では少々事情が違うのだろうか…。


韓国生活の七不思議のひとつにラーメン事情がある。韓国人は本当にラーメン好きだ。おやつもラーメン、夜食もラーメン、キムチ鍋にも部隊チゲ(米軍放出のソーセージを入れたところから、そう呼ばれるようになった鍋料理で、今やサラリーマンの定番昼飯メニュー)にもラーメンを入れる。
ところが、すべて、インスタントのちりちりラーメンなのだ。最近も自宅近くに日本系ラーメン屋(もちろん生麺)が開店したものの、店内はガラガラ。ソウルでは札幌ラーメンの店や九州ラーメンの店ができては消えていく。生麺はうけないのに、インスタントの方は「ラーメンサリ」といってちりちり麺だけスーパーで別売りしている。
インスタント・ラーメンは日本発祥だ。今年初めに亡くなった日清食品の創業者、安藤百福会長の発明品だが、今では世界の食糧で、年間生産量は463億食でご飯やパンに次ぐ主食だ。一番、食べているのは中国人で年間159億食。次いでインドネシア人92億食で日本人は52億食だ。さて、韓国人は38億食だが、人口比だと年間80個で堂々たる世界1位である。味付けはもちろん唐辛子の効いた辛口が人気だ。
インスタント・ラーメンは金正日総書記の好物でもある。韓国は昨夏の北の水害のとき、ラーメン2万食を北朝鮮に支援した。でも、何で生麺が受けないの? おかげでソウルのラーメン好き日本人は苦労している。(sankei web 07/4/24)

うむ。
韓国の即席めんである「辛ラーメン」は日本でも売っているし、寸胴鍋も食したことが数度ある。
スープで煮込んで作り、辛味がえらく強いものだ。
煮込むといっても即席めんだ、簡単な鍋でせいぜい5分程度。

そう、即席めんの世界では、寸胴鍋は登場しない。
寸胴鍋が面目躍如活躍するのは、生めんの世界だ。
しかし、この記事によると、韓国では生めんは人気がないという。
韓国における寸胴鍋の実態を研究してみたい。
じゃ、ちょいと行ってくるか。
そんなかんなで、明日から4日間ほど、韓国の寸胴鍋事情を調べることにした。
今週末には、成果の一端をご披露できると思う。



ところで、寸胴鍋は、今年の年頭、月に10本のエントリーをコミットした。
4月は明日で終わりである。なのに、これで3本目である。
コミットはどうするのかって?
ギブアップである。
いや、カルロス・ゴーンの言い訳に習って、このコミットは、一年延期することとしよう(なんとも情けないことである…。トホホ)。



banner_02.gif
スポンサーサイト
燃える曲
2007年04月15日 (日) 19:12 * 編集
体が揺れてくるのはエイトビートだし、魂が震えるのはフォービートだ。
演歌は、気が滅入る。


安全運転したい? 
ならガンズ・アンド・ローゼズやミート・ローフ、ブルース・スプリングスティーンは運転中に聴かない方がいいですよ。
運転がアグレッシブになってしまう曲ベスト10が発表されたが、その中に彼らの曲が含まれているからだ。
エレクトロニッック・アーツ社とAOLがレースゲーム「バーンアウト・ドミネイター」の開発に着手するにあたり、ネット上でアンケートが行われ、これまで約1700名が回答している。
運転中に聴くと燃えてくる曲を募集したところ、30年以上前の曲から現在のものまで幅広い回答を得られたという。
クラシックロックではミート・ローフの「Bat Out Of Hell」、スプリングスティーンの「Born to Run」、モーターヘッドの「Ace of Spades」、そしてガンズ・アンド・ローゼズの「Paradise City」など。
最近の曲ではザ・キラーズの「When we were Young」、フィーダーの「Buck Rogers」、プロディジーの「You Will Be Under My Wheels」などが挙げられた。(ロイター)

寸胴鍋は車通勤ということもあり、よく車を運転する。
安全運転を心がけているつもりではいるが、過去、何度か交通事故に遭遇した。
一度は、交差点を右折しようとして直進してきたバイクと接触してしまった。
もうかなり前の話になる。
朝方、会社に向かう途中であった。
交差点で、右折のタイミングを見計らっていた。
前からバイクが来ているが、大丈夫だろうとアクセルを吹かした次の瞬間、自分の車の左面後方にバイクがぶつかった。
幸い、ライダーには怪我は無かったものの、救急車を呼んだ。
少々すると、警察の事故検分が始まり、バイクを認識した場所を聞かれた。
あの電柱あたりか、クリーニング屋の旗のあたりかなどと問われたが、覚えているものではない。

但し、覚えていることが一つだけあった。
自分の車の中で流れていた曲だ。
マドンナの「ライク・ア・ヴァージン」だった。
燃える曲ではないが、結果的に判断を誤らせる曲となった。

記事にある曲は、スプリングスティーンの「Born to Run」を除き、知らない曲ばかりだ。
ところで、最近、寸胴鍋が車の中で聴いている曲は、ジャズが多い。
コルトレーンの「マイ・フェバリット・シングス」だったり、マイルス・ディビスの「ジャック・ジョンソン」だったり、キースジャレットの「ケルン・コンサート」だったりする。
今のところ、判断を誤ることはないようだ。



banner_02.gif
小金井ラーメン街道
2007年04月01日 (日) 21:48 * 編集
愛犬の35日法要で府中の慈恵院へ行く。
静岡あたりでは30度を超えたということもあり、愛車の中は暑く今年初めてエアコンを入れた。
寺の受付で読経の申し込みをし、他の遺族と共に読経いただく。
人様のものとまったく同じで、焼香もした。

法要の前に、連れがたまには上手いラーメンが食べたいというので、出かける前に、目的地近くのラーメン屋をネットで調べてみた。
あの辺だと、江川亭くらいしか思い浮かばない。しかし、ここは寸胴鍋の好みじゃない。
ネットで調べて驚いた。東八道路から新小金井街道あたりを小金井ラーメン街道というそうである。
結構な数のラーメン屋が出店しているようだ。
何軒かの店に目星を着け出発。

結局、東八道路沿いの「無坊」というラーメン屋へ行く。
府中運転免許試験場の直ぐ手前だ。
先ほどまで路駐の取締りをしていたというので、店の少し先にある有料駐車場に車を停めた。
3人くらいの待ち客があったが、10分ほどで店に入れた。
店は、L字型のカウンターのみ10席ほど。
若い店主とアルバイトの若い男性がカウンターの中だ。
10分ほど待つと注文した、「全部乗せ、醤油味」が出てきた。
全部乗せというくらいだから、チャーシュー、ゆで卵、焼き海苔などがてんこ盛りだ。
魚介系の濃厚なスープに中太の麺である。
スープは、結構鰹ぶしが効いている。ドンブリの壁に鰹節の粉末が残るほどだ。
元来、連れはこの類の味が駄目なので、あまり感心していなかったようだが、寸胴鍋は好きな味である。
しかし、難を言えば、麺が少ない。
また、麺がスープの中を泳ぐようにスープの量も多い方が寸胴鍋の好みなのだが、スープもやや少なめ。
しかし、味は寸胴鍋の好みだ。
免許更新時を待つまでもなく、再度行ってみることにしよう。
次は塩味で試してみるか。
他の店も気ンなるナ。



banner_02.gif

* Top *