『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネーミングライツ
2007年02月26日 (月) 21:37 * 編集
やや旧聞になるが、命名権により、「トーヨータイヤターンパイク」になるという。

東洋ゴム工業は20日、神奈川県にある観光有料道路「箱根ターンパイク」の命名権(ネーミングライツ)を取得し、名称を「TOYO TIRES ターンパイク」にする、と発表した。道路の命名権取得は国内で初めてという。
ターンパイクを保有、運営するオーストラリア系企業から買い取った。契約期間は3月1日からの5年間で、命名権料は非公表。東洋ゴムは「関東有数のドライブコースで、ブランド価値の向上につながると判断した。今後は地域貢献や独自のイベントも検討したい」(広報グループ)と話している。
箱根ターンパイクは神奈川県小田原市と箱根町、湯河原町を結ぶ約16キロの有料道路で、1965年に開業した。相模湾や富士山を望みながらドライブができると人気で、年間通行量は約100万台に上る。
事業を展開していた東急グループが2004年、オーストラリアの投資銀行を中心としたマッコーリーグループ傘下の企業に売却した。(共同通信 07/2/20)

命名権ドットコムなんてのがある。
ここを見てみると、過去に命名された物件が載っている。
渋谷公会堂は、サントリー株式会社と株式会社電通が命名権を獲得して、新名称は、「渋谷C.C.Lemonホール」。
北海道立真駒内公園屋内競技場・屋外競技場は、北海道セキスイハイムが獲得して、「真駒内セキスイハイムアイスアリーナ」と「セキスイハイムスタジアム」に。
新潟スタジアムは、東北電力株式会社で、「東北電力ビッグスワンスタジアム」となった。

企業の公告宣伝のツールだから、当たり前のように企業名が謳われる。
だから、ターンパイクも「TOYO TIRES ターンパイク」となる。
しかし、今回の背景をしらなければ、この道がどこにあるのか分からない。
せめて、「箱根」の冠は外すべきではないだろう。
つまり、「TOYO TIRES 箱根ターンパイク」であるべきだ。
これは、東洋タイヤも考えたはず。
しかし、如何にも名前が長すぎる。長ったらしいので、短めに表現したがる現代人は、頭の「TOYO TIRES」を外して、「箱根ターンパイク」と今まで通りに呼称されることを恐れたのではないかな。

ところで、ターンパイクにある休憩場も、「トーヨータイヤビューラウンジ」となるらしい。
ターンパイクにある施設は、全部、「トーヨータイヤ」の冠が付くのかな。
トイレは「トーヨータイヤ・トイレ」、
ガードレールも「トータータイヤ・カードレール」、
道の脇の雑木林も「トーヨータイヤ・雑木林」、
道に落ちてるゴミでさえも「トーヨータイヤ・ゴミ」。

この命名権、ある程度の条件付けや一定の制限をしないと無用に混乱させるだけである。



banner_02.gif
スポンサーサイト
N703iμ購入
2007年02月25日 (日) 21:36 * 編集
あーだ、こーだ、講釈を垂れてきたわけであるが、結局、本日午後、N703iμを購入した。

近くの電器屋やドコモショップに電話を掛けまくり、在庫と販売価格を事前に調査の上、クルマで30分ほどの電器屋に出かけた。
そこの店には、全ての色で在庫が数台づつあるという。ドコモショップにも、7台程度の在庫があるとのことであったが、やはりドコモショップは割高である。

さて、以前のP700iの使用期間が1年半で、更に既に契約している家族割り値引きや、なんとかサービスというものを付けて、21,950円也であった。
何とかサービスというのは、明日解約してしまうのだが…。

改めて手に持つと、まあ、薄いし、軽い。
店を出て、シャツの胸ポケットに入れたが、以前の携帯ではポケットが膨らみ、また、機器の重さでいやでもその存在を感じさせられたが、こいつは、ポケットに入っているかさえ分からない、そんな大きさと重さである。
失くすことが心配である。

さて、外観は、ブラウン色を買い求めたこともあって、ちょっと見は、板チェコのようである。
閉じてしまうと、窓はなく、時刻表示や着信を知らせるのは、マイシグナルなる機能が担当する。
49個の赤いLEDがその機能を担うのであるが、あらかじめセットされているパターンのほかに、NECサイトからは8つ程度のパターンがダウンロードできる。これらが結構楽しい。
爆弾だったり、流れ星だったりする。
これらは、それぞれを発信人毎に設定できる。
爆弾は連れ、愛人は流れ星とか。

早速、連れと電話とメールを交わしてみたが、今までのものと変わらない。
しかし、たった1年半の間であるが、メールの日本語変換はかなり賢くなっている。
これは楽チンである。

ところで、前日に触れた、高周波音であるが、聞こえるときもある。
機器と耳の位置により、そして、耳を凝らした時に遠くでかすかにキーンと発振している。
しかし、この程度であれば、寸胴鍋にとってはまったく気にならない。

唯一(?)の使い勝手の悪さは、充電台の設定がないことだ。
充電するには、本体の外部接続端子のキャップを開けて、ACアダプターのコネクターを繋げないといけない。
面倒くさく、キャップも経年変化でモゲてしまいそうである。

そんなかんなであるが、今のところ、大きな文句はない。
残された課題は、400ページ超のマニュアルを読みこなすことだ。



banner_02.gif
彼女の家
2007年02月25日 (日) 18:35 * 編集
17歳の頃、初めて女友達の家に行った。
高校の授業が終わったあと、彼女と一緒に行った。
彼女の親は外出して不在で、若い寸胴鍋の頭は暴発寸前、心臓はバクバクであった。
結局、何事もなかったのであるが、彼女の部屋は新鮮で眩しかった。

さて、gooランキングに、彼女の家に行って引いてしまうことのランキングが載っていた。
以下が、30位までのランキングである。


1.トイレが汚い 100
2.風呂場が汚い排水溝に髪の毛、カビだらけなど 92.1
3.流しに洗っていない食器が山積み 84.5
4.歴代の彼氏の写真が飾ってある 79.1
5.ゴミ、洋服などが散らかっている 78.4
6.布団が万年床ずっと布団を引きっぱなし 66.5
7.洗濯物が溜まっている 60.8
8.玄関に靴が散乱している 57.6
9.洗濯物が干しっぱなし。干してあるものから外して着る 47.5
10.部屋の壁がやにで黄色に変色 40.6
11.部屋がピンク色で統一 37.8
12.恋愛指南書がたくさんある 37.8
13.アダルトグッズがある 36.3
14.冷蔵庫が空っぽ。飲み物・調味料だけしか入っていない 35.6
15.腐女子アイテムがある。アニメのポスターなど 34.2
16.調理器具、調味料がない 33.1
17.インテリアはキャラクターグッズで統一 32.4
18.撮られた覚えのない自分の写真がある 30.9
19.彼女自身の写真ばかり飾ってある 28.8
20.焼酎や日本酒の一升瓶がある 28.4
21.アイドルグッズが飾ってある 26.6
22.フィギュアのコレクションがたくさんある 26.3
23.ラブリーすぎるインテリア 23.7
24.インスタント食品、スナック菓子を買い置き 20.9
25.天蓋のついたベッドがある 18.7
26.風水インテリアに凝っている 18.0
27.本棚のラインアップが個性的オカルト、少女マンガなどがたくさん 16.9
28.アロマオイルの匂いが充満している 15.5
29.女性週刊誌が積まれている 14.7
30.サプリメントやダイエット器具が並べられている 13.3

幸い、寸胴鍋の女友達の部屋は、以上の項目は全てクリアされていた。
綺麗に整頓されていたし、掃除も行き届いていた。
そして、部屋の空気は冷たく新鮮だった(彼女が部屋に入るなり、窓を開けたのであった)。

ところでランキング。
1位と2位、そして10位は、およそ普通の感覚の男子ならば、引いて当然だろう。
しかし、寸胴鍋は、3位や7位はそれほど引きはしない。逆に愛くるしくもある(彼女に恋に落ちているという前提で)。
絶対引くのは、13位、15位、19位、27位だろう。
慌てて彼女の部屋を飛び出るのは、4位、18位。
おじさんとなった今日では、20位は、膝を叩いて大歓迎だが…。

さて、寸胴鍋の17歳の恋であるが、こちらの方は、その後、相手に引かれて無残に瓦解したのであった。



banner_02.gif
携帯電話の売り方
2007年02月24日 (土) 23:47 * 編集
「次の携帯は、薄型のP703iμかN703iμか、或いは、テレビの見られるSH903iTVがいいなと思っていたが、SO903iもなかなかだ」と書いたのが、2月10日。
この間、20日にN703iμが販売開始となり、SH903iTVも28日の発売となった。P703iμは、書いた前日に発売開始となっている。

さて、どうするか。
寸胴鍋の買い物は、以前から所有していたものから、何か一つでも大きく前進したものを購入しようという不文律がある。
テレビで言えば、より大きな画面、PCでいえば、より処理の早い機器と、当たり前といえば当たり前の話。
そんなことからすると、より機能を高めるためには、ワンセグ対応のSH903iTV、携帯電話の携帯性から判断すると、薄型のP703iμかN703iμとなる。デザイン的な好みから言うと、N703iμだ。携帯性の観点から言うと、SH903iTVはモノが大きくて減点である。しかし、ワンセグというのも見たい。優柔不断男の面目躍如だ。

そんなあんなで、今日、近くのコジマ電器へ下見に行った。
最近、ドコモの新商品が続々発表されているため、他のキャリアと比べるドコモに群がる客が多いようだ。
ドコモのジャンパーを着た店員に聞くと、N703iμは店頭在庫はなし。一週間待ちとのこと。
「予約をされた方がいいですよ。人気ですから」と、ジャンパーが言う。

しかし、予約はしなかった。
というのも、最近、N703iμについては音に関する不具合が報告されているのだ。
なんでも、使用中にピーという高周波音が微弱に聞こえるらしい。なんでも、これはメーカー側も認識しており、その旨の注意書きを同封しているとのことである。

これは気になる。
一度、その異音に気付けば、気になってしょうがないだろう。
購入にあたっては、実物でその程度を確認しておきたい。
しかし、携帯電話の販売は、店頭にモックをならべているだけで、ホットモックを置いてあるケースは極めて稀だ。
しかし、考えてみれば、これはおかしなこと。
テレビは店頭で放送を流して、客は画質や音を確認できる(店側で調整しているにしても)。
クルマだって、試乗できる。乗り心地や加速感を確認できる。
こうした高い商品だけではない。
近所のスーパーじゃ、たくあんやイカの塩辛の試食をさせる。

しかし、携帯電話の購入にあたって店頭で客ができることは機能がない抜け殻をいじくっての判断のみである。
ネットを調べると、異音がするのはこの機だけではなく、シャープ製の携帯電話にも同様の不具合があるようだ。
こうした不具合の程度を確認できないままに、購入の判断を求めるのはズルイといえばズルイ。
セコイといえば、セコイ。
商いの道に反する。

携帯電話だけに形態で決めろというのか。
店頭にホットモックの陳列を増やすべきだ。



banner_02.gif
オープン戦開始
2007年02月24日 (土) 20:28 * 編集
プロ野球のオープン戦が始まった。
しかし、例年になく興味が沸かない。


プロ野球のオープン戦が24日に始まり、ソフトバンクは宮崎で西武に2-1でサヨナラ勝ちし、昨夏に胃がんの手術をした王監督の復帰後初となる試合を白星で飾った。
昨年日本一の日本ハムは大矢監督が復帰した横浜と沖縄・名護で対戦し、7-4と快勝した。コリンズ新監督が率いるオリックスは高知・安芸で阪神を3-1で下した。
リーグ2連覇に挑む中日は沖縄・北谷でヤクルトに2-4で敗れた。楽天は鹿児島でロッテと戦い、5-2で勝った。25日のこのカードは楽天が田中(北海道・駒大苫小牧高)、ロッテは大嶺(沖縄・八重山商工高)が先発し、注目の新人が投げ合う。
オープン戦は3月25日まで行われ、公式戦はパ・リーグが3月24日、セ・リーグは同30日に開幕する。(共同通信社)

プロ野球より、大リーグの方が興味は尽きない。
最初の年となる松坂はどの程度、大リーグで通用するのか。
松井のいるヤンキースは優勝できるのか。松井はどのくらい活躍できるのか。井川は先発か。
元ヤクルトの岩村はどうだろうか。
井口は。
桑田は一軍登録されるのか。
イチロー、城島は弱体となったチームを引っ張っていけるのか。
そのほかにも、田口もいるし、大家もいる。

これだけのスター選手が、日本から脱出してしまったのだから、プロ野球に興味が薄れてもしょうがない。今年、わくわくさせるのは、楽天の田中投手くらいか。
テレビ中継は、巨人戦の数が減るとのことであるが、さもありなん。
大リーグ中継や録画はさらに増やして欲しい。
特に、NHKは。
寸胴鍋はそのために受信料を払っているようなものだ。



banner_02.gif
抒情詩「美しい国を求めて」
2007年02月20日 (火) 22:23 * 編集
「美しい」を辞書で調べると、人の心や態度の好ましく理想的であるさまとある。
ふむ。
為政者は、美しい国にするのだと鼻息荒く勇ましい。
しかし、考えてみれば、今が美しくないから、そう希求するのだろう。
そう、今の日本は美しくない。

なんだか分からないまま、感情が高ぶった寸胴鍋は、皆さんに次の抒情詩を捧げる。



ニッポン、チャチャチャ。
チャチャチャ、ニッポン。

小学校の校長が早朝の学校で児童と相撲などをして戯れるかと思えば、実際のところは、女児の下着に手を入れていたとか、家庭裁判所の補導委託制度で預かっていた少女に63歳の男がわいせつ行為をしたとか、表面づらは美しくも、中身は、醜い。
おどろおどろしいくらいだ。

ニッポン、チャチャチャ。
チャチャチャ、ニッポン。

洗浄したいのはお尻だけではない。
どうしたのだ、日本。
こんな国はいやだ。美しい国にしたい。
そう思う貴方こそ美しい。

政治はと言うと、「首相が入室した時に起立できない、私語を慎めない政治家は内閣にふさわしくない」と小学生レベルのご指導。
経済界を見れば、J-SOXの施行を前に不正会計を見抜けない監査法人が霧のように消えていく。
家庭の食卓では、子供の大好きな食品から蛾の幼虫が飛び出してくる。
隣の家では、夫を殺害し、バラバラにした後で、「争いに決着が付いた」と妻がのたまう。

ニッポン、チャチャチャ。
チャチャチャ、ニッポン。

洗浄したいのはお尻だけではない。
どうしたのだ、日本。
こんな国はいやだ。美しい国にしたい。
そう思う貴方こそ美しい。

ニッポン、チャチャチャ。
チャチャチャ、ニッポン。



以上である。
久しぶりに書き上げたために、リズムや陰影、色相に乱れが見られるが、容赦願いたい。
いかがかな、感動はこみ上げてきましたかな。

いけない。作者自身にこみ上げるものが・・・。
うっ。(慟哭の気配)
ぐす。(胸の奥からこみ上げる嘆き)
ぐすぐす。(あふれ出る嘆き)
おー。(爆発した嘆き)
わー。(止まらない嘆き)
過激に泣きたくなったぞ。(カタルシスに向けた決意の表明)

・・・。(感情の急激な停止)

だから、ニッポン、チャチャチャ。
でも、チャチャチャ、ニッポン。



banner_02.gif
無理な論法、或いは理解しがたい判決
2007年02月19日 (月) 23:35 * 編集
判決の全文を読んだわけではない。
しかし、新聞の記事を読む限り、理解しがたいものだ。

19日、大阪地裁の中川博之裁判長は、尾上力被告に対し、

「被告の性格、性癖の深刻な問題性に根ざす犯行で、人間性の片りんさえ見いだしがたい」
「人の尊厳を踏みにじる態度には人間性の一片もなく、放火の結果、5人の命が失われた」
「被告にとっての強姦と放火は日常的な一種の気晴らしで、ゲーム感覚での連続的犯行だった。刑事責任は非常に重大」
「ゆがんだ性欲を満たすため、犯行が発覚しにくい女児を狙っており悪質。満足感を得るために放火を繰り返し、5人が命を失っており、死刑選択の余地がないとはいえない」
と断罪した。

しかし…。
「闇の中にあった事案の真相解明のきっかけを作った。被害者らに謝罪する言葉を述べており、多大の困難を伴うとしても更生の可能性がないとは言えない」
「刑法上の自首が成立する」
「公判で自らに不利なことを詳述し、反省している」
と、無期懲役の判決を下した。

尾上力被告が犯したのは、5人が死亡した13件の連続放火と女児15人への連続暴行事件である。しかし、自身は、かつて放火は約200件、強姦約40件、強制わいせつ約200件を起こしたと供述している。
また、判決の中で、裁判長は、「強姦事件の被害児童宅に電話をかけてわいせつな言葉を告げるなどの嫌がらせをしたり、放火現場の消火活動を眺めて満足感を味わったりしていた」とその人間性を把握している。

無期懲役とはいえ、数十年後、彼は確実に私達の町に帰ってくるだろう。
裁判長は「更生の可能性がないとは言えない」と述べているが、どのような方法で更正させようとしているのか。また、更正できる見通し付けはどの程度なのか。
なにより、何を持って更正できたとするのか。
これらを明らかにしないまま、この判決を理解させるのは無理だ。

(尾上力 研究)



banner_02.gif
シャングリラⅢ
2007年02月18日 (日) 21:56 * 編集
99年のシャングリラには行けなかったが、03年のシャングリラⅡは横浜アリーナで見た。
壮大なスケールだった。
詳細の記憶はないが、2時間半退屈することなく楽しんだ。

そして、今年、シャングリラⅢである。
連れが、急遽、ローソンチケット会員になり、チケットに応募した。
この土曜日、当選者が発表となり、見事に当選した。
それも4枚。
7月の横浜アリーナ2枚と9月の代々木体育館の2枚である。
1枚、1万2千円なり。
結構な出費である。
連れは2度共見に行く鼻息であるが、寸胴鍋はどちらかに行く予定である。
当選したチケットの席をネットで調べるてみると、横浜アリーナはあまり良くないが、代々木体育館はまあまあだ。
しかし、音は横浜アリーナの方が良いだろう。

いずれにするか、ゆっくり決めることにしよう。
まだまだ、最初の公演でも5ヶ月以上も先のことだ。

(シャングリラⅢ)



banner_02.gif
ある時効
2007年02月14日 (水) 21:33 * 編集
バレンタインデーの今日、ある事件が時効を迎えた。

東京都清瀬市の警視庁東村山署旭が丘交番で1992年2月、勤務中の大越晴美警部補(当時42)が殺害され拳銃が奪われた事件が、14日午前零時に公訴時効を迎えた。同庁は、奪われた拳銃によって第二の犯罪が起きる恐れがあるとみて、延べ約14万人の捜査員を投入し捜査を続けてきたが、犯人逮捕には至らなかった。
事件は92年2月14日午前3時過ぎに発生。交番勤務中だった大越警部補が何者かに首や左胸を鋭利な刃物で刺されて殺害され、身につけていた5発の実弾入り拳銃をケースごと奪われた。東村山署特捜本部は、犯行時間帯に交番で目撃された黒いジャンパー姿の男に関する情報収集を進めたが、事件解決にはつながらなかった。(nikkei net)

殺された大越晴美警部補は、年が違うので、同時期に在籍はしていないが、寸胴鍋の高校の先輩であった。

今月3日の共同通信は、次のように記している。


これまでの捜査で、犯人は大越さんの胸1カ所のほか、首をT字型に2度刺した可能性が高いことが判明。殺傷能力が極めて高い方法で、元捜査幹部は「軍隊の特殊部隊など、限られた人物しか知らないのでは」と指摘する。

また、警視庁の広報のページには、次の記述があった。

特捜本部では現在、その状況を突破する手掛かりとして殺害に使われたナイフに注目しています。
刃渡り9cm程度、刃の形状はわかっていません。このナイフは手製の可能性もあることから、犯人はナイフマニアである可能性もあります。
また、犯人はけん銃を奪っていますが、けん銃はその後まったく使用された形跡がないため、けん銃マニアの可能性も捨て切れません。

人物像はいろいろ想定されたが、犯人にはついに到達できなかった。

犯人逮捕はできなくなった。
しかし、警視庁は、連絡室を設置し、今後も拳銃の捜索を中心に捜査を続けるという。
ぜひ、真相を明らかにして欲しい。
そして、先輩の無念を少しでも晴らして欲しい。



banner_02.gif
次の携帯
2007年02月10日 (土) 22:52 * 編集
連れが新しい携帯に変えた。
オレンジ色のSO903iである。


so903is.jpg


それまで使っていたのが、ムーバだから、画面(3インチ)の大きさや機能の多さには感嘆である。
さきほど、連れの好みのCDを携帯に転送した。
一度パソコンを経由しての転送となるが、慣れてしまえば簡単だ。
連れ曰く、「ウォークマンは要らないわね」
表現はちょっと古いが、なるほど音楽再生機にも十分だ。
GPSも付いている。
試しに携帯検索機能で携帯のある場所を検索してみると、自宅にぴたりフォーカスした。
デジタルカメラ機能も320万画素である。
寸胴鍋が数年前に買ったキャノンのデジカメS45が、450万画素である。早晩抜かれそうである。
まだまだ、使っていない機能もあるが、よくもこの大きさに詰め込んだものだ。

ところで、ドコモはこの冬、903iシリーズとなった。
最近の報道によると、今年の夏には、904i、冬には、905iになるという。
905iになると、全機種ワンセグ対応となるらしい。
物凄いスピードである。
製品の開発とその玉成が十分ではないまま、発売してしまうことのないようにして欲しいものだ。
些細なことであるが、SO903iも、充電端末のカバーがヤワな造りで非常に気を使う。
いかにも直ぐに折れてしまいそうなプラスチックなのだ。
携帯を購入した翌日には、充電台を買い求めにドコモショップに出かけた。
充電台を使えば、このカバーを開かなくても、充電できるからだ。

さて、寸胴鍋は、次の携帯は、薄型のP703iμかN703iμか、或いは、テレビの見られるSH903iTVがいいなと思っていたが、SO903iもなかなかだ。


(SO903i)


banner_02.gif



* Top *