『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不二家でJ-SOX法の有効性を測定する
2007年01月19日 (金) 21:34 * 編集
内部統制の強化を狙いに、08年度の決算からJ-SOX法が適用される。
上場会社は、それに向けての取り組みで上に下にの大騒ぎだ。
しかし、疑念もある。
J-SOX法は内部統制に対して本当に有効なのだろうか。
膨大な労力を投入してシステムを構築しても、結局、無駄だったということはないのか。

そこで、今回、不二家の不祥事を材料にして、J-SOX法の有効性を測定してみた。

J-SOX法の実施基準によると、内部統制を効かせるには、次の6つの基本的要素がある。それぞれのポイントと共に記す。

1.統制環境・・・企業のカルチャーや風土、経営方針、企業理念などは整備されているか。
2.リスクの評価と対応・・・攻めのリスクマネジメントが展開されているか。
3.統制活動・・・社員の業務や行動はマニュアル化され、的確に実行されているか。
4.情報と伝達・・・業務に必要な情報を取り入れ、構成員や関係者が情報を共有できているか。
5.モニタリング・・・業務に組み込まれているチェック機能や業務から独立したチェック機能は働いているか。
6.ITへの対応・・・内外のIT環境に対応するITを実現し、ITを適切に活用できているか。

では、それぞれの要素ごとに、不二家関連のニュースから判断材料を拾い、それらから、不二家の内部統制の程度を判定してみる。

まずは「統制環境」だ。

■判断材料
「管理や認識の甘さから、期限切れの原材料は使用しないという社内規定が守られなかった。公表するという考えに至らず、深くおわびする」という藤井社長の発言。「公表するという考えに至らず」とあるが、そんな社長に対して他の取締役などが意見具申できるような風土だったのだろうか。
「コストに対し、食品の安心・安全という部分のウエートが若干下がっていたと思う」という埼玉工場長の発言からも不祥事を見て見ぬ風土が社内にあったのではないかと疑える。
また、社内内での事実確認から2ヶ月間も事実が公表されなかったことからも、隠蔽体質だったことが窺える。

■判定
以上から、不二家の企業文化や風土には、食に対する安全という観点が非常に希薄だったように思われる。また、リーダーシップも的確に発揮されていなかったようだ。
「統制環境」は最悪。

次に、「リスクの評価と対応」。

■判断材料
製品ごとに使われた原料の消費期限などの記録や安全管理マニュアルがなかったこと、さらに、まだ白黒付いていない段階で、生菓子以外は安全と公表したこと。

■判定
「リスクの評価と対応」はまったく機能していない。リスクマネジメントという概念さえ、社内にないようだ。最低の評価だ。

「統制活動」はどうか。

■判断材料
「まずは品質保証体制をつくることが、不二家ブランドを維持するための策。今週中にはマニュアルを整理し、一刻も早く稼働できる体制にしたい」という従業員の発言。
食品衛生に関する社内規定や製造手順を書いた管理書を作成していたのに、工場の現場では守られていなかったこと。
また、検査で細菌数が不明の場合、「無限」と記録していたことなど。

■判定
以上から、決め事を網羅したマニュアルの整備は十分でなかったことが窺える。また、一部はあったにしても社員が守っていなかった。
「統制活動」もペケ。

「情報と伝達」はどうか。

■判断材料
昨年11月に経営陣が埼玉工場での不正を把握し、改善を指示した以降も2回、期限切れ原料を使っていたことから、経営の指示が的確に伝わっていたとは思われない。
また、菓子にガの幼虫が混入した事実を把握しながら、「製造ラインで混入したとみられるが、健康への被害はなく、商品の回収や保健所への報告は必要ないと判断した」ことなどから、外部への情報の発信も的確でない。

■判定
「情報と伝達」に関してもNG。

「モニタリング」はどうか。

■判断材料
製造現場の担当者と別の担当者が二重にチェックするとされていたが、機能していなかった疑いがあること。

■判定
チェック機能が働いていたとは思えない。「モニタリング」も×。

なお、最後の「ITへの対応」については、材料がなかったため、判定できない。

このように見てくると不二家のお粗末なことが良く分かるし、J-SOX法の有効度についても明快な判定ができる。
内部統制の充実のために、J-SOX法はかなり有効だ!。
上場企業の皆さん、疑念は払拭し、頑張って体制を整備しましょう。



ところで、ここまで書いてきてしみじみ思ったことがある。
不二家は、今までよく食品メーカーとしてやってこられたなぁということ。
埼玉工場では、50匹のネズミが捕獲されており、衛生上も問題があったようだ。
しかし、これは内部統制というより、食品メーカーの基本の基であり、内部統制以前の問題だろう。
不二家、なんとも不思議で、恐ろしい会社だ。



banner_02.gif
スポンサーサイト

* Top *