『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
巧妙な手口
2007年01月05日 (金) 20:01 * 編集
覚醒剤の密輸は大罪。
しかし、儲けは莫大だ。
そこで知恵を使ったのだろうが…。


覚せい剤の水溶液をタオルに染み込ませ密輸入したとして、福岡県警福岡空港署は4日までに、覚せい剤取締法違反(営利目的密輸入)容疑で大分県中津市本耶馬渓町、元暴力団組員中野常博容疑者(35)を逮捕した。福岡空港税関支署によると、こうした密輸方法が税関に摘発されたのは全国初という。(時事通信)

なるほど、覚せい剤の水溶液をタオルに染み込ませるという手があったか。
読売新聞によると、3枚のタオルから、覚せい剤約2・9キロ(末端価格約1億7300万円相当)が抽出されたという。
そのタオルは、縦約150センチ、横約70センチというから、ほぼバスタオルくらいの大きさか。
しかし、この男、知恵は働くのだろうが、気が小さかった。
税関で、落ち着きがなく、きょろきょろしていたという。
「私、妙なものを持ってますよ」なんて周りに公言している感じだったのだろう。
結局、職員が男のカバンの中から覚醒剤タオルを発見する。

知恵のある、しかし、気の弱い男が力量以上の覚醒剤を密輸しようとした事件であったが、これが下着に染み込ませた程度のものだったら、どうだったのだろうか。
荷物だけではなく、人体についても麻薬犬による検査が必要かもしれない。



banner_02.gif
スポンサーサイト
作陽高校、頑張れ
2007年01月05日 (金) 18:48 * 編集
今日、第85回全国高校サッカー選手権大会の準々決勝が行われ、千葉県の八千代、岩手県の盛岡商、岡山県の作陽、鹿児島県の神村学園が準決勝進出となった。
寸胴鍋は、12時から行われた、作陽対静岡学園をテレビ観戦した。
そして、応援していた作陽がなんとか勝った。


作陽が昨秋の全日本ユースで完敗した静岡学園に雪辱、岡山県勢初の4強入りを果たした。個人技で勝る相手を抑え、野村監督は「組織でどう守るか考えた。厳しい試合だったが、よく頑張った」と選手をたたえた。
シュート1本に終わった前半と打って変わり、後半はカウンターが効いた。
後半12分、小室が相手DFを振り切ってペナルティーエリア左に侵入し、先制のゴール。相手に同点弾を許した直後の同18分にも、チーム一の俊足を生かしてゴール前のスペースを突いて浜中のパスを受け、勝ち越し点を決めた。2回戦に続く1試合2得点に、小室は「僕が走った所にパスが出てくる」と味方に感謝した。
5年前、作陽が8強入りしたのをテレビで見て「それを超えたいと思っていた」と小室。目標を達成し、次は「優勝ですね」と力強く宣言した。(時事通信)

3対1になったときには、楽勝かとも思ったが、スタンドで観戦していた作陽の前監督の発言をレポーターが伝えた。
「相手が静岡学園なので、作陽の体力が持つかどうかかポイントだ」
さすが、前監督の目は鋭い。
静岡学園が2点目を入れると、にわかに雲行きが怪しくなったが、作陽も必死の防戦。
ハラハラドキドキの良い試合だった。
ぜひ、明日の準決勝も勝利して、決勝に進んで欲しい。

なぜ、作陽を応援しているのかって?
作陽は1回戦でわが母校を破った相手なのである。
ぜひ、優勝してもらいたい。
そうすれば、わが母校の無念も多少は晴れるだろうから。

明日、作陽は国立競技場で神村学園と戦う。



banner_02.gif

* Top *