『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4年後を思う
2006年06月24日 (土) 11:32 * 編集
さっさと気持ちを切り替えることが大切だ。
終わってしまったことを何時までも悔やんだって何も生まない。
だから、心は4年後のワールドカップだ。

2010年の大会は、南アフリカでの開催となる。
日本チームは、新しい監督のもと、メンバーも一新され、さらに強靭なチームになっていて欲しいところだ。
しかし、ここでいろいろ難儀な問題が生まれつつある。

まずは、出場枠だ。
今回、アジア地区からは、日本、韓国、イラン、サウジアラビアの四カ国が出場したが、これらは、いずれも一次リーグで敗退してしまった。
次回、アジアからの出場枠は、今回の成績を勘案され、決められるという。
4カ国から3カ国に減少してしまうかもしれない。
もう一つの問題は、今回、日本が残念ながら敗れたオーストラリアがオセアニア地区からアジア地区に編入されるということだ。

以上からすると、次回大会は、アジアからの出場は、日本、韓国、イラン、サウジアラビア、オーストラリアで3つの枠を競うことになる。もろん、ここに記していない国々も含まれるわけだが…。

今後、4年間で各国はその力量を増すべく努力をするわけであるが、今の実力からすると、日本が次回ワールドカップに出場することはかなり高いハードルとなる。

さっさと気持ちを切り替えるのが大切と書いたが、今回の大会、日本は、まったく良いことなく敗れてしまった。まったく、不満足でやり切れない内容だったし、結果は最悪だった。
実力を出し切れなかったのか、実力不足だったのか。
たぶん、両方だと思うが…。

しかし、4年後、私達は次のように思うのかもしれない。
「前回はワールドカップに出られただけ良かったな。グループリーグの最後のブラジル戦まで期待させたからな」

そんなことにならないように、今回の大会の課題は、きっちり纏め上げ、A4に10枚程度に纏め上げてから、次回に向けての取り組みを始めて欲しい。
これは、悔やむのではなく、建設的な反省である。



banner_02.gif


しかし、あのとき、柳沢がなぁ…。
スポンサーサイト
16歳の計算
2006年06月24日 (土) 09:41 * 編集

奈良県田原本町の放火殺人事件。
医師宅は全焼し、母子3人が死亡した。
16歳の長男が殺人と現住建造物等放火の疑いで逮捕された。

少年は、犯行の動機を「母親が保護者会に出て、父親に試験結果が知られるのが嫌だった」と語った。
「日ごろから父親を殺そう」という思いを持っていた。

彼の父親は、勉強部屋を「ICU」(集中治療室)と呼び、夜中まで付ききりで長男に勉強を教えていた。父親は、少年の「成績が下がったらすぐ殴った」。「殴られた衝撃で机に頭をぶつけたこともあった」

そして、少年は、とうとう一歩踏み出す。
「今月中ごろの深夜、父親を殺害するため、父親の部屋に行ったが、気づかれてやめた」

しかし、実際の犯行は、父親が不在で家族が在宅していた自宅に向けられた。
「火をつけたら、逃げ遅れて死ぬと思い」、実際に犯行に及んだ。
犯行後、「日本対ブラジル戦を見たいと思って」他人の家に入り込むが、「1日間違えた。放送していなかったので寝てしまった」という。
しかし、このとぼけた間抜けな話の裏で、彼は忍び込んだ家の電話線を切り、通報を防いでいる。

彼の恨みの対象は、父親であった。
しかし、父親の殺害に失敗すると、その矛先は家族に向けられた。
これは、見方を変えると、父親を最も苦しめる方法を選択したのではないか。
彼の家族を殺し、殺したのは自身の長男。一人残され、悩み、悔やむ日々。
これこそ、殺されるより一層の苦しみである。

ここまで計算していたのだろうか。
結論付けるには、まだ材料が足りないが…。



banner_02.gif

* Top *