『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋田小1男児殺人事件、犯人逮捕へ
2006年06月04日 (日) 10:22 * 編集
今朝、捜査が大きく進展した。早々事件の全貌が明らかにされるだろう。
改めて事件の経過を押さえておこう。


4月9日(日)午後7時45分。畠山彩香ちゃんが帰宅しないため、母親が警察へ連絡。

秋田県藤里町粕毛家の後、町立藤里小学校4年畠山彩香ちゃん(9つ)が「友達の家に遊びに行ってくる」と9日夕に自宅を出たまま帰宅せず、能代署が事件と事故の両面で捜索を始めた。
能代署によると、彩香ちゃんは9日午後4時ごろ「友達の家に遊びに行ってくる」と母親(33)に告げて外出。夜になっても帰宅しないため、9日午後7時45分ごろ、母親が110番した。
同日午後4時ごろに、自宅前にいた彩香ちゃんを近所の小学生が見ているが、仲のいい友人数人の自宅には遊びに来ていなかったという。(共同通信 4月10日)

4月10日(月)午後1時35分。畠山彩香ちゃん、遺体で発見。

秋田県藤里町で行方不明になっていた同町の小学4年畠山彩香ちゃん(9)は10日午後1時35分ごろ、同県能代市の藤琴川の浅瀬で遺体で見つかった。
目立った外傷はなく、靴を履き、衣服を身に着けていた。能代署は彩香ちゃんが誤って川に転落した可能性が高いとみて死因などを調べている。
能代署によると、藤琴川は彩香ちゃんの自宅近くを流れており、発見現場は自宅から約6キロ南の下流で、現場は水深10―15センチ。捜索中の県の防災ヘリが川に浮いている子どもを見つけ、母親(33)が身元を確認した。(共同通信 4月10日)

4月11日(火) 畠山彩香ちゃんの死因、水死と断定される。水を飲んでおり、能代署は彩香ちゃんが誤って川に転落した可能性が高いとした。

5月18日(木) 畠山彩香ちゃんの遺体が発見された場所から、2キロ離れたところで、米山豪憲君、遺体で発見される。死因は窒息死。死亡推定時刻は17日午後4時から午後6時の間。

秋田県藤里町の自営業米山勝弘さん(39)の二男で町立藤里小1年米山豪憲君(7)が17日夕から帰宅せず、18日午後3時ごろ、自宅から約8キロ離れた同県能代市二ツ井町の米代川川岸近くの道路脇草むらで、遺体で見つかった。
司法解剖の結果、豪憲君は首を絞められたことによる窒息死と判明、秋田県警捜査一課は殺人事件と断定し、能代署に捜査本部を設置した。
捜査本部によると、死亡推定時刻は17日午後4時から午後6時の間。ひも状のもので絞められたとみられる。遺体発見現場に争った跡はなく、殺害後に運ばれた可能性が高いという。
米山さん方の二軒隣の畠山彩香ちゃん=当時(9)、藤里小4年=が4月9日に友達の家に遊びに出掛けたまま帰宅せず、翌10日、今回遺体が見つかった現場から約2キロの藤琴川で水死体で見つかった。
能代署は彩香ちゃんは誤って転落したとみているが、わずか1カ月に同じ町内で2人の児童が行方不明となったことから、関連を慎重に調べる。(共同通信 5月18日)

2つの事件の関連が強まると、彩香ちゃんの母親の発言が取り上げられるようになった。
彼女は、事故後、彩香ちゃんの顔写真を印刷したチラシを作って、住民からの情報提供を呼び掛けたりしていた。
畠山鈴香

5月20日(土)各社とのインタビュー。

「(彩香ちゃんが死んだのは)事件なんじゃないかと、再三警察に話したが、受け入れてもらえなかった」
「あまりにずさん」
「また幼い子が犠牲になってしまい悔しい思いだ。もうなんて言っていいのか分からない。豪憲君の事件だけでなく、彩香のことも警察にきっちり調べてほしい」

「明るくて照れ屋。母子家庭だから、どこへ出掛けるにも2人一緒だった。なんで?って思いが強い」
「しばらくの間はごはんも食べられない、眠れない、泣いたとしても涙も出ない、感情がなくなってしまったようになっていた」
「彩香は水が嫌い。川に近づくとは思えない」
「彩香は普段川に行かなかった。それが私との約束の一つだった」
「あれだけぼこぼこした岩やえん堤、木の枝が覆いかぶさっている浅瀬を流されて、衣服にかぎ裂きひとつないのは、おかしいんじゃないかと警察に訴えても“ありえないことではないが、事件より事故の方がお母さんも救われるでしょ”と言われた」

「警察は事件、事故の両面から調べると言っていたが、私には何も教えてくれない」
「警察がきちんと捜査をして、もうちょっと動いてくれたら、豪憲ちゃんは何事もなく今ごろ元気に遊んでいたかもしれないのに…」
「(豪憲ちゃんが)行方不明と聞き、直感的に『川だ』と思った。彩香のことがあったから」

27日(土) 報道陣と。

 --今の気持ちを話してください

 鈴香さん「彩香を亡くしてから今まで、警察には事件、事故の両面で調べていると言われているのに、それなのに事故のように報じられたのはびっくりしました。事件か事故か、それは私にはわかりません」。

 --警察には事故にしようというようなことも言われたんですか

 鈴香さん「警察にはきついことも言われました。事件よりも事故の方がお母さんもいいだろう、とか、お母さんだって彩香ちゃんの後をずっとついているわけじゃないだろ、とか言われました」。

 --豪憲君の行方不明を知ったのはいつですか

 鈴香さん「彩香の同級のお父さんから電話が(17日)20時2分にかかってきて、豪憲君のことを知ってるか? と言われて知りました」。

 --警察から疑われていると思いましたか

 鈴香さん「それは思いました。豪憲君が行方不明になった日に夜9時半から2時まで話を聞かれました。同じ話を何度も、繰り返し。(警察から聞かれたことは)よく覚えてませんけど」。

 --そのときの様子を教えてください

 鈴香さん「彩香のこともあって警察が入りやすいのかなあ、と思って。翌日も(豪憲君の)捜索に加わりたかったので、もういいですかって何回か聞いたんですけど、結局2時ぐらいになってしまった」。

 --警察に見られているな、と感じたのはいつごろからですか

 鈴香さん「そばにいるなと思ったのは豪憲君(の遺体)が見つかった日の午前中です。彩香の部屋から外を見ていたら、家から離れたお墓の場所に黒塗りの車が停まっていて、中に2人乗っているのが見えました。ちょうど墓石に隠れるような感じでした」。

 --理由は聞きましたか

 鈴香さん「抗議というか、何でいるんですか? とは聞きました。そうしたら『マスコミとのトラブル対策で、全体を見ているんだ』と言いましたね」。

 --週刊誌に複数の男性との交際も報じられましたが

 鈴香さん「お付き合いした男性は1人いました。彩香と一緒に青森の浅虫水族館にも連れて行ってもらいましたし(男性側の家族に)こういう娘がいます、という了解を得て、反対もなくお付き合いさせていただきました。トラブルというのは考えられません。昨年の夏まで付き合っていました。今でも友達としてお付き合いしてます」。

 --彩香ちゃんに送る言葉は

 鈴香さん「四十九日だけど、もうちょっと豪憲君を待ってあげて。彩香の方がお姉さんだけど、豪憲君の方がしっかりしているかな。豪憲君を一緒に連れていってあげて。毎日念仏唱えながら、豪憲君のことも祈っています」。

28日(日) 四十九日法要の後で。

「彩香に何があったのか知りたいだけ」。
「一人で川に行くとは考えられない。警察の人には『お母さん、事件より事故の方が気持ちが救われるでしょう』と言われ、悔しい思いをした」。
「(県警から)きちんと調べる、と説明を受けたのに、本当に動いてくれたのか」
「真実が知りたいだけなのに」
「彩香には『ゴウ君が来るまで待ってあげて』と言いたい。毎日念仏を唱え、ゴウ君のことも祈っている」
(彩香さんと豪憲君の死との関連について聞かれ)「まだそこまで気持ちがいっていない。(彩香さんの死は)事件か、事故かも分かっていない状況で、犯人とかは頭に浮かばない」

--彩香ちゃんが亡くなって今のお気持ちは

ショックが大きくて流したい涙も出ないほど、苦しい。彩香は豪憲君と仲良しで、私も豪憲君のご両親に優しくしてもらってきた。彩香が亡くなって、私は彩香が座っていた椅子に座って元気だったころの彩香を思い出しています。

--手作りのビラを配ったのはなぜですか

警察に事故のように言われ、「お母さんだって行動を全部分かっているわけではないでしょ」と言われた。本当に捜査しているのか、捜査が目に見えてこなかったので、親の私が知らない範囲で、外の人が見ているかもしれないと思い、情報収集のつもりでビラを作りました。今回の事件まで情報はなかった。

--能代署の説明についてどう思いますか

警察からは、「コップ一杯の水も飲んでいない」と説明されたうえで「水死だった」と言われた。親として(捜査状況を)全部知る必要はないかもしれないが、ある程度知りたい。対応に反感を持った。

--彩香さんの遺体に不自然な点は

解剖の傷以外、目立った傷はなかった。彩香は水が嫌いで、普段川に行かなかった。それは私との約束の一つでした。納得できる捜査、説明がほしいのです。

--豪憲君が遺体で発見され、どう感じましたか

住宅団地の子供たちは年齢に関係なく仲が良く、みんな団地の公園と道路で追いかけっこをして遊んでいる。豪憲君と彩香も遊ぶことがあった。ショックです。行方不明になったと聞いて、直感的に「川だ」としか思い浮かばなかった。彩香のことがあったから。豪憲君、彩香の死には不自然なところがある。徹底的に捜査してもらいたいです。

あまりに饒舌過ぎた。
しかし、今後、語るべきは事件の真相である。



banner_02.gif
スポンサーサイト

* Top *