『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
廃品電化製品の中の2200万円
2006年04月22日 (土) 11:19 * 編集
正直は、結局、自分のためになる。

昨年9月に東京都と埼玉県内で回収された廃品の中から、現金約2200万円が見つかっていたことが19日、埼玉県警の調べで分かった。同県警は現金を山分けしたとして、さいたま市見沼区の再生資源回収業の男(53)ら3人を窃盗容疑で20日に書類送検する。
ほかの2人は、リサイクル会社(東京都中央区)でアルバイトをしていた37歳と19歳の男。調べでは、3人は昨年9月30日、さいたま市桜区の倉庫に集められた廃品の仕分け作業中、電化製品の中から現金約2200万円を見つけ、その場でほぼ3等分した疑いが持たれている。
3人は怖くなって同年10月20日、それぞれ最寄りの警察署に自首。埼玉県警が現金を証拠品として保管し、裏付け捜査を進めていた。(共同)

一人当たりで、700万円強の金額になる。
彼らは、「怖くて使えなかった」、「使った後で発覚したら返せないので怖くなった」という。

記事には、現金は電化製品の中から見つかったとある。
しかし、「家電の種類や、どんな風に入っていたかは、所有者だけに分かることなので言えません」(埼玉県警)とのことだ。
冷蔵庫か、テレビか、スピーカーか。

しかし、製品はその後、処分されてメーカーなども不明という。
名乗り出たとしても、証明するのは難しい状況だ。

そんなこんなで、この2200万円は、いったい、どこへ行ってしまうのか。
埼玉県警では19日、3人が働いていた回収会社の社長(31)に現金を一度返し、改めて拾得物の届け出を受けた。
11月2日までに持ち主が現れない場合は、社長に返還されるという。

見つけたときに、正直に申し出ていればねぇ。



banner_02.gif
スポンサーサイト
中身が窓になるリンゴは、果たしてリンゴか
2006年04月06日 (木) 22:13 * 編集
マックでウィンドウズが使えるようになる。
以前からも、使えるようにするソフトはあったが、速度が遅く、実用的ではなかった。


米アップルコンピュータは五日、同社製のパソコン「マッキントッシュ(マック)」で、マイクロソフト社製の基本ソフト(OS)「ウィンドウズXP」を使えるソフトを公開した。パソコンの基本ソフトは、ウィンドウズが九割以上を押さえており、アップルはウィンドウズ利用者の取り込みを図る狙いだ。
ソフトは「ブートキャンプ」の名称で、アップルが今年一月から発売したインテル社製の超小型演算処理装置(MPU)を搭載したマックにインストールできる。アップルのホームページからダウンロード可能。表計算などのソフトはウィンドウズ対応だけのものも多いが、これによりマック機でも使えるようになる。今秋以降に発売するマックの後継機には標準装備する。
同社のシラー副社長は「ウィンドウズの販売を促進する考えは全くない」とした上で、「アップルの優れたコンピューターでウィンドウズを使いたいという利用者の要望に応えた」と説明した。(東京新聞)

以前、寸胴鍋もマックを使用していた。G4以前の機器だった。
当時は、マックでしか使用できないソフトが多くあった。フォトショップ、イラストレーター、ページメーカーなどなど。
今でこそ、それらはウィンドウズでも使用できるようになったが、当時、マックを使う意味がここにあった。
しかし、この頃のマックOSは、よく落ちた。
調子よく、インプットしていても、ドーンと落ちてしまう。まったく突然にだ。
今のウィンドウズのようなリカバリー機能はなく、何度泣いたことだろう。
マック使いにショートカットキーのコントロール+Sは必須だった。

そんなかんなで、寸胴鍋もマック党の旗を降ろし、ウィンドウズ派になったのだが、マックはいつも気になっていた。
今後、使用レポート等を楽しみに待つこととしよう。

しかし、マックで走るウィンドウズというのも気持ち悪いと言えば、気持ち悪い。
やはり、マックOSで使用したい。
最近のものは安定しているのかな。



banner_02.gif
ワンセグスタート
2006年04月01日 (土) 20:08 * 編集
今日から「ワンセグ」が本格的に放送が開始になった。

携帯電話などでテレビや文字情報が見られる携帯端末向け地上デジタル放送「ワンセグ」が1日、スタートした。通勤電車や街角でテレビを楽しみ、インターネット接続に切り替えれば、手のひらで手軽に「放送と通信の融合」が体験できるのが特徴だ。
サービスは当初29都府県で始まり、地上デジタル放送の設備が整っている都市部などを中心に視聴できる。対象地域は年内に全国規模に拡大する見通し。テレビの視聴形態が大きく変わることも予想されるが、視聴率を伸ばしたい放送局と、通信料増収を目指す携帯会社の間で思惑の違いがあり、市場がどこまで成長するかは未知数との見方もある。
ワンセグは専用の携帯電話などで、NHKや民放各局の通常のテレビと同じ番組を料金なしで視聴できる。~共同通信~

花見の帰り、早速、ショップに寄ってみる。
店頭にパナのP901iTVがあった。機器そのものは、今使っているP700iよりひと回り大きく重い。
しかし、肝心の画像は確かめられなかった。テレビなどのニュースで紹介される画像は、ゴーストやブレもなく綺麗な画像である。
ところで、自分の今の携帯は、購入してからまだ、6ヶ月しかたっていないため、携帯電話を買い換えるには、店頭価格にプラス1万六千円掛かるという。
なんだか良く分からないシステムであるが、安く購入するには、あと4ヶ月待たねばならない。そうするとワールドカップは終了してしまう。
ヘビービューワーとしては、どうしたらいいものかと悩むのである。



banner_02.gif

* Top *