『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
依願退職する警察官に足りないもの
2006年03月15日 (水) 23:24 * 編集
彼らは、いろいろな理由で退職している。
懲戒解雇ではなく、依願退職なので、退職金は支払われるらしいが・・・。

■仕事の不備を指摘されるのが嫌でした。


福岡県警監察官室は2日、窃盗事件の被害届など関係書類を報告せずに隠していたなどとして、久留米警察署の巡査(27)を停職6カ月の懲戒処分にした、と発表した。
監察官室は2日、巡査を有印公文書偽造容疑などで書類送検し、巡査は同日付で依願退職した。
監察官室によると、巡査は2003年10月から昨年12月まで勤務していた久留米市内の2交番で、窃盗事件の被害届や物損事故など計79件分の関係書類を署内のロッカーや寮の自室に隠していた。
これらの書類を署の担当者に報告したように装うため、自分で購入した担当者名の印鑑を使い、報告を終えたように書類を偽造していた。
巡査は「後輩の前で書類の不備を指摘されたり、仕事ができないと思われたりすることが嫌だった」と話しているという。(ZAKZA3月3日)

■同僚の女性に手を出しました。

青森県警は10日、同僚の女性警察職員にわいせつ行為をしたとして、男性警部補(42)を停職6か月の懲戒処分にした。警部補は同日付で依願退職した。
県警監察課などによると、警部補は昨年12月28日深夜、外で酒を飲んだ後、帰宅途中に偶然会った女性警察職員を強引に自宅に誘い込み、翌日未明、女性を押し倒したり、体をさわったりした。女性は抵抗し、警部補宅から逃げた。警部補はかなり酔っていたという。(読売新聞3月10日)

■捜査で知った女子高校生の電話番号を漏らしました。

石川県警は15日、捜査の過程で知った女子高生の携帯電話の番号を捜査以外の目的で別の警察官に教えたとして、金沢東署刑事2課の男性巡査(25)を減給100分の10(1カ月)の懲戒処分とした。巡査は同日付で依願退職した。
県警監察官室によると、巡査は昨年9月ごろ、高校1年の女子生徒2人の氏名や携帯電話番号を、主婦に交際を迫ったとして強要未遂罪などで起訴された金沢西署の元巡査、槙野直人被告(27)=懲戒免職=に教えた。
2人は県警の同期生。巡査は「槙野被告が以前から女性とメール交換などをしたがっていたので教えた」と話しているという。(共同)

■自分自身を出してしまいました。

路上で下半身を露出したとして、埼玉県警は15日、公然わいせつの疑いで、同県警熊谷署地域課勤務の男性巡査長(32)を書類送検した。また、県警は同日、巡査長を減給100分の10(6カ月)の処分とし、巡査長は同日付で依願退職した。「家庭内の悩みを発散するためにやった」と話しているという。(時事)

女で辞める人が多い。
これは他の会社とて同じようなものだろう。
しかし、気づくのは、結構、若い警官が問題を起こしていることだ。
これからの活躍が期待される人物たちに、何が悪さをしているのだろうか。
何が足りないのだろうか。

モラルなんて言い出すと、何も解決できなくなる。
彼らに足りないのは、たぶん、仕事の使命感ではないか。



banner_02.gif
スポンサーサイト

* Top *