『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西岡のタッチアップ騒動で学ぶこと
2006年03月13日 (月) 22:00 * 編集
出社時、西岡がタッチアップして得点が入ったことを確認して、カーラジオのスイッチを切った。
「今日は、このまま勝てるかな」なんて思った。
しかし、その後、こんなに大騒ぎになっているなんて知らなかった。

事件は、次のようなものだ。
asahi.comから引用する。


8回だった。1死満塁。日本は勝ち越しのチャンスを迎えた。岩村の当たりは浅い左飛。三塁走者の西岡がスタートを切る。ボールが返ってくるよりかなり早く、本塁へ滑り込んだ。
タッチアップが早いという米国のアピールも、近くで判定した二塁塁審によって却下された。日本が待望の勝ち越し点をあげたと、米国ファンも思った。
ところが、米国のマルティネス監督から抗議を受けたデビッドソン球審が判定を覆してしまう。

関係者の発言を見てみる。

■米国・マルティネス監督
「わたしの立っていた位置から、サードのベースがよく見えた。あのとき、サードランナーの足が離れるのがどうみても早かったからアピールしただけだ」。

■ボブ・デビッドソン球審
「満塁でのタッチアップをチェックするのは球審。(二塁塁審の)ナイト審判員は、いるべき場所である三塁付近にいたが、タッチアップをチェックする権限はない。それが最初に(問題なしとの)判定を下してしまった。球審の判定すべきところであり、私は離塁が早いと判断した」

■リー選手
「ああいう風に判定が覆るなんて、あまり見たことがない。僕らが贈り物をもらったようなもの」

■A・ロドリゲス選手
「マルティネス監督が今日のMVPだ。判定が覆ったことに驚いた」

■王監督
「野球のスタートした国であるアメリカで、こういうことがあってはいけないと、私は思う」
「審判は4人が同等でなければいけない。一番近くにいる審判のコールを変えるなんてことは、私が長くやってきた日本の野球では、聞いたことがない」

■イチロー選手
「全員が納得いかないコールだった」。

■ロッテ・バレンタイン監督
「最高の選手が試合をしたにもかかわらず、審判が試合を決めた」
「ひどい判定だ」
「デービットソン球審はボーク・ボブ・デービットソンとあだ名があるぐらい、ボークに神経質だ。彼が球審だったのは日本には不運だった」

■パ・リーグ・前川芳男審判部長
「一番、近いところの塁審の裁定が最終判断のはず。アドバイスを求められた時以外、球審はこの判断に介入してはいけない」

■WBC・山中正竹技術委員
「提訴の対象にならない」

最後に、もう一度、あの人に登場願う。

■王監督
「勝てるチャンスの多かった試合。初戦はものにしたかったので、大変悔しい。初めてのアメリカとの真剣勝負で、日本選手はよくやった」
「今日の試合は終わった。残りを勝って、準決勝でもう一度、アメリカにチャレンジしたい」

なんとも後味が悪い話であるが、一つ大きなことを学べた。
リーダーの発言とは、かくあるべし。



banner_02.gif
スポンサーサイト

* Top *