『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
市議の野球拳
2006年03月12日 (日) 10:46 * 編集
雲仙市は、平成17年10月11日に国見町、瑞穂町、吾妻町、愛野町、千々石町、小浜町、南串山町の7町が対等合併してできた市だ。

長崎県雲仙市議会が熊本県内で行った研修旅行の懇親会で、複数の市議とコンパニオンの女性が野球拳をし、女性が全裸になっていたことが11日までに明らかになった。市議会は議会全体の責任を明確にするため、議員30人全員の報酬カットを決めた。
議員らによると、研修旅行は2月9-10日に実施。議員全員と議会事務局の職員2人の計32人が、熊本県の宇城、山鹿の両市議会の運営を視察した。
9日夜には山鹿市内のホテルで私費参加の懇親会があり、コンパニオンの女性3人も加わった。この席で一部議員と野球拳をした女性1人が全裸で座席を回って酌をしたという。(共同)

雲仙には、二年に一回程度、訪れる。
長崎空港から目的地に向かう途中、車で通る。
小浜町にはいい温泉がある。狙いは、国道の裏手にある温泉宿だ。
南串山の道を走っていると海が眼前に見える。夕焼け時などは、素晴らしい景色だ。
愛野は、じゃがいものの特産地として有名だ。
穏やかな自然に恵まれた地域である。

そんな7つの町が合併して、新しい市になった。
それぞれの町から町議が集まり、新しい市議会を構成したのだから、まず、親睦を深め、連帯感や一体感を醸成する必要がある。
そんなことから、研修名目の親睦会となった訳だ。

事件(?)の詳細は、asahi.comによると、


9日夜に山鹿市内の旅館で懇親会を開いた。会の後半に市議数人が舞台でコンパニオンと野球拳を始め、女性の1人が全裸で座席を回って酌をしたという。
中には服を着るように注意したり、席を立ったりした議員もいたらしい。

ピンクコンパニオンだろう。
「宜しくお願いします」という挨拶のすぐあとには、胸をはだけているのが彼女らの常だ。
全裸になることは幹事の想定の範囲内だろう。

市議会では、野球拳参加者は特定せず、全員で責任を取ることにし、報酬カットは議長、副議長が20%、議員が5%を1カ月とした。
全員が責任を取るという、極めて日本的な対応を図った。
事件の良し悪し、責任の取り方の是非などはさておき、研修会の狙いである連帯感は生まれた?



banner_02.gif
スポンサーサイト

* Top *