『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
市職員が「ゆめタウン」を攻撃する理由
2006年02月20日 (月) 22:35 * 編集
普通、買い物は手ぶらで店に入り、店で買い物をして、買い物袋に商品を入れて店を出てくる。
これが逆なのだから、怪しいことこの上ない。


山口県柳井市南町のショッピングセンター「ゆめタウン柳井」に侵入、陳列棚に薬品入りカップラーメンを置いたとして、建造物侵入の疑いで広島市の男性職員(42)が山口県警に逮捕されていたことが20日、分かった。
調べでは、男性職員は18日午後、買い物の目的がないのに店内に侵入した疑い。複数のカップラーメンを入れた袋を下げて店内に入り、その後手ぶらになったため、店内で警戒中の警察官が職務質問した。防犯カメラに同職員が写っており、店頭のカップラーメンから複数の薬品が検出されたという。
県警は薬品の特定を急ぐとともに、威力業務妨害などの疑いもあるとみて調べている。男性職員はカップラーメンを置いたことを否認している。(共同)

このショッピングセンターを運営するのは、本社が広島市にある株式会社イズミという会社だ。
西日本中心に75店舗を展開している。東証一部に上場している。

他紙によると、このイズミの店舗では、次のような事件が続いていた。
1月20日、山口県岩国市の店舗で白煙が出る騒ぎがあり、現場から液体入りのペットボトルやコードが見つかった。
同日、広島市安佐南区の店舗でも破裂音がし、リード線、打ち上げ花火などが見つかった。
また、30日以降、広島、福岡県などの報道機関に犯行をほのめかす文書が送られていたという。

一連の事件は、たぶん、この男性職員の犯行であろう。
イズミ、或いは「ゆめタウン」になにやらの恨みがあっての犯行だろうが、火薬を使用した装置やカップメンに薬品を混入するなど、結構、根深いものを感じさせる。

広島に本社を持つ会社と広島市の職員。
事件の背景にどのような接点があったのだろうか。



banner_02.gif
スポンサーサイト

* Top *