『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガセかホンモノか
2006年02月19日 (日) 22:05 * 編集
民主党永田寿康議員が暴露した例のメール。
新しい情報はないままに、22日の自民党と民主党との党首討論を迎えることになるのか。
果たして、ガセかホンモノか。
いずれかに証明されれば、両党のどちらかに大打撃となるだろう。

民主党の前原代表は、ホンモノであると信じて疑わない。


民主党の前原誠司代表は19日、福島市内でのパーティーあいさつで、ライブドア側から武部勤自民党幹事長の二男への金銭振り込み疑惑を取り上げた永田寿康衆院議員に関して「彼は一生懸命に調べた上で質問した。私は代表として全幅の信頼を置いている」と強調した。
一方、同党ライブドア問題調査追及チーム会長の桜井充「次の内閣」金融相は19日のテレビ朝日番組で、金銭振込先の銀行口座を今週の国会審議で提示する可能性を示した。
しかし、前原氏は福島市での記者会見で「さまざまな情報があるが、与党側が国政調査権を発動するという協力態勢を取るという前提で対応を考えていく方針にまったく変更はない」と述べ、国政調査権による調査を求める考えを重ねて強調した。(nikkan sprots)

小泉首相は、政治責任を取るとまで言い、ガセネタであると言い張る。

小泉純一郎首相は17日午後、ライブドア事件をめぐる衆院予算委員会の集中審議で、同社前社長堀江貴文被告が武部勤自民党幹事長の二男への資金振り込みを指示するメールを送ったと、民主党が追及している問題について、重ねて信ぴょう性がないとの認識を示した。その上で「常に責任を取る気持ちで政治運営を行っている」と述べ、メールの存在と記載内容が事実なら、政治責任を取る考えを言明した。(時事通信)

果たして、ガセかホントか証明されるのだろうか。
どっちも抜き差しならぬ状況になっていくと、結局うやむやにされてしまうような感じもする。
トカゲの尻尾きりで、永田議員が一人責任を取るという結論が見える。

そんなことにならないようにするには、民主党からの絶対的な証拠を示す必要があるが、示しきれない。
国会に大きな爆弾を持ち込んだものの、雷管を付け忘れたような感じだ。
前回の質疑では、永田議員が小泉首相に「爆弾を爆発するためには何が必要ですか」みたいな自爆気味の質問で失笑を買った。

雷管を隠し持っているのか。
あるいは、文字通り、紙爆弾に終わってしまうのか。
22日に注目だ。



banner_02.gif
スポンサーサイト

* Top *