『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AVを上映する免許更新講習会
2006年02月16日 (木) 23:43 * 編集
ニュースに好き嫌いがあるとすれば、基本的には好きなタイプのニュースである。

福岡県警筑後自動車運転免許試験場(筑後市)で、免許更新の講習の際に上映された安全教習ビデオの冒頭に、アダルトビデオ(AV)のわいせつ映像が数秒間映っていたことが16日、分かった。
運転免許試験課によると、講習を受託している県交通安全協会筑後センターの男性講師(68)が、教習ビデオが不足するとの判断から、私有のAVビデオにダビング。中身を確認しないまま上映したところ、テープの冒頭にだけ以前のアダルト映像が残っていた。
ビデオは1月15日、月1回の日曜日の開講日に、免許更新者の違反者講習の教室で流された。冒頭にAVのタイトルや、裸の男の背中と女の顔などが2、3秒映っていた。(ZAKZAK)

免許更新の際、違反を犯した者とそうでない者とは、区別されて講習を受ける。
違反を犯していないと講習時間が短かったり、教官の「今後も無事故で運転してください」なんて話で開放されるが、違反を犯していると、それなりの時間、映画をみせられたり、講話を聞かされる。
まあ、当たり前のような話を話術の乏しい教官が話すだけだ。
感動などなく、退屈な時間だ。
そんな折、たった数秒でも、アダルトビデオの画像が流れたわけだ。

「おおっ!」。会場のどよめく声が伝わってくるようだ。

まあ、誤って流れた画像は裸の男の背中と女の顔といった程度という。
しかし、あんなシーンやこんなシーン、はたまた、そんなシーンが映し出されたら、男性講師の責任問題となっただろう。
今回は、経費削減に努めた上でのちょっとしたミスと理解されよう。
或いは、68歳なのに、あんたも好きなのねぇといったところか。
ただ、このビデオテープが孫のものだったりすると、男性講師の家庭では一悶着あるだろうが。



banner_02.gif
スポンサーサイト

* Top *