『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
楽天のポイントがスーパーな理由
2006年01月11日 (水) 21:24 * 編集
マイレージやクレジットカードなど、特典としてポイントを貯め、それで買い物するのは当たり前となった。
その中で、楽天のポイントは「スーパーポイント」と呼ばれている。
なぜ、スーパーなのか。


インターネット上で仮想商店街を運営する楽天が、新規入会者を対象に商品購入の割り引きなどに使えるポイント提供のキャンペーンを実施したところ、1人が複数の会員登録をするなど不正な方法でポイントを獲得するケースが相次ぎ、キャンペーンを中止したことが11日分かった。
楽天は自社や全日本空輸など提携先のサイトで、新規会員に対し1ポイントが1円相当の楽天ポイントを300―500ポイント程度付与するキャンペーンを12月上旬から今年1月末までの予定で実施。複数の提携先のポイントを組み合わせると1人当たり2000ポイント程度の獲得が可能となる仕組みだった。
一部の会員がこの仕組みを悪用し、1人で何口も入会するケースが続出。1人で数十万ポイントを獲得したケースもあったという。このため楽天は1月上旬までにキャンペーンを取りやめた。
楽天では不正と判断されたポイントを取り消し、ポイントを使って商品を既に購入したケースでは代金の支払いを求める方針だ。(共同)

なるほど、スーパーである。
新会員となる手続きを巧妙に繰り返すと、数十万円分もポイントをゲットでき、楽天で買い物ができたという。
この方法をネットで流した者がいて、これを多くの人が真似たらしい。
そもそも、新規会員として何口も入会できたというのが、システム設計のコンセプト・ミスだろう。

ところで、数週間前、証券会社のミスに付け込んで、数十億円の荒稼ぎをしたデイトレーダーがいましたっけ。
今回の人たちは、デイトレーダーなんて格好いい名称があるわけではない。
あえて言えば、スーパーポインターかな。

ところで、彼らスーパーポインターにとって、今回のポイントは、ワクワクドキドキの臨時ボーナスだったろう。
しかし、楽天は不正なポイントを使って商品を既に購入したケースでは代金の支払いを求める方針とのことなので、臨時ボーナスは泡と消えてしまう。

仮想商店街の話だから、ポイントも仮想だった?



banner_02.gif
スポンサーサイト
М・シューマッハーがトヨタに乗る?
2006年01月11日 (水) 21:21 * 編集
夢のような話が伝わってきた。
真意の程はまだはっきりしないが・・・。


自動車レース、フォーミュラ1で7度の総合優勝歴を持つミヒャエル・シューマッハー(ドイツ、フェラーリ)が、2006年シーズン終了後、トヨタに移籍する可能性が浮上している。10日付のドイツ紙ビルトが、マネジャーのウィリ・ウェバー氏の発言として伝えた。
ウェバー氏はトヨタの企業スローガン「不可能はない(nothing is impossible)」を引用したうえで、今後の状況を見極めていく姿勢を示した。
M・シューマッハーは先週末、シーズン終了後にフェラーリを退団を選択する余地を1%残したいと発言し、去就をめぐる憶測を呼んだ。
ウェバー氏は、M・シューマッハーが退団の余地を求めた理由が明らかだと述べるとともに、2007年シーズンにマクラーレンに移籍すると発表した昨季世界王者フェルナンド・アロンソ(スペイン、ルノー)の例を挙げながら、「F1に驚きはつきものだ」とコメントした。
仮に移籍が実現した場合、M・シューマッハーは弟ラルフと兄弟でトヨタに所属する可能性もある。 (CNN)

F1の場合、勝利するファクターは、マシンのポテンシャルに大きく依存していると思うが、そのポテンシャルをドライバーが最大に引き出せなくてはなんにもならない。
そうした力を持ったドライバーが最も優秀なドライバーである。
その意味では、М・シューマッハーはこのカテゴリーに入る。

ここ数日、彼は、F1を引退するのではないかという記事が散見されたが、実はそうではなく、トヨタへ移籍する話が水面下で行われていたのか。
スンゴイ話だ。驚くべき話だ。

М・シューマッハに駆られるトヨタ、これこそ、nothing is impossibleではないか。



banner_02.gif

* Top *