『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラベル遊の社長夫妻、台湾へ逃亡
2005年12月28日 (水) 20:10 * 編集
トラベル遊については、先日も触れたが、社長が、連れと一緒に台湾へ逃避行中だという。

東京都品川区の旅行会社「トラベル遊」の利用者が航空券を受け取れず会社に連絡が取れなくなっている問題で、同社の社長(37)夫妻が所在不明になり、会社の資金約1000万円を持ち出していたことが28日、同社社員の話で分かった。
社長夫妻は22日から所在不明で、社員に「会社を倒産させろ」などと国際電話で連絡があったという。社員は「社長が金を着服して台湾に逃げた」と警視庁大崎署に被害相談。同署は業務上横領などの疑いもあるとして捜査を始めた。
日本旅行業協会によると、同社に関して「購入した航空券が届かない」などの相談が相次いでおり、27日までに8百数十人、8000万円以上の被害が出ているという。
複数の社員によると、会社の資金はすべて社長と経理を担当していた妻(33)が管理。夫妻が失跡後、会社の口座から計940万円が引き出されたり、社長名義の口座に移されるなどして、ほとんど残額がなくなった。(共同)

航空券を受領できなかった人が800人以上いるという。被害額は、8000万円以上、一人当たり10万円程度だ。
この件に関しては、12月26日付の読売新聞が、日本旅行業協会が受け取れなかったチケット代の弁済の受け付けを始めたという記事が掲載されていた。
トラベル遊も同協会の会員になっていて、旅行業法の規定により、同社が納めている保証金に基づいて、協会側が代わりに弁済金を支払うことになるという。
しかし、同社に関する弁済限度額は450万円で、被害が拡大すれば、一部の弁済に限られる可能性もあるとしていた。
450万円じゃ、45人分しか用意がないことになる。残りの750名の方は泣き寝入りかね。
会社の資金を1000万円ほど横領したらしいが、万が一、彼らがこれを補填に使ったとしても、100人分にしかならない。
楽しい旅行をおじゃんにさせられ、旅行費用も泡と消える。
被害にあった方は、さぞ憂鬱な気分だろう。

ところで、社長夫婦は台湾に逃げたという。いったい、どこにしけこんでいるのか。
寸胴鍋は、二週間ほど前に台湾の台北に旅行したばかり。
私が泊まったのは、麒麟大飯店。トラベル遊のホームページでは、お勧めのホテルになっている。
MRT龍山寺駅から徒歩10分、ダウンタウンにある古くすすけたホテルだ。
しかし、お勧めにしては、エレベータの調子は悪く、ドアのキーを差し込むのもコツがいる有様だった。
部屋にはダニがいて、体が痒かった。
朝方には、ダニを駆除する薬を空き部屋に散布しているようで、その匂いに閉口した。

しかし、かのトラベル遊の大社長夫妻だ。こんなところには、泊まるまい。
台湾の最高級ホテルの台北晶華酒店(Grand Formosa Regent Taipei)や香格里拉台北遠東国際大飯店(Shangri-La's Far Eastern Plaza Hotel Taipei)あたりの高層階で仲良く風呂にでも入っているのか。

「トラベル遊」という会社、実は「トラブル憂」であった。



banner_02.gif
スポンサーサイト
言いわけ
2005年12月28日 (水) 15:45 * 編集
窮すると、人は言いわけをする。
明らかに嘘と分かる言いわけは、聞き苦しいものだ。


■ケース1 「見ていただけ」
27日午後6時半ごろ、横浜市緑区長津田、薬剤師の女性(56)方のアパート1階軒下に干してあった下着を東京都町田市小川、厚生労働省大森公共職業安定所職員、吉原秀和容疑者(41)が触っているのを近くの会社員の男性(26)が発見、走って逃げようとした吉原容疑者を取り押さえた。駆けつけた神奈川県警緑署員が窃盗未遂容疑で現行犯逮捕した。吉原容疑者は「下着を見ていただけ」と容疑を否認している。(毎日新聞)

■ケース2 「取ったが、盗むつもりはなかった」
神奈川県警港南署は28日までに、駅ホームの待合室で名刺入れを盗んだとして、窃盗の現行犯で、港南消防署の消防士長吉沢澄子容疑者(41)=同県相模原市=を逮捕した。吉沢容疑者は「名刺入れを取ったが、盗むつもりはなかった」と容疑を否認している。
調べでは、吉沢容疑者は27日午後10時ごろ、横浜市港南区の市営地下鉄上永谷駅ホームの待合室で、男性会社員(56)のバッグから名刺入れ(1万円相当)を盗んだ疑い。(共同)

いずれも、明らかに嘘と分かる言いわけだ。
つらい。
どうせなら、次のようなシャレた言いわけなら良かったのではないか?

■ケース1 
「冬なので、化繊の服を着ていると、静電気が起きてパチパチ不快です。
そんな折、たまたま、軒下にぶら下がっていた干し物の材質が気になって、調べていました。」

■ケース2
「冬なので、洗濯などで手が荒れ、指はささくれ立ってしまいます。
そんな折、ささくれ立った指に隣の方の名刺入れが引っかかってしまいました。」

ダメだ。どうにもこうにも、さらに言いわけ臭くなってしまった。
ドツボにはまるというやつだ。
人の言いわけはよく耳にするが、自分はまったくしたことがないので、どうにも上手く表現できない。
「明らかに嘘と分かる言いわけは、聞き苦しいゾー」(影の声)



banner_02.gif
11時間投げ続ける男
2005年12月28日 (水) 08:58 * 編集
ストレス解消は、現代人が上手に生きるためには、必須の項目である。
解消方法はいろいろあるが、こんな方法もあった。


ボウリング場で約11時間にわたり48ゲームをひたすら1人で投げ続けた末に料金を支払わなかったとして、60歳の男が詐欺の現行犯で埼玉県警狭山署に逮捕された。事件当日の平均スコアは133で、最高は187。ボウリング関係者は驚異の“ロングゲーム”にあきれるとともに驚きの声を上げた。

逮捕されたのは、狭山市の無職の男。調べでは、26日午前11時40分ごろから午後10時50分ごろまで、同市内のボウリング場でゲームを続け、料金約2万4500円を詐取した疑い。同署やボウリング場によると、男は同日午前11時半ごろ店に現れたという。
48ゲームの平均スコアは133。最高は187で、44ゲーム目にマークした。ボウリング場は1レーンで連続48ゲームを超えると機械が停止する仕組みになっていた。会計の際に「(代金は)友人が持ってくる」などと話していたが、ゲーム終了から約3時間たった27日午前2時の閉店になっても払う気配がなく、店員が110番した。男は数千円しか持っていなかったという。

以前は客として来店、店のポイントカードには過去の約20ゲーム分のスタンプが押されていたという。この時に腕を磨いていたとみられる。男性店員は「今回も1人で黙々と投げ続け、ゲーム中は特に不審な様子はなかった」と話した。捜査関係者によると、男は調べに「なかなか仕事が決まらなくてムシャクシャしていた」と供述。「止められなければ、もっとボウリングをやりたかった」とも話しているという。(スポニチ)

寸胴鍋も、一時凝っていた。それでも、一日8ゲームくらいが限度だった。
体は問題なくても、握力が低下してしまった。
この60歳の男性は48ゲームをこなしたというから、驚き。
無理、無駄のない投げ方なのだろう。

また、平均スコアが133点というのも、凄い。
私の平均スコアは、お恥ずかしいことながら、150点程度であった。それも、マイボール・マイシューズをもってしてだ。
おそらく、彼はハウスボールを使っていたのだろうから、フックなどは投げにくい。
コントロールの効いたストレートボールなのだろう。

金を払わなかったのだから、言い訳は通用しないが、気持ちがイライラして粗暴な行為に及ぶ輩が追い中で、ストレス解消にボウリングを選んだのは賢い。
「もっとボウリングをやりたかった」というが、目標はあったのだろうか。

ところで、ボウリングの機械は、連続48ゲームを超えると停止する仕組みになっていたというが、これは何のためか。
機械にストレスがたまり過ぎるのを防ぐためかしらん?



banner_02.gif

* Top *