『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
帰朝報告
2005年12月13日 (火) 23:02 * 編集
昨夜、台湾より帰国した。
午後9時過ぎ、成田空港に到着。台北空港で離陸が一時間ほど遅れ、どうなることかと思ったが、帰りの便は、行きよりも1時間ほど早く、3時間弱ほどのフライトであった。

さて、今回の旅は、台湾の彰化県長に当選した卓伯源氏の選挙キャンペーン用冊子に藤原紀香さんと稲森いずみの写真が無断で使われていたことを確認する旅であったが、結局、どんな写真がどのように使われているかは確認できなかった。

なお、第二の目的である、台湾における寸胴鍋事情については、夜市を中心に調査してきたので、後日報告しよう(誰も期待していない?)。

ところで、台湾は初めてあった。
一通り、著名なポイントは見学した。食事はガイドが推薦した大衆食堂や夜市の露天、そして、ホテルのレストランにも行った。高さ500メートルだったか、101ビルの展望台にも登ってきた。
それぞれ、それほど感激もしないし、退屈もしない。まあ、こんなものだろう。
まあ、現地にいた3日間、曇りや小雨が続き、天気が生憎であったため、その分は割り引いても良いが…。

一番良かったのは、足裏マッサージかな。
胃腸の調子が悪いとか、目が疲れている、首がこっているとか、運動不足だとか、足をマッサージしつつ、私の反応を見て、拙い日本語で指摘していく。
足の神経と内臓や視神経など各部位は繋がっているとのことで、「凄いなぁ」と関心することしきりであった。
マッサージ後、待合室のようなところで、提供されたウーロン茶を飲みながらリラックスしていると、一緒に行った仲間が言った。
「足をマッサージしなくても、お前さんの顔や体を見れば、そんなことは誰でも分かるよ」
彼らの心にこそ、マッサージをして欲しい。



banner_02.gif
スポンサーサイト

* Top *