FC2ブログ
『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
フォルクスからのコメント
2005年11月23日 (水) 23:10 * 編集
11月9日の当ブログで、「私の馴染みのステーキ店は、フォルクスだ」と胸を張った。
しかし、ファンを裏切るかのように、フォルクスは、15日に公正取引委員会より景品表示法違反(優良誤認)で排除命令を受けた。
同日の当ブログで、「フォルクスファンとして、愛するフォルクスよ。もー、がっかりさせないでくれ」と書いた。
そして、今回の事件を次のように想像した。
「フォルクスは、元はダイエー系であったが、今年2月に「どん」が買収し、親会社となった。
そして、成形肉をステーキと偽り、メニュー化したのは、3月からだ。
偶然であろうか。
私にはそうは思えない。更に言えば、発覚したのも、親会社の指示に反発したプロパー社員のリークではないか。」

今日、フォルクスからコメントが来た。以下、原文のまま。


株式会社フォルクス管理本部の者です。
ブログを拝見させていただきました。

このたび公正取引委員会より受けました排除命令で、日頃ご愛顧をいただいておりましたお客様にご心配とご迷惑をおかけしましたことを、心よりお詫び申し上げます。

ご説明申し上げますと、成型ステーキはこれまで30年以上にわたり、外食業界では一般に使われてきました。
しかしその多くは、決して一部報道のような「端肉の寄せ集め」などではなく、「いかにステーキの味を良くするか」という工夫から生まれたものです。

しかし、近年のトレーサビリティーの確立や、商品の情報公開が進む時代の流れに対する理解が足りず、加工表示の不備で指導を受けましたことは、誠に恥じ入るばかりです。
今後は、積極的な情報開示を進めてまいります。

今回の経緯と成型ステーキの歴史や背景、製造法などにつきまして、当社ホームページでご案内するコーナーを設けておりますので、ご参考いただけましたら幸いです。
http://www.volks-steak.co.jp/news/0511/Newsrelease051119.htm


案内のアドレスを辿ると、社長の謝罪文と共に、成型ステーキの経緯や作り方が載っている。
当然、寸胴鍋の想像に対する回答はない。

このフォルクスからのコメントは、本事件に言及した他のプログにも同様に発信されているようだが、この木目の細かい対応は、なんともうれしいではないか。心に染み入るではないか。

そんな気持ちになると、今回は、たかだか、本物のステーキと成形肉が混在してメニューに載っていただけではないか、成型加工したことをメニューに記載していなかっただけではないか、なんて鷹揚になり、態度もコロッと豹変してしまう。

やはり、今後もフォルクスファンで行こう。


(フォルクスの案内コーナー)


banner_02.gif
スポンサーサイト



大阪姉妹殺害事件の続報
2005年11月23日 (水) 22:32 * 編集
20日の当ブログで「素人探偵は早々に退場することとし、警察の事実解明を待とう」と書いたが、まだ捜査に劇的な進展はないようだ。

大阪市浪速区のマンションで飲食店店員上原明日香さん(27)、千妃路さん(19)姉妹が刺殺され、部屋が放火された事件は24日で発生から丸1週間。
浪速署捜査本部は面識のない者による犯行との見方を強めるが、未解明の部分が多く、犯行目的も絞り込めていない。家族思いの姉。看護師を夢見た妹。なぜ2人が狙われたのか。
交友関係で特にトラブルは浮かんでいない。
2人の財布に紙幣や小銭が一切なく、付近では若い女性への付きまといが多発していた。
今のところ、恨みではなく強盗などの目的で部屋に押し入ったとの見方が有力で、捜査幹部は「騒がれて刺したのでは」とみる。(共同通信)

ブログで犯人の動機が分からないと書いたが、共同電でも、浪速署捜査本部は「犯行目的も絞り込めていない」としている。
そんなこともあって、寸胴鍋は、人間関係に起因するなんらかの問題があったように考えるが、捜査が進展しても、「交友関係で特にトラブルは浮かんでいない」という。
ますます、謎が深まる事件であるが、22日付の共同電は、明日香さんが事件前日に廊下で目撃した眼鏡とリュック姿の不審な男について「20-30代だった」と周囲に話していたことを伝えている。
当日、目撃されている、カーキ色のジャンパーを着た眼鏡をかけた野球帽姿の男は中年だったとのことなので、明日香さんや目撃者の方々の観察力を信じれば、この二人は別人である可能性が出てきた。

寸胴鍋には、前日、目撃されている眼鏡とリュック姿の男は、どうしても嫌がらせ目的のように思われてしょうがない。
なぜ、他人の家の配電盤のスイッチを消したり点けたりするのか。仮に、浪速署捜査本部の読みの通り、「強盗などの目的で部屋に押し入ったが、騒がれて刺した」とすると、強盗するのになぜ電気を消す必要があるのか。在宅しているかどうかは、その部屋の照明がついているかどうかで確認ができるはずである。
この男は、やはり彼女達と何らかのトラブルを起こした男で、その嫌がらせと見たい。捜査本部では「交友関係で特にトラブルは浮かんでいない」というが、人間関係のトラブルなんて第三者には知りえないものも多くある。
但し、嫌がらせが嵩じて殺人を犯すこともあるのだろうから、なんともいえないが、この20-30代の男が犯人ではないとすると、ターゲットは、事件当日、目撃されているカーキ色のジャンパーを着た眼鏡をかけた野球帽姿の男となるが、この男の殺人者としての疑義については前回も触れた。

事件は、一週間経って、なおも闇のままだ。
捜査の進展に期待する。



banner_02.gif

* Top *