FC2ブログ
『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
イチロー、ヤンキース入り?
2005年11月21日 (月) 23:33 * 編集
ホントかな。だとすると、夢の実現に一歩近づくが…。

最近のシアトル地元紙で、マリナーズのマイク・ハーグローブ監督との確執から、トレードを希望していると伝えられているイチロー外野手。
ニューヨーク地元紙『ニュース・デー』は20日(現地時間)、ヤンキースがマリナーズにイチローのトレードを打診し、マリナーズがこれを断ったと報じた。ヤンキースはイチロー獲得のためには、将来を期待されるロビンソン・カノ二塁手や王建民投手の放出も提案したという。
また同紙は、ハーグローブ監督とビル・ババシGMが経営陣にイチローのトレードを進言したのに対し、イチローもハーグローブ監督の解任を要求したと報道。来年の春季キャンプで両者が気まずい再会をすることになるのではないかとした。
松井秀喜外野手と再契約を結んだヤンキースの今オフの補強ポイントは中堅手であることから、イチローが候補に挙がった。ヤンキース退団が濃厚とされるバーニー・ウイリアムズ外野手の背番号51番が空けば、イチローの移籍もスムーズに進むことが予想され、イチローのヤンキース移籍話が再び浮上する可能性も否定できない。(sprots navi)

大きな夢がある。
一笑に付されるかもしれないが、それは、大リーグの一チームを日本人選手で構成させることだ。
無理なことであろうか。
今、大リーグで活躍している日本人で布陣を考えてみると、

投手…野茂英雄(ちょい古いか)、高津臣吾その他多く。
捕手…城島 健司
一塁手…中村紀洋
二塁手…井口資仁
遊撃手…松井稼頭央(今年は、「期待を裏切った人」第10位という)
右翼手…イチロー
中堅手…松井秀喜
左翼手…田口壮

残念ながら、三塁手がブランクになってしまうが、これは、数年後、ロッテのあの今江敏晃選手を大リーガーにさせればいい(なんて身勝手なこと!)。
こんな夢のチームが編成されて、大リーグの中で毎日、戦いを挑む。

BSの大リーグ中継は凄い視聴率になるだろう。
低迷する巨人戦なんて、目じゃない。毎日が紅白歌合戦のような数字になるはず。

こんなチームができたら、わくわくするだろうなあ。
だから、イチローのヤンキース入りには、諸手を上げて大賛成。



banner_02.gif
スポンサーサイト

* Top *