FC2ブログ
『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
致死量ドーリス似の19℃のロリータ
2005年10月05日 (水) 23:23 * 編集
篠原一という作家も知らなければ、「19℃のロリータ」という小説も知らなかった。楠本まきという漫画家も知らなければ、「致死量ドーリス」という漫画も知らなかった。
こんな輩には、事前チェックなどできない。


集英社は5日、同社発行の文芸誌「すばる」8月号(7月6日発売)に掲載された作家篠原一さんの小説「19℃のロリータ」が、漫画家楠本まきさんの漫画「致死量ドーリス」(1998年、祥伝社刊)と類似し著作権上の問題があるとして、6日発売の同誌11月号に楠本さんと読者へのおわびを掲載することを明らかにした。
おわびは「読者の皆様へ」と題し、読者から「19℃」が「致死量」に類似していると指摘を受け、検討した結果、「看過できる程度でなく類似しており」「事前のチェックが至らなかったことを深く反省」する、としている。
2つの作品はともに、主人公の「僕」と若い女性「君」の物語。自傷癖があるといった女性の造形や、「この部屋のエアコンディションは快適だ」「中途半端に破滅型」といった言い回しなど、複数の類似点が読者から指摘されていた。(asahi.com)

ウィキペディアによると、これは以前から盗作疑惑として話題になっていたらしい。なんと、本人は現在逃亡中とのこと。
ネットで調べると、ずばり、『篠原一「19℃のロリータ」盗作疑惑検証』なんていうサイトがあって、粗筋や言い回しなどについて比較している。
これを読む限り、盗作である。
確信犯であり、ごまかすために小手先で再構成したという感じである。

しかし、集英社の発表には盗作の二文字はない。いわく、「類似し、著作権上の問題がある」、いわく、「看過できる程度でなく類似している」。
この発表はなんとも看過できない。

ところで、「事前のチェックが至らなかったことを深く反省」するとあるが、年間、日本で発刊される漫画や小説の量はどのくらいなのだろう。すごい量だろう。
事前チェックをコンピューターを駆使して行うのではないとすれば、人の記憶に頼るしかない。
編集者は、結構な量の漫画や小説を毎日見たり読んだりしなくてはならないことになる。
仕事とは言え、好みではないジャンルにも気を配らなければならないだろう。
これは大変だあ。

先ほどは、「この発表はなんとも看過できない」なんて過ぎたことを言いました。
編集者の皆さん、ご苦労様です。
そして、作家の皆さん、自分の想像力を発揮して、作品を書きましょう。編集者の手を煩わせないように、盗作はやめましょう。
盗作しなくては作品が書けなくなったとき、そこで、あなたの作家生命は終わりです。チーン。



banner_02.gif
スポンサーサイト



巨人の実態と改革
2005年10月05日 (水) 22:45 * 編集
新監督の誕生である。
そのノッケに、オーナーから要望が出された。


巨人の滝鼻卓雄オーナー(66)が5日、原辰徳新監督(47)の就任発表会見で5つの要望を明らかにした。
「5位という歴史的な大敗を喫した中で、人身を一新してチームを立て直したと考えた」と原氏への就任要請の理由を説明するとともに、
1)強い巨人の再建
2)投手陣の強化
3)1・2軍が一体となってのペナント争い
4)エースと4番打者を中心にしたバランスよいチーム作り
5)戦力補強はフロントが責任を持つが、監督とは24時間態勢で意思の疎通を図る体制を整える、との要望を出したことを発表した。
巨人再建に向け、フロントと原新監督が、動き出した。(nikkan sports)

オーナーの要望というくらいだから、ひるがえって言えば、現在のチームの実態にほかならない。
すなわち、巨人の実態は、

①何と言っても弱い
②なにより、投手陣が弱体である
③1・2軍が一体となっていない
④エースや4番打者がはっきりせず、バランスが悪い
⑤戦力補強にフロントが責任を持たず、監督との意思疎通に欠ける

こんな体たらくのチームを再建すべく、新監督は、次のような意向を表明した。

■ジャイアンツに対する愛情、情熱、責任の重さを背負って最高のチームを作りたい。
■監督、コーチ、選手、フロント、スタッフ、ファンの皆様、家族が目標を一つに持って、一つになって大きなスクラムを組んで戦い抜きたい。
■幾多の試練、苦難を越えていかなくてはいけないと思っているが、皆様と分かち合えることを自分のお守りにしながら戦い抜きたい。
■強い、愛されるチームを作ることはもちろん、何より優勝。全身全霊、全知全能をかけて戦い抜くことを誓う。

チームの実態のうち、①項は、すべての結果であるから除くと、チームの現状のうち、③項の「1・2軍が一体となっていない」と⑤項の「監督との意思の疎通に欠ける体制」に対する改革意欲、決意表明は十分だ。ややロマンチックな感じもしないではないが・・・。
⑤項の「戦力補強にフロントが責任を持たない」については、監督の領域ではないので、残された②項の「弱体な投手陣」、④項の「エースや4番打者がはっきりせず、バランスの悪いチーム」について、監督としてどのような具体的な策を講じていくかが、巨人再建の道だろう。

具体的な方法の披露は、現時点では望むべくもないが、今後の展開について、阪神の株価と共に注目だ。



banner_02.gif
村上タイガースの株価
2005年10月05日 (水) 22:41 * 編集
10月3日、村上ファンドが阪神電気鉄道株の38・13%を取得したと関東財務局に届け出た。
これにより、株主総会で重要事項の決定を拒否できることになり、プロ野球阪神タイガースなど阪神グループ全体の経営に決定的な影響力を持つことになった。
村上ファンドは、「徹底して株主価値を向上させてほしい。私たちも経営陣と緊密に協力する」とコメントし、これに対し、その夜、阪神電鉄の西川恭爾社長は、「会社存亡の危機と認識している」と話した。

ファンドの狙いは、ただ一つ。株価を上昇させ、上がったところで売り抜くことだ。
そして、策に着手し始めた。


■タイガースの社長人事

約1000億円を投じて阪神電鉄株の約38%を保有した村上世彰氏(46)率いる投資ファンド(通称・村上ファンド)が、筆頭株主としてタイガースの球団社長人事に介入する動きがあることが4日、明らかになった。
これまでの接触で、ファンド側は牧田俊洋球団社長(55)に代わる新社長候補として、三井住友銀行特別顧問の西川善文氏(67)ら大物経済人の名前を挙げたもよう。今週中にも持たれる電鉄首脳との話し合いで、正式に実現を要求する可能性が高い。(毎日)

■タイガースの株式上場

村上世彰氏が率いる投資ファンドが阪神電気鉄道に対し、プロ野球阪神タイガースの株式上場を提案していたことが5日、分かった。ファンドの電鉄株保有比率は過半数に達しておらず、このまますんなり要求が通る可能性は低いものの、38%超を保有する筆頭株主だけに、電鉄側はファンド側との交渉など厳しい対応を迫られそうだ。
タイガースは阪神電鉄の完全子会社。村上ファンド側は、ファンを中心に広く出資を募り、球団経営の活性化に生かすべきだと主張している。(共同)

阪神タイガースが上場したら、IR(インベストメント・リレーション)を実施するのだろうか。
パワーポイントを使用して、過去の勝敗履歴、その分析結果、入場者数の推移、選手の給与の推移、今後、3年間の勝敗予測などを発表するのか。
株主総会の運営は、どうなるのか。
決議事項に「利益処分案」などと併記して、「次期監督の選定について」なんていう議案が上るのだろうか。

現在、上場している球団はない。
村上ファンドでは、ファンを中心に広く出資を募り、球団経営の活性化に繋げたいという。
そもそも、プロ野球の球団の株価というのは、何をファクターに上下するのだろうか。
チームの勝敗だろうか。
入場者数か。
PERか。
監督の人望か。
寸胴鍋のような素人には皆目分からない。そんなこともあって、社長候補に大物経済人の名前が挙がっているのだろうか。
しかし、下手をすると、阪神版ナベツネの誕生の可能性だってなくはない。

社長交代、そして、株式上場。
タイガースが、阪神から村上色へ染まるとき、チーム力や人気は上昇するのだろうか。或いは、下がってしまうのか。

今日のnikkan sportsによると、「阪神電気鉄道株の約38%を保有している村上世彰氏率いる投資ファンドが、経営権を掌握するため株式の過半数取得を視野に買い増しを続けている。」
阪神タイガースは、確実に村上タイガースへと変貌している。
阪神タイガースよ、どこへ行く。



banner_02.gif

* Top *