『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
望ましい名称変更
2005年09月22日 (木) 22:54 * 編集
昔、街では、「合法ドラッグ販売中」なんていうコピーを見かけたものだ。

麻薬のような幻覚作用がある「脱法ドラッグ」について、早期に取り締まる方法を探っている厚生労働省の検討会は22日、名称を「違法ドラッグ」と変更し、薬事法を改正することで規制することを提言した報告書骨子案をまとめた。来月中にもまとまる報告書の内容を踏まえ、厚労省は具体的な改正案を来年の通常国会に提出する見通し。
違法ドラッグは麻薬と類似の有害性があることが疑われる物。種類が多く、麻薬指定の科学的データを収集するのに時間がかかることなどから対応が遅れている。医薬品を規制する薬事法を改正し、「乱用を目的として製造、販売」などと定義して規制対象に加えることなどが検討される。
また、脱法ドラッグは法の規制がかからないという印象があるので、違法ドラッグへの名称変更を提案した。(毎日新聞)

脱法ドラッグの前身は、「合法ドラック」だった。それが、「脱法ドラッグ」になり、ここで、「違法ドラッグ」に落ち着かせようということだ。
分かりやすくていいじゃないか。
ついでに、援助交際といった言葉も、見直したらどうか。
「脱法交際」のような印象があるが、立派に「違法交際」なのだから。



banner_02.gif
スポンサーサイト
プロジェクトP 敗北者たち
2005年09月22日 (木) 22:50 * 編集
「プロジェクトX 挑戦者たち」。とうとう打ち切りだそうだ。

NHKが、人気ドキュメンタリー番組「プロジェクトX 挑戦者たち」を、来年3月で打ち切る方針を固めたことが分かった。NHKは理由について「来春予定の番組改編の一環」としている。
00年3月に放送が始まったプロジェクトXは、無名の日本人が困難を乗り越えて画期的な事業や商品開発を成し遂げるまでを紹介するもの。02年1月に放送した番組が関東地区の視聴率20%を記録。日本PTA全国協議会が昨年実施したアンケートで「親が子供に見せたい番組」の1位に選ばれるなど、NHKの看板番組の一つだった。
しかし、今年5月10日に放送された大阪府立高合唱部が日本一になるまでを描いた番組に対し、高校側が「行き過ぎた表現や事実の違いがある」と抗議。NHKが謝罪、訂正するトラブルがあった。このため、NHK内部で「感動的に描こうとするあまり過剰演出が目立つ」との意見が出ていた。(毎日新聞)

今回、打ち切りの理由は、過剰演出が目立つようになったからとのことだが、それより大きな理由があると思う。
プロジェクトXの構成は、苦闘、苦悶、七転八倒、辛酸、失敗、しかし、最後は、大成功を収めるといったもの。
このパターンそのものに視聴者が飽きてきたのが真の理由だと思うが、いかがだろう。

そこでNHKさんに提案だ。
プロジェクトXを打ち切る前に、成功、成功、成功、そして、最後に大失敗という構成の「プロジェクトP 敗北者たち」をやったらどうか。なお、プロジェクトPのPは、ペケの略である。

いや、だめだ。
これは、すでに放送済みであった。
小林憲司であった。



banner_02.gif

* Top *