『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
effects of the hurricane
2005年09月04日 (日) 13:35 * 編集
影響は更に深く広がっていく。

■スノー米財務長官は2日の会見で、ハリケーン被害の経済的影響について「米経済の成長軌道を1・四半期程度は妨げるだろう」と述べ、実質国内総生産(GDP)の成長率が数カ月にわたって押し下げられるとの見方を明らかにした。(共同 9・2)

■米南部を襲った大型ハリケーン「カトリーナ」で、石油関連設備が大打撃を受けた。復旧の見通しなどはまだ不確定だ。個人消費や企業収益に与える影響も懸念されている。(nikkei net)

■マクレラン米大統領報道官は3日、ホワイトハウスで7日に予定していたブッシュ米大統領と胡錦濤・中国国家主席の会談を延期すると発表した。ブッシュ政権が大型ハリケーン「カトリーナ」の復旧対策に追われているための措置。(読売新聞)

■米メキシコ湾岸を襲った大型ハリケーンの被害が米景気の先行きを不透明にしている。個人消費の堅調さなどから景気失速を予想する見方は少ないが、経済損失は1000億ドル(約11兆円)を超えるとの試算もあり、経済への影響が一時的にとどまるかの見極めはまだつかない。市場では米連邦準備理事会が9月の利上げをいったん停止するとの観測も出ている。(nikkei net)

■欧州中央銀行のトリシェ総裁は2日、米国南部の州を襲ったハリケーン「カトリーナ」の欧州経済への影響を判断するのは時期尚早だとしたうえで、被害状況を注視している、と述べた。
同総裁は当地で開かれたビジネス会議に出席した際、記者団に、「影響を判断するのは時期尚早だ」と述べた。さらに、「われわれは状況を注視していく」と語った。(ロイター)

アメリカが風邪を引くと、くしゃみをする日本。経済的な影響は避けられないだろう。
しかし、その影響度は、ハリケーンのアメリカへの被害、影響がはっきりしないかぎり、今は、欧州中央銀行のトリシェ総裁と同様に、「状況を注視していく」ことになろう。


torich.jpg
(トリシェ総裁)

ところで、ロイター電のトリシェ総裁の写真、凄いね。
頭から角が生えているように見える。
やっちゃいけない写真の基礎の基であるが、久しぶりにこんなの見た。



banner_02.gif
スポンサーサイト
livedoor carp
2005年09月04日 (日) 11:25 * 編集
堀江貴文首相が広島ライブドア・カープを経営する?
広島県府中市で開催したホリエモンの講演会でのやり取りから。以下、nikkan sprotsより再構成。


■広島カープについて感心はあるのか?
「興味は持ってます。経営面のことを調べているんです」

■今、カープは最下位だが?
「残念ながら大株主というか、たくさんの資金をどんどん投資できない状況にあるというのが最大の問題点」

■どうした強くできるか?
「年俸が高くなった選手を放出せざるをえない。一説によると3億円超えたら放出。だからなかなか強くならない。でも、これは投資ですから、年俸が高い選手を呼べれば強くなる」

■政治家としての目標は?
「旧来の政治を小泉さんは壊したけど、あと1年で辞めてしまう。その後を引き継ぐ」

広島が初優勝したのは、1975年。
あの頃のカープは強かった。
野手には、ホプキンス、ショーン、山本浩二、衣笠祥雄。ピッチャーにも池谷、外木場、佐伯など力量を持った選手がいた。懐かしい。
ユニフォームの赤がグランド狭しと躍動していたっけ。
もう、30年前の話だ。

その頃、堀江氏は、2歳。彼には直接的な記憶はないだろう。
あのとき、カープが強かったのは、けして選手に年俸を積んだからではなかった。
技量をそれなりにバランス良く持った選手達とそれを勝利へと上手く方向付けた古葉監督のマネジメント力が最大の要因だったと思う。
現在、カープは最下位であるが、けして、たくさんの資金をどんどん投資できない状況が最大の問題点ではないと思う。
「金を積めば球団は強くなる」という戦略が誤りであることは、巨人がすでに証明済みでもある。

どうしても、金、金、金というイメージが拭えない。
そんな志向を強く持つ人物が首相になるなんて、想像したくない。

今の日本をおかしくしていることの一つに、価値観の軸の置き方があると思う。
上手に金儲けをする人を崇めるような風潮はないか。
金も大事だろう。なければ生活ができない。
しかし、それと同等以上に大切なものがあることを発信するのが、これからの日本の政治家に求められているのだろうと思う。
でなければ、数多の候補者(小選挙区だからあまりいないが)の中から、『この人』を選ぶことで私達が悩むことはないはずだ。
そして、そんな資質をもった人物が見当たらないのが、今の日本の最大の問題点かもしれない。



banner_02.gif

* Top *