『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恐喝には恐喝
2005年09月09日 (金) 23:35 * 編集
金を払う価値があるからこそ、金を出す。
価値を問わずして、金を払えとは何様だ。


NHKの橋本元一会長は8日の定例記者会見で、受信料不払いに対する法的手続きについて、20日にも発表予定のNHK改革の「新生プラン」に「導入するテーマと考えている」と述べた。
橋本会長は「受信料を払っている方々から『不払いを放置するのか』という声が出ている。これでは不公平感が募る一方だろう」と指摘。
受信料の趣旨や改革の努力を十分に説明した上で、やむを得ない場合に限り、簡易裁判所による「支払督促」を検討する意向を明らかにした。
支払督促は、金銭の支払いを請求しても相手が応じないとき、簡裁に申し立てて督促状を送ってもらう制度。相手が2週間以内に異議を申し立てて裁判で争わなければ、督促は確定判決と同じ効力を持ち、差し押さえも可能になる。電話や水道料金などの不払い対策としても利用されている。
ただ弁護士らによると、支払督促は法律上、受信料をいったん払いながら不払いに転じた人には適用できるが、受信契約を一度も結んでいない「未契約」の人は対象にできないとみられ、かえって不公平感が増す恐れもある。(共同)

とはいうものの、寸胴鍋は、衛星放送込みの受信料をセッセと払い込んでいる。
もうウン十年だ。いったいいくらになるのだろうか。

ところで、NHKの受信料に対するスタンスには、3パターンあるようだ。
「ずーっと不払いの人」と「不払いに転じた人」、そして、「ずーっと支払っている人」だ。
また、ずーっと支払っている人にも、2パターンあるようだ。
不払いを放置するのかと声を上げる人と、上げない人。

放送法によると、NHKのテレビ放送を受信できる設備を設置すれば、受信契約を結ばなくてはならないということだが、これがそもそもおかしい。
サービスを受ける意思を表明し、そのサービスを受け、その対価として料金を支払うのが経済原則だろう。単にテレビを設置したからといって、サービス料金を徴収できるというのは、ドダイおかしな話だ。

WOWWOWのような契約方式にし、支払わない人にはスクランブルというのが、自然だ。
もっとも、未契約者は今年3月末で922万世帯いるらしいが、WOWWOWのような契約方式にしたら、さらに未契約者は増えるだろう。
しかし、そうした環境の中で、NHKは、料金を支払っていただける、さらに良質な番組を創出していくのが本来であろう。

ずーっと支払っている人には、2パターンあると書いたが、もう一つのパターンがありそうだ。
つまり、「もっと見たい良質な番組をつくらないと、契約しないぞ」と脅すタイプだ。寸胴鍋は、今日から、このタイプに属することにする。



banner_02.gif
やらせ調査隊、撤収。
2005年09月08日 (木) 23:59 * 編集
朝、出勤前のテレビは、日本テレビのズームインに決めている。
しかし、ズームインが退屈なときは、チャンネルサーフィンをしているので、何回か見たことはあった。


フジテレビは8日、朝の情報番組「めざましテレビ」の中のコーナー「めざまし調査隊」で、複数回にわたってやらせがあったため、7日放送分で同コーナーを打ち切ったと発表した。また、同コーナーを担当した30歳代のフリーの男性ディレクターとの契約を解除するとともに、管理責任を問い、太田英昭取締役・情報制作局長ら3人を減俸・減給処分とした。
やらせがあった「めざまし調査隊」は、生活の中の疑問やユニークな出来事を取り上げる企画で、毎週、月曜から水曜まで放送されている。同局によると、このディレクターは、自ら用意した出演者を一般人として登場させ、作り話を事実のように演出していた。今月に入ってスタッフから、「ディレクターの取材方法に問題がある」との指摘を受け、調査を行っていた。
その結果、少なくとも昨年5月と7月、今年4月に放送した計3回でやらせがあったことが分かった。
このディレクターは、2002年からこれまでに同コーナーを100本近く担当しているため、引き続き調査を行うという。(読売新聞)

やらせがあったのは、次の内容だという。

昨年7月29日 
「あなたの暑さ対策は?」というタイトルで出演者3人がディレクターの知人で、依頼を受けて、閉め切った部屋でダイエットに励む女性などを演じていた。

同年5月17日
草野球好きの男性が妻からもらったお守りを身につけてヒットを打つという内容だったが、お守りはディレクターが用意したものだった。

今年4月4日 
失恋した女性が「1年ぶりに彼に電話する」という内容だったが、出演者はディレクターの知人で、失恋の事実はなかった。

スポニチには、フジテレビの遠藤龍之介広報部長の話が載っていた。


「やらせとは本質的な部分にうそがあること。今回は番組の本質的な部分でうそがあった。視聴者の信頼を損ねており、番組のコーナーを打ち切らなくてはならなかった。今後は番組制作者の放送倫理を高めていく。」

お笑いではないか。
本質的な部分にうそがあるのが、やらせだというが、このような、ドキュメンタリーを気取った娯楽番組に、「やらせがない」なんて誰が信じよう。
皆、はじめから、それを了解済みの上で見ているのではないか。
「こいつ、芝居が下手だな」とか「本当みたい」なんて言って楽しんでいるのではないか。
今回のフジテレビの対応、なんともまあ、生真面目なことである。

嘘っぽく本当みたいな面白い番組が、一つなくなった。
ぜひ、「やらせ、めざまし調査隊」というタイトルで復活することを期待する。



banner_02.gif
アワビとインフルエンザワクチン
2005年09月07日 (水) 22:14 * 編集
濡れ手に粟ならぬ、濡れ手にアワビ。

岩手県警生活環境課と釜石署は7日までに、天然アワビを約3700個密漁したとして、同県漁業調整規則違反の疑いで青森県八戸市の無職、渡辺博容疑者(54)と北海道函館市の無職、戸沢清紀容疑者(48)ら計7人を逮捕した。
調べでは、渡辺容疑者らは8月10日夜から11日未明にかけ、岩手県釜石市の両石湾内で、ゴムボートを使って天然アワビ計3675個(買い取り価格約300万円)を密漁した疑い。
11日未明、乗用車が検問を振り切って逃走。釜石市内の空き地に放置された車の中からアワビが見つかった。渡辺容疑者が乗用車に戻り、釜石署が逮捕した。
ほかの6人は数日後に釜石署に出頭した。7人は函館市周辺出身の友人同士。同署は八戸市の渡辺容疑者宅を拠点に組織的に密漁を繰り返していた可能性があるとみて追及している。(共同)

釜石署もその可能性について触れているが、彼らは、今回が初めてというわけではなく、今までも、密魚していたのだろうと思う。
なんとなれば、今回の仕事の成果は、天然アワビ計3675個、買い取り価格で約300万円である。仕事人は、7人だから、一人あたり43万円弱。
一晩で稼ぐには、いい金額だ。
年がら年中、アワビが取れるわけではないだろうが、計算上、月1回の密魚で年間510万円余。若いサラリーマンの手取り以上のものを得ることができる。ボロイ商売だ。やめられない。
しかし、商売はそれほど甘くない。
アワビ3675個の重さは、約371キロ。一人当たりに換算すると、53キロになる。
彼らは、アワビを車の中に放置したまま逃げたというが、その重さは、推して知るべしだ。

ところで、記事から逆算すると、アワビの卸価格は、一個816円なり。
一方、旅館などで、特別料理として、踊り焼きなどを頼めば、大きさにもよるが、それなりのものでは3000円以上する。
まあ、飲食店などでは、材料費は販売価格のほぼ半分というのが、定説だから、それほど、おかしな数字ではない。

ところで、毎日新聞がインフルエンザワクチンの製造原価について書いていた。
なんでも、インフルエンザワクチンを作るメーカーの製造原価は接種1回分当たり350円だという。
メーカーは、それを約600円で販売会社に出荷し、次に販売会社は約750円で「卸」と呼ばれる業者に売り、卸は約1000円で医療機関に納めるのだという。
そして、実際に医療機関で接種されるときの料金は、1回あたり平均3000円になるという。1万円近い例もあるとか。

流通の過程でどんどん販売価格は上昇していく。販売会社や卸などは、その差額の中から、販売管理費などの費用も捻出していくわけであるが、それぞれの段階で落ちていく金額(粗利)は、次の通りだ。

メーカー…250円
販売会社…150円
卸…250円
医療機関…2000円

先ほど見たように、アワビは、816円の買い取り価格が最終的には、3000円になっていた。
一方、インフルエンザワクチンは、メーカーの販売価格600円が最後には、3000円になっている。同じような数字の趨勢であるが、インフルエンザワクチンの場合、どこに問題点があるのか、良く分かるデータである。



banner_02.gif
trouble maker
2005年09月06日 (火) 22:41 * 編集
「事件は、会議室で起きているのではない。現場で起きているンだ」と青島刑事は咆えていた。
事件は、日本のそこかしこで起きているが、「人間とはなんだろうなあ」と考えさせる事件は、実はローカル紙の隅に載ってる、小さな記事だったりする。

昨日から今日にかけても、そんなことを考えさせる記事があった。
森高千里の歌に「ハエ男」というのがあるが、これに倣って彼らを命名し紹介しよう。


■ヒキャク男・・・5日夕刻 長野

長野市内で飛脚の格好で走る男性が目撃され、話題になっている。前掛けに短パンかふんどし姿。先端に箱の付いた棒を持っていたというが、正体は不明だ。
最新の目撃情報は5日夕。JR長野駅近くの交差点を横断して南西へ向かい、約2時間後、駅から約2キロ離れた同市高田の料理店前に現れた。20-30代で筋肉質の細身。強い雨にもかかわらず、「タッタッタッ」と駆け抜けたという。
軽やかに先を急ぐ男性の姿に「一心不乱だった」「マラソン走者みたいだった」と、目撃した2人の会社員。市内の郵便局や運送業者は「心当たりはない」と首をかしげている。(信濃毎日新聞)

■フンニョー男・・・6日午前7時50分 大阪

大阪市東住吉区の路上で、乗用車の男が通勤や帰宅の途中の女性とすれ違いざま、ふん尿のような液体をかける事件が3件相次ぎ、東住吉署は器物損壊容疑で調べている。
調べでは、6日午前7時50分ごろ、同区山坂4丁目の市道で、白っぽい乗用車の男が、近くに住む女性会社員(28)の上半身にふん尿のようなものをかけ、逃走した。
8月27日朝には保育士の女性(25)、30日夜には日本語教師の女性(25)が、現場近くでそれぞれ同様の被害に遭っており、同署は手口などから、同一人物による犯行とみている。(京都新聞)

■コーグ男・・・6日午前8時15分 秋田

6日午前8時15分ごろ、秋田市山王5丁目の山王パーキング4階屋上で、同市の女性(34)が後から近寄ってきた男にいきなり頭部を殴られた。女性は軽傷を負い、市内の病院に運ばれ手当てを受けている。秋田中央署は傷害事件として捜査、緊急配備を敷いて逃げた男の行方を追っている。
同署の調べでは、女性が同パーキングに止めていた車に乗り込もうとしたところ、男に殴りかかられた。男は「ばかやろう」と言って逃げたという。何らかの工具を使ったとみられる。女性が夫を通じて110番通報した。
男は中年とみられ、白っぽいシャツを着ていた。女性は普段から、同パーキングを利用しているという。(秋田魁新報)

ヒキャク男にフンニョー男。そして、コーグ男。
それぞれになにやらの目的を持ち、そのために行動しているのだろう。
人間とは、まったく不可思議で、なんとも理解しがたい生物だと思う。

ところで、これを書いている寸胴鍋も、読んでいただいている貴方も、人間だ。(だよね)
まったくもって、私たちも不可思議で、なんとも理解しがたい存在であることか。



banner_02.gif
rival
2005年09月05日 (月) 21:51 * 編集
「出来心でつい・・・」なんて言ってることからすると、彼女らは初犯なのだろうか。

福岡県警粕屋署は5日までに、スーパーの衣料品売り場で万引をしたとして窃盗容疑で福岡市西区の同じ団地に住む無職の女3人を逮捕した。3人は36歳、34歳、66歳で、日ごろから付き合いがあった。
調べでは3人は4日昼ごろ、同じ団地の女性(29)に誘われ、女性の車で福岡県粕屋町のスーパー「ジャスコ」へ。
36歳の女はショルダーバッグと衣料品(計約1万円相当)を、34歳の女は手提げバッグと衣料品(計約2万3000円相当)をそれぞれ万引し、駐車場で警備員に声をかけられ、現行犯逮捕された。
66歳の女はすでに車の中にいたが、駆け付けた同署員に婦人用シャツなど(計約2万3000円相当)を万引したことを認めた。
3人は「生活費を節約したかった」「出来心でつい…」などと供述。
買い物に誘った女性は「まさかこんなことになるなんて」と当惑しているという。(共同)



「同じ団地に住む無職の女、3人」に触発されて、以下は、下衆な寸胴鍋の邪悪な夢想。


【実録団地妻 真昼の熱いゲーム】

34歳・・・霧子 6号棟303室
36歳・・・和江 6号棟302室
66歳・・・キヨミ 8号棟101室
そして、静香(29歳)。8号棟201室

8号棟の201室に住む静香は、階下のキヨミが一人暮らしということもあり、買い物を行くときなど、よく誘う。今日も、2階のベランダから、1階で庭を掃いていた、キヨミに声をかけた。
静香「あら、キヨミさん、私これから、車でジャスコに行くんだけれど、いかない?」
きよみ「ああ、いつも悪いね、静香さん。あの二人にも声掛けてみるから、あと30分待ってね。」

キヨミが言った二人とは、霧子と和江である。彼女ら二人は、8号棟のはす向かいの6号棟の住人である。同じ棟の隣人であり、年も近く、息子同士が同じ学年ということもあり、仲がいい。
5年ほど前、雨の中、傘を持ち合わせていなかったキヨミを和江が自分の傘に入れたやったことからの付き合いだった。そのとき、キヨミはビニール袋に入ったままの衣料品を脇に抱えていた。
和江は、それがスーパーの袋に入っていないことに気づいたが、そのときは何も聞かなかった。

8号棟101室。
キヨミ「前回は、和江さんの圧倒的勝利だったわね」
霧子「そうそう。あのバッグのポイントが大きかったわよ。」
和江「寸法ポイントが40ポイントだったものね。金額ポイントは、低かったけどね」
キヨミ「今日は、そうはいかないわよ。先輩として頑張んなきゃ。私は、今日、時間ポイントで勝ち取るわ」

彼女らは、万引きの評価を3つの軸から行っていた。
つまり、金額軸と寸法軸、そして、時間軸である。
金額軸は、盗品の値札1万円毎に10ポイント、寸法軸は商品の幅10センチ毎に5ポイント、時間軸は10分ごとにマイナス5ポイントである。

例えば、2万円の幅20センチのバッグを30分で盗んでくれば、

2万円(20ポイント)+20センチ(10ポイント)+30分(▲15ポイント)=15ポイント

となる。つまり、金額が高く、物品が大きく、盗む時間が早ければ早いほど高得点となるシステムだ。

最初は、金額だけで評価していた。しかし、金額だけだと、貴金属などを盗むことが多くなり(まあ、ジャスコなので高は知れているが)、三人とも、何かスリルを感じないことに気づいた。だから、物品の大きさもポイントに加えることにした。いかに大きな物品を店員に知られないように取ってくるか、これでスリルが倍増した。
なお、時間軸の減点ポイントを追加したのは、盗む踏ん切りをつけさせる意味もあった。

ところで、その日の優勝者は、他の二人の盗品から好きなものを一つだけゲットできる権利が与えられていた。いくら自分が欲しいものを盗んできても、優勝しなければ自分のものにならない可能性があるのだ。
三人はアイデアを提供しあった。そして、このゲームはいよいよ熱く真剣なものになっていった。

玄関のチャイムが鳴った。軽自動車を玄関前に乗りつけ、静香が彼女らを呼びに来た。静香は何も知らない。ただの運転手だ。
腰を上げた3人は、静かに言い合った。「負けないわよ」

ジャスコに着くと、キヨミが静香に声をかけた。
「静香さん、あなたはいつも通り、食品を買いに来たのでしょ。私たちは、2階の衣料品フロアで買い物を済ませてくるので、先に車に戻っていてね。いつも通り、40分後くらいね」

静香が食料品売り場に向かうのを確認すると、三人は、おもむろに別れ、目指す盗品のところに足を運んだ。

最初に車に戻ってきたのは、キヨミだった。
来たときと同じように、ドライバー席のすぐ後ろのリアシートに座った。
「あら、静香さん、私が一番のようね」
「ええ、皆さん、まだ戻ってこないわ。」
キヨミは、ビニール袋に入った商品を確認しているのか、ビニールの擦れ音がした。
「ところで、キヨミさん、今日は何を買ったの?」
「シャツよ。もう秋物が安かったのよ」

キヨミは、計算した。
2.5万円(25ポイント)+30センチ(15ポイント)+30分(▲15ポイント)=25ポイント

(今日は、絶対、私が優勝だわ。あの二人、何を盗んでくるのかしら。楽しみだわ)

しかし、二人はキヨミが戻ってから、20分経っても帰ってこなかった。キヨミは、いよいよ優勝を確信した。

コンコン。ドライバー席の窓ガラスを叩く音がした。

「粕屋署のものですが・・・」
若い警官が車の外に立っていた。警官の向こうには、警備服を着たジャスコの保安員が立ち、その両脇に霧子と和江がうなだれて立っていた。

事情を察したキヨミは、リアウインドーを開け、警官に言った。
「生活費を節約したかっただけなの。出来心でつい…」

霧子と和江は、思わず吹き出したが、マズイと思ったのであろう、すぐに咳払いをしてごまかした。
まったく事情のつかめない静香は警官に目線を送り回答を求めた。
しかし、彼は、静香の目線を受けることなく、車から出てきたキヨミの肩に手を置き、店舗に戻るよう促した。

警官を先頭に、三人並んでジャスコの警備室へ連れて行かれる際、キヨミは、二人に言った。
「いいこと、今日は私、25ポイントだったんだよ」
三人のすぐ後を歩いていた保安員が、それを聞いて言った。
「あんたには、購入ポイントは付かないよ。買っていないのだから」
今度は、三人で吹き出した。



banner_02.gif
effects of the hurricane
2005年09月04日 (日) 13:35 * 編集
影響は更に深く広がっていく。

■スノー米財務長官は2日の会見で、ハリケーン被害の経済的影響について「米経済の成長軌道を1・四半期程度は妨げるだろう」と述べ、実質国内総生産(GDP)の成長率が数カ月にわたって押し下げられるとの見方を明らかにした。(共同 9・2)

■米南部を襲った大型ハリケーン「カトリーナ」で、石油関連設備が大打撃を受けた。復旧の見通しなどはまだ不確定だ。個人消費や企業収益に与える影響も懸念されている。(nikkei net)

■マクレラン米大統領報道官は3日、ホワイトハウスで7日に予定していたブッシュ米大統領と胡錦濤・中国国家主席の会談を延期すると発表した。ブッシュ政権が大型ハリケーン「カトリーナ」の復旧対策に追われているための措置。(読売新聞)

■米メキシコ湾岸を襲った大型ハリケーンの被害が米景気の先行きを不透明にしている。個人消費の堅調さなどから景気失速を予想する見方は少ないが、経済損失は1000億ドル(約11兆円)を超えるとの試算もあり、経済への影響が一時的にとどまるかの見極めはまだつかない。市場では米連邦準備理事会が9月の利上げをいったん停止するとの観測も出ている。(nikkei net)

■欧州中央銀行のトリシェ総裁は2日、米国南部の州を襲ったハリケーン「カトリーナ」の欧州経済への影響を判断するのは時期尚早だとしたうえで、被害状況を注視している、と述べた。
同総裁は当地で開かれたビジネス会議に出席した際、記者団に、「影響を判断するのは時期尚早だ」と述べた。さらに、「われわれは状況を注視していく」と語った。(ロイター)

アメリカが風邪を引くと、くしゃみをする日本。経済的な影響は避けられないだろう。
しかし、その影響度は、ハリケーンのアメリカへの被害、影響がはっきりしないかぎり、今は、欧州中央銀行のトリシェ総裁と同様に、「状況を注視していく」ことになろう。


torich.jpg
(トリシェ総裁)

ところで、ロイター電のトリシェ総裁の写真、凄いね。
頭から角が生えているように見える。
やっちゃいけない写真の基礎の基であるが、久しぶりにこんなの見た。



banner_02.gif
livedoor carp
2005年09月04日 (日) 11:25 * 編集
堀江貴文首相が広島ライブドア・カープを経営する?
広島県府中市で開催したホリエモンの講演会でのやり取りから。以下、nikkan sprotsより再構成。


■広島カープについて感心はあるのか?
「興味は持ってます。経営面のことを調べているんです」

■今、カープは最下位だが?
「残念ながら大株主というか、たくさんの資金をどんどん投資できない状況にあるというのが最大の問題点」

■どうした強くできるか?
「年俸が高くなった選手を放出せざるをえない。一説によると3億円超えたら放出。だからなかなか強くならない。でも、これは投資ですから、年俸が高い選手を呼べれば強くなる」

■政治家としての目標は?
「旧来の政治を小泉さんは壊したけど、あと1年で辞めてしまう。その後を引き継ぐ」

広島が初優勝したのは、1975年。
あの頃のカープは強かった。
野手には、ホプキンス、ショーン、山本浩二、衣笠祥雄。ピッチャーにも池谷、外木場、佐伯など力量を持った選手がいた。懐かしい。
ユニフォームの赤がグランド狭しと躍動していたっけ。
もう、30年前の話だ。

その頃、堀江氏は、2歳。彼には直接的な記憶はないだろう。
あのとき、カープが強かったのは、けして選手に年俸を積んだからではなかった。
技量をそれなりにバランス良く持った選手達とそれを勝利へと上手く方向付けた古葉監督のマネジメント力が最大の要因だったと思う。
現在、カープは最下位であるが、けして、たくさんの資金をどんどん投資できない状況が最大の問題点ではないと思う。
「金を積めば球団は強くなる」という戦略が誤りであることは、巨人がすでに証明済みでもある。

どうしても、金、金、金というイメージが拭えない。
そんな志向を強く持つ人物が首相になるなんて、想像したくない。

今の日本をおかしくしていることの一つに、価値観の軸の置き方があると思う。
上手に金儲けをする人を崇めるような風潮はないか。
金も大事だろう。なければ生活ができない。
しかし、それと同等以上に大切なものがあることを発信するのが、これからの日本の政治家に求められているのだろうと思う。
でなければ、数多の候補者(小選挙区だからあまりいないが)の中から、『この人』を選ぶことで私達が悩むことはないはずだ。
そして、そんな資質をもった人物が見当たらないのが、今の日本の最大の問題点かもしれない。



banner_02.gif
noise pollution
2005年09月03日 (土) 21:54 * 編集
気持ちは、痛いほど分かる。これは騒音公害である。

埼玉県警狭山署は3日、同県入間市扇町屋、無職本橋弘義容疑者(36)を公選法違反(選挙の自由妨害)の現行犯で逮捕した。
本橋容疑者は3日午後4時10分ごろ、自宅近くの路上で演説していた衆院選埼玉9区の立候補者に近づき、「うるさい。何の許可を取っているんだ」とどなり、候補者が持っていたマイクをつかんだ。
周りにいた秘書らスタッフが本橋容疑者を取り押さえた。候補者にけがはなかった。(読売新聞)

「寸胴鍋です」「あなたの寸胴鍋です」「寸胴鍋です」「この街の寸胴鍋です」「寸胴鍋です」「あなたのために働く寸胴鍋です」「寸胴鍋です」「なんといっても寸胴鍋です」「寸胴鍋です」「ぜひ、寸胴鍋に清き一票を」「寸胴鍋です」「どうしても寸胴鍋です」「なぜだかわからないけど寸胴鍋です」

あのスピーカーから響く名前の連呼は、どのくらいの音量なのか。私達は、せいぜい耳を塞ぐ程度しか防御できない。いったい、規制はあるのだろうか。守られているのだろうか。

車に積んだスピーカーから、甲高い女の声が、道を通り過ぎる。ただ名前を連呼して。
風になびいた髪をちょっとでも気にしてごらん。
「ご声援ありがとうございます」ときたもんだ。

ここ数日、テレビで放映される党首の連中も、声ががらがらだ。
それが、さも、自分が努力している、頑張っているとでもいいたげだ。

もういいだろう、このやり方は。
連呼された名前をそのまま投票用紙に書く馬鹿はいない。
がらがら声に同情して投票用紙に党名を書く馬鹿はいない。
国民を馬鹿にするのもいい加減にして欲しい。

誰もが思っているが、なかなか変わらない。
環境は変わったのだ。
インターネットやテレビをもっと活用して、静かにじっくり選べるようにして欲しい。
変革だ、変革だと言っているが、こんな簡単なことが変わらない。
いったい、誰が提案すべきなのか。

そう、本橋弘義容疑者、実は提案者だったのかもしれない。方法の是非は別にして。



banner_02.gif
late rising
2005年09月03日 (土) 19:18 * 編集
誰だって、一度は寝坊したことがあるだろう。
誰も、責められない。
問題はそのあとの対応だ。


オーストラリア南東部のキャンベラ国際空港で8月31日朝、管制官が「寝坊」し、勤務に20分遅れで出社。その間、着陸の指示を受けられずにいた旅客機が、上空を旋回しながら、管制官の出社を待つという不祥事が起きた。同空港の報道担当が明らかにした。
着陸の指示を待つ羽目になったのは、同国南西部パースから到着した豪カンタス航空のボーイング737─800機。乗っていた68人の旅客に危険などは及ばなかったという。同機は、予定より12分遅れて着陸した。
同空港報道担当は、「ほかの管制官もいたが、着陸指示を出せるほどのベテランではなかった」と説明している。この種のトラブルが再発しないよう、朝一番の勤務にはベテラン管制官2人が任務に就くよう、変更したという。
AP通信は、寝坊した管制官が処罰を受けたのかなどには触れていない。(CNN)

朝一番の管制勤務は、ベテラン管制官2人で任務することにしたという。
まあ、一番イージーな解決方法ではあるが、可能性としては、2人とも朝寝坊してしまうケースはあるわけだから、完璧な問題解決とはなっていない。

皆さんは、こんなの大した事故ではないと思われるかもしれないが、寸胴鍋にとっては非常に気になる一件である。
というのは、寸胴鍋、この11日からオーストラリアに取材旅行に出かけることになっているのだ。
私の乗った飛行機が、オーストラリアの飛行場に降りようとしたら、管制官が2人とも朝寝坊していたらと思うと落ち着いていられない。
誰もいない管制塔にパイロットは絶望を語るしかないではないか。

そうだ、乗っている飛行機から、管制塔へモーニングコールを入れることにしようか。
いや、ダメだ。ダメ。
彼らは、管制塔に寝起きしているわけじゃない!
第一、電話番号は何番なんだ?

ということで、頼みますよ。ちゃんと、目覚まし時計をセットしておいてよ。



banner_02.gif
a general election 2005
2005年09月03日 (土) 14:33 * 編集
ちょっとヤバイ傾向にあるので…。

朝日新聞社が8月29、30日に実施した第5回の連続世論調査によると、総選挙の比例区で投票したい政党は、自民が29%に増え、民主は14%に減った。大都市部で自民を挙げる人の割合が民主を引き離す一方、町村部では民主が自民を追い上げている。(asahi.com 9/1)

日本経済新聞社は8月31日から9月2日に「衆院選ネット調査」を実施し、11日の投票日に向けた有権者の意識の変化をさぐった。自民に投票するとの回答は54%(前回比2ポイント上昇)と高水準を維持し、民主の33%(1ポイント上昇)を引き離している。(nikkei net)

しかし、一縷の望みもある。

朝日新聞社が1、2の両日実施した第6回連続世論調査によると、総選挙公示後のこの時期になっても4割近くの人が選挙区、比例区ともに投票先を決めていないことが明らかになった。とりわけ最大勢力の無党派層では、8割が投票態度を明らかにしていない。(asahi.com)

そんなこんなで、岡田さん、とうとう言ってしまった。

「(新規国債30兆円枠は)首相の最大の約束だったが、わずか1年で放棄した。『そんなことは大したことない』と言って開き直り、自ら借金を重ねた。」
「こんな男に改革ができるのか」(共同)

生真面目一本といわれる人が「こんな男」って発言ねぇ。
まあ、「こんな野郎」や「こんな下衆」でなかっただけ、ましか。
ちょっと自棄(やけ)気味に見える。

一方、こんな男と呼ばれた人は、九州入りし、JR佐賀駅前で演説。


「何で今まで民主党も共産党も自民党までも郵便局だけは民間に開放しちゃいけないと言ってきたのか。それは郵政関係の国家公務員が選挙のときに与野党を熱心に応援してくれたからだ」
「郵政民営化はあらゆる改革につながる」(スポニチ)

相変わらずの一本調子だが、自信にあふれているように見える。

そして、こんな男にひどくムゲにされた人も吠える、吠える。


「首相はヒトラーより最悪だ。ヒトラーは全権委任法という法律を作り、一応法律を守るという形をとりながらやったが、小泉首相は一切法律をお構いなしでやっている」
「刺客が送られ、何人もの政治家が出馬を断念した。いわば『政治的ガス室』に入れられている。私はまだ生き残っているが」(読売新聞 9/1)

元気はありそうだか、ガスが効き始めたように見える。

いよいよあと、一週間余である。



banner_02.gif
9days of katrina
2005年09月03日 (土) 13:44 * 編集
発生から、今日までを追う。すべて現地日時。

【24日】
■バハマ諸島中部で発生した熱帯低気圧「カトリーナ」が24日、勢力を強め、今後ハリケーンに発達してフロリダ州南東沿岸を直撃するとみられている。
米ナショナル・ハリケーン・センターは、「カトリーナ」は26日までにマイアミ周辺に到達し、メキシコ湾方面に移動しながらフロリダ州南端に最高300ミリ前後の降雨をもたらす、と予想している。(ロイター)

【25日】
■熱帯低気圧から発達したハリケーン「カトリーナ」が25日、激しい風雨を伴い人口の密集した米フロリダ州南東部を直撃。樹木が倒れたり、停電で200万人が影響を受けたりなどの被害をもたらした。少なくとも2人の死者が出ている。
ナショナル・ハリケーン・センターによると、「カトリーナ」はハリケーンとしては最小規模ながら、現地時間午後7時ごろフォート・ローダーデール南方を直撃。人口密集地を経てフロリダ州南部から南西部方向に進み、メキシコ湾に向けてゆっくりと移動した。総雨量は最高で305ミリに達した。(ロイター)

【26日】
■人口密集地である米フロリダ州南東部を直撃し、7人の死者を出したハリケーン「カトリーナ」は、26日に再び勢力を強めており、週明けにかけて米国の海岸に再上陸する見通しだ。
「カトリーナ」は、マイアミとフォート・ローダーデールに豪雨をもたらしたあと、一時熱帯性低気圧に変わったが、メキシコ湾上を通過する際、風速160キロ(時速)のハリケーンに戻った。
「カトリーナ」は、28日夜から29日未明にかけて最低風速210キロ(同)の勢力の大きいハリケーンになるとみられており、メキシコ湾内の米油田・ガス掘削装置や、既に被害を受けているフロリダ州からニューオリンズ州までの海岸地域への被害が懸念されている。(ロイター)

【27日】
■ハリケーン「カトリーナ」は米フロリダ州に上陸後、メキシコ湾を北西に進み、米メディアによると、27日夕までに死者は7人となった。
米ハリケーンセンターの予報では、カトリーナは勢力を拡大しながら、メキシコ湾岸のルイジアナ州やミシシッピ州に29日にも再上陸する見通し。ルイジアナ州ニューオーリンズで避難勧告、ミシシッピ州で非常事態宣言が出されるなど、関係当局は住民に警戒を呼び掛けている。(共同)

【28日】
■米ハリケーンセンターは28日、メキシコ湾を北上中のハリケーン「カトリーナ」が勢力を拡大し、風速が58.6メートルを超える大型で非常に勢力の強い「カテゴリ-4」に成長したと発表した。最大瞬間風速は67メートルに達し、ルイジアナ州、ミシシッピ州、アラバマ州、フロリダ州西部が暴風圏になるとして、各地域の住民に警戒を呼び掛けている。(CNN)

■米フロリダ州に上陸後、いったんメキシコ湾に抜けたハリケーン「カトリーナ」は28日朝までに過去最大級の勢力に発達、毎時約20キロの速さで西北西に進み、29日にもルイジアナ州周辺に再上陸する見通しとなった。
ブッシュ大統領はルイジアナ州に非常事態宣言を発令、同州ニューオーリンズ市当局は約48万5000人の全市民に避難を命じた。
米気象当局の5段階の分類で2番目に強い「レベル4」だったカトリーナの勢力は最高の「レベル5」となり、最大風速は毎秒70メートルを突破。40人以上の死者と300億ドル以上の損害を出した1992年の超大型ハリケーン「アンドルー」に匹敵する勢いとなっている。(共同)

【29日】
■米フロリダ州に上陸後、いったんメキシコ湾に抜けたハリケーン「カトリーナ」は29日朝、同湾岸の米ルイジアナ州に上陸した。勢力はやや弱まっているが、依然として毎秒60メートル以上の最大風速を維持しており、多数の住民が避難した。
全市民に避難命令が出た同州ニューオーリンズと周辺地域の計約130万人のうち、約80%は29日朝までに同地域から脱出。市内に残る一部市民はアメリカンフットボールの競技場などに身を寄せている。
米海洋大気局(NOAA)の五段階の分類で最高の「レベル5」だったカトリーナは29日朝にかけて勢力を「レベル4」に弱めたが、ニューオーリンズを直撃するハリケーンとしては過去最大。その後、時速約20キロの速さで北上し、同日昼までに「レベル3」となる見通し。(共同)

■ブッシュ米大統領は29日、ハリケーン「カトリーナ」の被害を受けたルイジアナとミシシッピの両州を災害地域に指定した。大統領は、「ハリケーンが湾岸を直撃しており、被害を受けた地域にはハリケーンが通過し次第、連邦政府が復興支援を行う」と語った。(ロイター)

■ハリケーン「カトリーナ」は米中部時間29日午後5時、「カテゴリー1」に勢力を弱めた。米ハリケーンセンターが発表した。中心はミシシッピ州ローレルの北西約48キロ。(CNN)

【30日】
■米南部ルイジアナ州に29日朝上陸したハリケーン「カトリーナ」は勢力を弱めながらも、ルイジアナ、ミシシッピ、アラバマの各州で大規模な浸水や建物の倒壊、倒木などの被害をもたらした。AP通信などによると、少なくとも5人の死亡が新たに確認された。
米紙ニューヨーク・タイムズは、ミシシッピ州を中心に少なくとも55人が死亡したと報じており、死者の増加が懸念されている。カトリーナが先週通過したフロリダ州では7人が死亡している。
カトリーナは29日夜には熱帯暴風雨に変わったが、4州合わせて約67万世帯が停電した。(共同)

■米南部に上陸後、熱帯低気圧となったハリケーン「カトリーナ」の被害について、ミシシッピ州ビロクシ市の報道官は30日、ロイター通信に対し、死者数が最終的に「数百人」に上る恐れがあると指摘、経済的損失と合わせ、米国で過去最大級のハリケーン被害となる可能性が強まった。
AP通信によると、死者数は30日夜、ビロクシ市があるミシシッピ州沿岸部のハリソン郡だけで100人を超えた。米保険業界が設立した「ハリケーン保険情報センター」によると、過去20年間で最多で、さらに増加するのは確実な情勢となっている。(共同)

■ハリケーン「カトリーナ」は、米航空宇宙局(NASA)のスペースシャトル関連施設にも被害を与え、来年3月の打ち上げ再開にも影響を与える可能性があることが30日、明らかになった。ロイター通信などが伝えた。(asahi.com)

■「我々にとっては津波と同じだった」。29日から30日にかけて米国南部をハリケーン「カトリーナ」が襲い、海岸のマンションが倒壊して約30人が死亡したミシシッピ州ビロクシーの市長は30日、無残な被災状況を語った。被害の規模は総額1兆円から3兆円近くにのぼるとの試算もあり、「過去最大規模」ともいわれる。被災実態は判明しつつあるが、直撃した地域からは「犠牲者は見当がつかない」(ルイジアナ州知事)との声も上がった。 (asahi.com)

■米ホワイトハウスは30日、ハリケーン「カトリーナ」の直撃で、ミシシッピ州などの南部州が甚大な被害を被ったことを受け、夏季休暇中のブッシュ大統領が日程を切り上げてワシントンに31日に戻ると述べた。
ワシントンで、連邦政府による救援作業を総合的に指揮する、としている。予定より2日早く首都に戻ることになる。ホワイトハウスによると、大統領は被災現場を直接視察することも計画、日程の調整に当たっている。
ブッシュ氏は、4週間以上にわたって、テキサス州クロフォードにある私邸兼農場で休暇を過ごしていた。(CNN)

【31日】
■ハリケーン「カトリーナ」上陸に伴い、約48万人の市民の大半が市外に脱出した米南部ルイジアナ州ニューオーリンズで、市内に残った住民による略奪や自動車の襲撃などが激化、地元警察などが警戒を強めている。
車がなく市当局の避難命令に応じられなかった黒人ら貧困層の不満の高まりが背景にあるとみられる。米CNNテレビは30日、フランス植民地時代の雰囲気が残る旧市街地フレンチクオーターが「無法地帯」(市当局者)と化していると伝えた。
米メディアによると、市内にとどまる住民のために設けられたアメリカンフットボール競技場などの避難所でも、停電に加え食料や飲料水の不足など生活環境が著しく悪化。市当局はこのため、避難所にいる被災者を立ち退かせる方向で調整に入った。
ドーム式のアメリカンフットボール競技場には約3万人の被災者が身を寄せているが、空調設備が機能していないため30度以上の蒸し風呂状態に。トイレもあふれ返り、衛生上の問題が生じているという。
ニューオーリンズの多くは海抜ゼロメートル以下の低地。ネーギン市長によると、堤防が決壊したため市域の8割が浸水し、今も増水を続けている。一部は水位が6メートルに達し、災害復旧の見通しは立っていない。(共同)

■米政府は31日、石油の供給途絶などに備える戦略石油備蓄(SPR)の一部を民間の石油会社に貸し出すことを明らかにした。ハリケーン「カトリーナ」の直撃でメキシコ湾岸の石油施設が被害を受け、米国内に石油の供給不安が高まっていたためだ。(時事通信)

■ブッシュ大統領は31日、テキサス州クロフォードの自宅から急きょホワイトハウスに戻った。帰途では大統領専用機から被災地上空を視察した。
ブッシュ米大統領は同日夕、ハリケーン被害についてホワイトハウスで演説し、「わが国史上最悪の自然災害の一つに立ち向かっている。復興には数年かかるだろう」と述べ、米南部諸州の被災地域の復興には長期間かかるとの見通しを明らかにした。
大統領は同日午後、ホワイトハウスで緊急閣議を開き、人命救助、被災民の生活支援、包括的な復興支援の3分野の対策を急ぐことを決定したと表明。米国民に支援を求めたうえで、「前例のない事態への挑戦だが、成功することを疑っていない」と強調した。
閣議後の声明発表では「じかに状況を見て、いかに大きい被害かがわかった」と切り出し、復興への熱意を強調した。(毎日新聞)

■米南部ルイジアナ州のニューオーリンズ市のネージン市長は31日、米メディアに対し、「多数の遺体が水に浮いている。死者数は少なくとも数百人、数千人に達する可能性が大きい」と述べた。ただ、同市では依然として遺体の収容作業は進んでいないという。(時事通信)

■米国防総省は31日、ハリケーン「カトリーナ」で被災したミシシッピ、ルイジアナ両州に州兵1万人を追加派遣することを決めた。
すでに被災地では1万1000人の州兵が活動しており、今後は2万人体制で救援・復旧作業を進める。
追加派遣する1万人のうち約3分の1は軍警察で、重要施設の警備、略奪行為の防止にあたる。その他の部隊は、洪水で交通網が分断された被災者への物資輸送や、携帯電話が不通となっている地域への携帯ラジオ配布などを積極的に進め、住民の「孤立化」を防ぐという。(読売新聞)

【1日】
■ハリケーン「カトリーナ」の被災地、米南部ルイジアナ州などの行政当局は8月31日深夜から9月1日未明にかけ、人命救出活動を続行。しかし市内の8割が冠水したままとされる同州の主要都市ニューオーリンズなどでは悪条件のために、救出作業が難航を極めた。AP通信によると、ブッシュ米大統領は2日に被災地を視察する。
またクリントン前大統領と父親のブッシュ元大統領に、被災者支援のための義援金活動への協力を要請した。
一部専門家は、水が引いた後に大量発生する蚊などを媒体に、西ナイル熱などの感染症が発生する恐れを指摘。「公衆衛生緊急事態」を宣言したブッシュ政権は感染症の大流行阻止のため、地方行政府と対策を急ぐ。(共同)

■ハリケーン「カトリーナ」が直撃した米南部各州では、洪水などによる被害が拡大するとともに、商店街で略奪が横行し、混乱に拍車が掛かっている。特に市内の約8割が冠水したルイジアナ州ニューオーリンズでは、警察当局が被害者救出よりも略奪への対応を最優先せざるを得ない状況で、ほぼ「無法状態」と化した。(時事通信)

■米ルイジアナ州ニューオーリンズにある約80の病院の多くで、自家発電機用の燃料が無くなって電気が切れ、水や薬が尽き、患者が危機にひんしている。
患者の一部はテキサス州などにヘリなどで移された。だが、多くの患者は、水没し、孤立した町で脱水症状に襲われているという。また、病院の薬が尽きたことが原因で患者数十人が既に死亡したとの報道もある。
同市の日中の気温はセ氏30度近く。のどが渇けば汚染された水でも飲まざるを得ず、疫病の発生が心配されている。(毎日新聞)

■ブッシュ米大統領は1日、ハリケーン「カトリーナ」の被害を受けた米メキシコ湾岸地域に「史上最大の救援活動を開始した」と述べた。最大の被災地ルイジアナ州ニューオーリンズでは市民約50万人のうち、依然市内に残る約10万人を市外の安全な地域に退避させる計画が進行中。ネーギン同市長は今後2―3カ月、都市機能のマヒが続くと見通した。(nikkei net)

■ブッシュ米大統領は1日、ホワイトハウスで会見し、ハリケーン「カトリーナ」による米石油施設への被害を受け、「不要なガソリンは買わないでほしい」と米国民に呼びかけた。車社会の米国で大統領がガソリンの節約を呼びかけるのは極めて異例で、被害の深刻さを浮き彫りにした。(毎日新聞)

■ハリケーン「カトリーナ」による被害で市内の8割が冠水したままの米ルイジアナ州ニューオーリンズでは1日、川のようになった市内で多数の遺体が浮遊。「陸の孤島」に取り残された数万人の被災者の中にも、避難先で死亡する人が出始めた。全体の死者数は集計されていないが、同州のブランコ知事は「数千人とみられる」と語った。(sankei web)

■ハリケーン「カトリーナ」の直撃を受けた米南部の被災地では、衛生状態が急速に悪化している。医療機関の多くが洪水や停電で機能停止に陥っており、西ナイル熱など伝染病の発生も懸念され始めた。(時事通信)

■ブッシュ米大統領は1日、ハリケーン「カトリーナ」の当面の被害復旧経費として、総額105億ドル(約1兆1600億円)の2005会計年度補正予算を議会に要請した。議会は2日にも予算案をスピード採択する方針だ。(読売新聞)

■AP通信によると、ハリケーン「カトリーナ」で大きな被害の出た米ルイジアナ州ニューオーリンズを拠点に活動していたロック歌手ファッツ・ドミノさん(77)のマネジャーは1日、ドミノさんが行方不明となっていることを明らかにした。(共同)

■ハリケーン「カトリーナ」の最大の被災地、ルイジアナ州ニューオーリンズ市は1日も食料や水がほとんどないまま数万人の市民が取り残されているなど、混乱が続いている。治安も悪化の一途をたどり市民の米政府に対する不満は極度に高まっており、同市のネーギン市長は米CNNテレビを通じ「命がけのSOS」との表現で救援を要請した。(毎日新聞)

■米連邦緊急事態管理局(FEMA)のブラウン局長はハリケーンによる犠牲者が「最終的に数千人にのぼる」と述べ、ネーギン・ニューオーリンズ市長らの見通しに同意した。連邦政府高官が死者数が数千人になるとの見解を示したのは初めて。(nikkei net)

■マクレラン米大統領報道官は1日、ハリケーン「カトリーナ」の被害で大規模災害宣言の対象となった地域の面積は、9万平方マイル(約23万平方キロ)になったと明らかにした。これは、日本の本州の面積に匹敵する。(共同)

■米政府は1日、ハリケーン「カトリーナ」の被害に対する外国からの支援をすべて受け入れる方針を表明し、同日午後現在、日本を含む二十数カ国から支援の申し出があることを明かした。米国と敵対することの多い南米ベネズエラからは原油提供の申し出がきているという。(毎日新聞)

■CNNテレビによると、ハリケーン「カトリーナ」で水没した米ルイジアナ州ニューオーリンズ在住で先月28日から行方不明になっていたロック音楽家、ファッツ・ドミノさん(77)が1日、レスキュー隊に無事救出された。(毎日新聞)

■ニューオーリンズ市内では各地でガス漏れなどが原因と見られる火災も起こっている。市警察、消防は、略奪と物資不足が加わった重層的惨事にほとんど対処できず、同市のレイ・ネーギン市長は1日、「ここで起こっていることを、(米政府の)連中は全く分かっていない」と、米政府の対応の遅れに怒りを爆発させた。(読売新聞)

■キャスリーン・ブランコ州知事は9月1日、イラク駐留を終えて戻ったアーカンソー州の州兵約300人が、ルイジアナ州に到着、治安回復に必要なら、無法者を射殺する態勢にある、と強調した。 (CNN)

■マクレラン米大統領報道官は1日、ブッシュ大統領が2日朝から、ハリケーン「カトリーナ」に襲撃されたルイジアナ州ニューオーリンズ周辺やミシシッピ、アラバマ両州などの被災地を訪問し、被災状況を地上から確認すると発表した。(読売新聞)

【2日】
■ブッシュ大統領は2日、被災地視察に出発し、まずアラバマ州で州知事から被災状況を聞いた。出発前に災害対応について記者団に尋ねられた際、「十分ではない」と述べた。(asahi.com)

■細田博之官房長官は2日午前の記者会見で、ハリケーン「カトリーナ」による米国の被災者を支援するため、最大で50万ドル(約5540万円)の援助を実施すると発表した。
このうち20万ドルは米赤十字社に資金供与。物資援助は、米政府から要請があった場合、フロリダ州にある日本の備蓄倉庫から簡易水槽、テント、毛布、発電機などを30万ドル相当まで提供する用意があるとしている。(nikkei net)

■コンピューターウイルス対策ソフト大手の英ソフォスは2日までに、米国を襲ったハリケーン「カトリーナ」のニュース速報に偽装した悪質な迷惑メールの出現を確認した。(時事通信)

■米ルイジアナ州ニューオーリンズを直撃したハリケーン「カトリーナ」の被災者約100人がユナイテッド航空の支援機で1日午後、イリノイ州シカゴのオヘア空港に到着した。シカゴ・トリビューン紙が伝えた。何人かははだしのままで、服がぼろぼろの人もいたという。(時事通信)

■ハリケーン「カトリーナ」の最大の被災地となった米ルイジアナ州ニューオーリンズ南西部で二日早朝、複数の爆発音があり、火災が発生。市街地の別の場所でも火の手が上がった。被災から三日以上が経過した現地では、数千人とされる犠牲者の遺体収容作業も進まず、「無法状態」に拍車がかかっている。(東京新聞) 

■ニューオーリンズ市内からは2日朝までに1万数千人が隣のテキサス州に移送された。だがまだ多数の住民が取り残されたままで、治安が悪化。国防総省が3000人の正規兵士の派遣を検討するなど、州兵と合わせ合計5万人の兵士が復興と治安維持にあたる見通し。また衛生状態も悪化。医薬品の供給が難しく、ルイジアナ州のブランコ知事は2日未明、同市内の病院をすべて閉鎖し、患者を別の地域に搬送する方針を示した。(nikkei net)

■ハリケーン「カトリーナ」の被災地ルイジアナ州ニューオーリンズでは2日朝までに、州兵が続々と到着、ブランコ州知事は無法集団に対する「戦闘開始」を宣言した。しかし、住民の避難活動や救援物資の搬入は進まず、被災地の混沌は深まるばかりだ。ネーギン市長は「物資は一体どこだ」と連邦政府の対応にいら立ちをあらわにした。(時事通信)

■石油生産施設が集中する米南部を襲ったハリケーン「カトリーナ」の影響で、全米でガソリン価格が急騰している。被災地周辺や米中西部などのガソリンスタンドでは、買いだめ客が殺到したことに加え、店頭への輸送が追いつかず、閉鎖する店舗が相次いでいる。便乗値上げも出ており、車社会である米国の市民生活に深刻な影響を及ぼすのは必至だ。(時事通信)

■ブッシュ大統領は2日午前、ハリケーンの被災地アラバマ州モービルに到着。被災地の惨状について、「メキシコ湾岸全体が、想像もできないような最悪の兵器によって消されたようだ」と述べた。
そのうえで、連邦政府は被災者に対して食糧と医薬品を確実に提供すると強調し、復旧作業に全力を挙げる方針を表明した。
大統領はまた、「われわれにはこの混乱を収拾する責任がある。うまくいっていないことがあれば、うまくいくようにする」と述べた。(読売新聞)

■ブッシュ米大統領は2日、ハリケーン「カトリーナ」の甚大な被害を受けたルイジアナ、ミシシッピ、アラバマ各州を訪問した。大統領は「わが国は長期間にわたって被害に注意を払う必要がある」と述べ、被災地の復旧に忍耐強く取り組む姿勢を示した。
大統領は、市内の大半が水につかったニューオーリンズ上空から視察したのち、近くのミシシッピ州ビロクシーを訪れ、家を失った住民らを激励した。
米国内ではブッシュ政権の被災地対策に批判が集まっており、大統領自身、訪問先で「(支援の)成果には必ずしも満足していない」と発言。州兵約1200人が2日にニューオーリンズに到着したことについて、「州兵は食糧と医薬品がそれを必要とする人々に確実に届くようにしなければならない」と話した。
ただ、米国がイラクでの戦闘の継続とハリケーン災害からの復旧の両方を行うことができるのか、との問いに対しては、「われわれは両方を遂行するに足る十分な力がある」と答えて、米軍のイラク駐留はあくまで継続する方針を強調した。(読売新聞)

■ハリケーン「カトリーナ」の被災地ルイジアナ州ニューオーリンズに2日、救援物資を積んだ州兵の輸送部隊がようやく到着、ハリケーン上陸から4日ぶりに食料や水が搬入された。(時事通信)

■ハリケーン「カトリーナ」による大規模被害を受けた米ルイジアナ州ニューオーリンズでは2日、救援活動がようやく本格化。市内のコンベンションセンターに避難し、水や食料不足で絶望的な状況に陥っていた約1万5000人にも、被災5日目で初めて支援物資が軍用トラックで届いたが、救援を待つ人は依然5万人を超え、軌道に乗るまでには時間がかかりそうだ。
冠水も続き、米軍高官は市内の水の排出には36-80日かかるとの見通しを示した。略奪も収まっていないという。(共同)

■米民間調査会社のリスク・マネジメント・ソリューションズは2日、ハリケーン「カトリーナ」による経済的損失額は1000億ドル(約11兆円)を超えるとの予測を発表した。
当初、最大250億ドルとの見通しを示したが、堤防決壊でルイジアナ州ニューオーリンズ市が壊滅状態となったため4倍以上に修正した。
損失の50%以上は決壊に伴う冠水によるものと分析。少なくとも15万戸が影響を受け、これまで最大だった1927年のミシシッピ川のはんらんによる水害の被害を上回ったという。(sankei web)

■ジョン・スノー米財務長官は2日、財務省で緊急会見し、ハリケーン「カトリーナ」の影響で米経済成長が3~5か月間程度、当初の見通しより減速を余儀なくされるとの見通しを明らかにした。(読売新聞)

■著名な経済学者クルーグマン米プリンストン大教授は、2001年の米中枢同時テロ以前に連邦緊急事態管理局(FEMA)が「米国で起こる可能性の高い3つの大惨事」として(1)ニューヨークのテロ(2)サンフランシスコの大地震(3)ニューオーリンズへのハリケーン直撃を挙げて警告していたと指摘し、政府の怠慢を批判した。(共同)

■ハリケーン「カトリーナ」で大きな被害を受けた米ルイジアナ州ニューオーリンズに、日本人の女性旅行者が取り残されている可能性が高いことが2日、分かった。フランス公共ラジオが伝えた。
報道によると、女性は千葉県出身のゴタンダ・リョウさん。旧市街のホテルに宿泊していたが1日朝「身の安全を保証できない」と言われ、欧州や米国内の旅行者ら約200人とともにホテルを追われた。
バスをチャーターして脱出を試みたが、州兵にバスを徴収されたため、できず、スーツケースを引きずりながら避難先を求めて市内をさまよった。
次々に変わる警官の指示に従ううちに治安の悪い地区も歩くことになり、ゴタンダさんは「こん棒を手にした地元の人たちがじっと見ていた。一生で初めて死ぬかと思った」という。(共同)

■米下院は2日、本会議を開き、ハリケーン「カトリーナ」による被災地救援費を盛り込んだ総額105億ドル(約1兆1500億円)の緊急補正予算案を可決した。上院は1日に可決しており、ブッシュ大統領が2日署名し、予算が成立した。(毎日新聞)

■市内を上空から視察したブッシュ大統領は「多くの人が救援、復旧に従事している。ニューオーリンズは再び偉大な都市によみがえるだろう」と、政府として最大限の対応を強調したが、貧困層の黒人住民が大多数を占める被災者の不満を背景に、野党民主党が政権攻撃を強め、大統領は厳しい批判に直面している。(共同)

9月1日付けの毎日新聞によると、今回、被害が甚大だった理由は、ニューオーリンズが、ミシシッピ川とポンチャトレーン湖に挟まれたすり鉢状の地形にある上、その多くが海抜下という条件が重なって浸水被害を拡大させたことだという。町を取り囲む堤防の2カ所が決壊し、湖面と同じ水位まですり鉢状の地形に水が流れ込んだ。
堤防は市内に水があふれた場合にポンプで排水するシステムを備えているが、今回は停電もあって機能しなかった。

台風とハリケーンは、生まれた場所が異なるだけで、まったく同じもの。
台風の強さは、「強い」「非常に強い」「猛烈」の3段階に分類され、今回のハリケーンは、「猛烈」に該当し、日本では、「猛烈な」台風はまだ上陸したことがないという。
今回のハリケーンがいかに強かったことかが想像されるが、大きさは、それほどでもなかったとも。

台風やハリケーンの増加や強大化は、地球温暖化が一因とも言われる。
快適で便利な生活を享受できることの反面として、私達がこうむるべき当然の罰なのか。



banner_02.gif
katrina
2005年09月02日 (金) 23:44 * 編集
被害は、日本の本州に匹敵する面積だという。
「カトリーナ」の被害の甚大さには驚いたが、さらに驚くのは、秩序の危うさである。


大型ハリケーン「カトリーナ」の最大の被災地、ルイジアナ州ニューオーリンズでは水や食料不足が続き、入院患者や体力のない「弱者」の死亡の危険が高まっている。強奪事件など治安の悪化も深刻化し米政府は州兵4200人の追加派兵を決定。ブランコ同州知事は「戦闘開始」を宣言し、武装集団には射殺も辞さない方針を明らかにした。

ロイター通信によると、市内の病院では、重症患者が死の危機にさらされている。いずれの病院もライフラインは停止し酸素の供給や投薬、消毒などができず、患者の症状が悪化している。

米軍のヘリコプターは1日、市内の入院患者約500人を安全な病院に搬送したが、1000人以上の患者が市内に残されたままだ。重症患者を優先的に移送しようとした病院は、病院スタッフや警備にあたっていた兵士が強盗団に銃撃されたため、移送を中止した。

医薬品の略奪も相次ぎ、市内の病院、チャリティー・ホスピタルのスタッフはAP通信の取材に対し、「強盗に襲われる危険性があるので、患者も医薬品も上階に集中させ、救助を待っている」と話した。

一方、CNNテレビによると、同市南西部で2日午前4時半ごろ、複数の爆発音が確認され、AP通信によると、赤やオレンジ色のせん光が見えたという。その後、火災が発生したが、原因は不明。市の警察当局者は貨車数両が爆発したという。治安当局は危険物処理班を現地に派遣する準備も進めている。

AP通信によると、ニューオーリンズでは腐敗した遺体が川のようになった市内を浮遊しているという。市民の一人はAP通信の取材に、「いくつかの遺体が私の家の前を流れていった」と語った。(毎日新聞)

kata.jpg

強奪、略奪、銃撃、爆発。
知事は「戦闘開始」と言う。「射殺も辞さない」とした。
言ってみれば、今、被災地はカオスだ。

テレビのニュースは、スーパーから商品を略奪し、顔を隠しながら走り去る多くの市民を映す。
警官のような格好をした男も何かを手にしている。
秩序なんて、薄い皮で包まれていただけのように思える。
平和なんて、一瞬の誤解だったように思える。
人間なんて、いくら奇麗事を言っても、しょせんこんなものさという発言が聞こえる。

しかし、「そんなことばかりではない」というところを早く見たい。



banner_02.gif
convenience store
2005年09月02日 (金) 22:58 * 編集
いよいよ、本当の競争が始まった。

セブン-イレブン・ジャパンは3日から、コカ・コーラなど500ミリリットル入りのペットボトル飲料7種類を全国で22円値下げして125円で販売する。また、イオン系のミニストップも3日から、5種類のペット飲料を125円で販売することを明らかにした。24時間営業など便利な代わりに定価販売が常識だったコンビニが、スーパーなどの低価格商品と競争するため、値下げに踏み切る。コンビニも、ついに利益率の高い定価販売だけでは、事業運営が困難になってきた。(毎日新聞)

私達は、コンビニの便利さに金を払っていた。
他の店がすでに閉まっているのに、営業している。そこそこの品揃えもある。一定の質の店員もいる。
安売りのスーパーとの差別は、ここにあった。
しかし、出店が過剰となり、コンビニ間での競争の色合いが強まってきた。
寸胴鍋のよく使う私鉄の小さな駅の前にもセブン-イレブンとローソンがある。
私は特にどちらで買いたいという気持ちはない。どちらも同じような品揃えでサービスも変わらない。どちらで購入しても値段もサービスも同じだからだ。
コンビニは不文律のように定価販売をし続けてきたが、ここでセブン-イレブンが競争の切り札として価格競争を持ちこんだわけだ。
しかし、コンビニ間の競争というより、100円ショップなどとの新しい競争が背景にあるようだが。
セブン-イレブンやミニストップに続いて、当然、ローソン、ファミリーマートもこの競争に加わるはずだ。
いよいよ、本当の勝負となってきた。

まあ、私達には、どうでもいい。
今までの便利さを廉価で手に入れることができるのだから、これ以上いいことはないが、サービスの低下に繋がらないで欲しいと思う。
最近、とみにコンビニの店員の質が低下してるなと強く感じている寸胴鍋としては。



banner_02.gif
a cup of coffee
2005年09月01日 (木) 21:35 * 編集
まだはもう。もうはまだ。
星野さんは、コーヒー好きか、そうではないのか。


阪神の星野仙一シニアディレクターは1日、東京都内で取材に応じ、巨人の次期監督候補に挙がっていることについて「候補にのぼったのは野球人として光栄だが、まだ候補者という立場。私からコメントすることはない」と答えるにとどまった。
巨人からの正式な就任要請の有無を問われると「まだありません。そういうことは、まだございません」と否定した。(サンスポ)

コーヒー好きは、半分残ったコーヒーを見て、もう半分しかないと思い、それほど好きじゃない人は、まだ半分もあると思う。

今回の星野さんの件。
星野さんは、「まだ候補者」というが、「もう候補者なの」って感じがする。
星野さんは、「まだ、正式就任要請はない」というが、「もう非公式の就任要請はあったのかな」って感じがする。

カップに残っているコーヒーの量、本当はどの程度なのか。

あのコーヒー? さっき、渡辺さんが飲んじゃったよというのは、ホラーなのか、ホラなのか。良く分からん。



banner_02.gif

Preview * Top *