『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Lexus
2005年08月31日 (水) 22:05 * 編集
いよいよ、日本でも高級車専用ブランドと販売網が整備された。

トヨタ自動車は30日、新しい高級ブランド車「レクサス」の専用店舗を全都道府県、143カ所で一斉に開業した。北米で成功したレクサスを日本に導入し、欧米の輸入車が席巻する日本の高級車市場から、富裕層の取り込みを狙う。出店が多い3大都市圏では輸入車勢と店舗が近接する例も多く、販売競争が激しくなりそうだ。(asahi.com)

レクサス店での販売車種は、
「GS」(アリストの後継)
「SC」(ソアラの後継)
「IS」(アルテッツアの後継)こいつは、九月の販売開始。
「LS」(セルシオの後継)これは、来年の販売という。

早速、ネットで検索。
なかない良いじゃないか。アリストの後継となるGSは、アリストより、やや細身の感じだが、スポーティ感は強まった。
ISは、車格的には、アルテッツァそのものといった感じ。精悍な感じは変わらず。
SCは、ソアラのイメージを残している。ちょっと肥満気味のスポーツカーだ。

次の車は、SCにでもしようかと、価格を調べると単一グレードのみで、680万円ぽっきり。
さすが、レクサス、さすが、元ソアラである。
いい値段だ。
まあ、これには手がない。
GSはどうかと見ると、520~630万円。
さすが、レクサス、さすが、元アリストである。
素敵な値段だ。
買えるわけがない。
では、中では一番廉価と思われるISはというと、390~525万円。
さすがレクサス、さすが、元アルテッツアって言いたいけど、アルテッツァってこんなにしたっけ。

IS.jpg


まあ、寸胴鍋の車ではない。
最も、レクサスでは顧客を富裕層としているので、顧客対象に寸胴鍋は入ってはいないのだが…。

どの程度の販売実績を積むのか、ヨダレをたらしながら注目することにしよう。



banner_02.gif
スポンサーサイト

* Top *