『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
korean tragedy
2005年08月24日 (水) 22:30 * 編集
東アジア選手権の韓国戦の時に書いたけど、やっぱりって感じ。
テーハミングの再現を求められるリーダーの悲劇である。


韓国サッカー協会は23日、オランダ人のジョー・ボンフレール代表監督(59)の辞任を発表した。地元開催の東アジア選手権で最下位に終わるなど不振が続き、サポーターから厳しい批判を受けていた同監督が22日に「このままでは任務を続けられない」と申し入れ、同協会が23日の技術委員会で了承した。
昨年6月の就任から14カ月で退任することになった同監督は「(ホームで敗れた17日の)サウジアラビア戦後に辞任を決意した」と説明。技術委員会のメンバーも「協会から辞任の要請はしていない」と話した。だが、韓国メディアは10カ月後のW杯本大会をにらんだ協会による事実上の解任だったと報道。同監督は「試合前に2~3週間選手を拘束できないなら、次の監督も同じ問題に直面する」と批判した。(スポニチ)

ボンフレール代表監督は、「誰が監督しても同じ」といった主旨の発言をしているが、そうでもないのだろう。
テーハミングの頃は、フース・ヒディンクが監督だった。今、彼は、オーストラリアの代表監督だという。
もう一度お願いするか。
いずれにしても、勝ち続けることが命題の監督業というのは、サッカーに限らず、大変だ。
果たして、星野さんは、巨人監督を請けるのだろうか。



banner_02.gif
スポンサーサイト
andreas grassl
2005年08月24日 (水) 22:23 * 編集
ゲイのドイツ人のピアノマン騒動。

氏名、アンドレアス・グラッセル。
年齢、20歳。
出身、ドイツ南部バイエルン州・プロスドルフ村。
得意科目、フランス語と生物学。
趣味、インターネット。
友人、少ない。

piano.jpeg

■近所の人
「知的な子どもだった。父親の農場は大きくて50人ぐらいの従業員がいた」

■同級生だったステファン・フーターさん
「彼とサッカーもやったが、ゲイだとは知らなかった。この村からそんな人が出るなんて」

■父親
「そのうち息子は何かを話すはず」
「体験を語る精神状態にない。息子をメディアから守らなければならない」
「私を愛していると言ってくれる。見違えるようだ。英国の医者は奇跡を起こした」

■ご本人
「元気だよ。ぼくの写真が世界中に流れ、有名になったの知ってる?」父親と再会して。
「ほとんど記憶がない。分からない」

まあ、目くじらを立てるほどのことじゃない。
誰だって、あるじゃないか。ホントのことを言おうとして、機会を窺っていたら、チャンスがなくて言えなかったってことが。
今回は、それがたまたまワールドワイドで展開されてしまっただけだ。

しかし、そうは簡単には済まないようだ。
アンドレアスさんには、今回の騒動のツケとして、多額の入院費の返還を求められる可能性があり、その額、350万円とも言われている。

たぶん、彼は早晩、芸能界デビューするだろう。
そのときには、皆で目くじらを立てよう。



banner_02.gif

* Top *