『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
a bigger bang
2005年08月22日 (月) 23:36 * 編集
ワールドツアーも敢行か。
合わせて、245歳、平均年齢61.3歳のロッカーは、世界をロックし続ける。


英国の大御所ロックバンド、ローリング・ストーンズが3年ぶりの北米ツアーを米ボストン市で21日開始した。
「ア・ビガー・バング」と題したこのツアーでは北米37都市でコンサートを行う予定で、入場券が400ドル(約4万円)と高額でありながらほぼ完売状態。世界ツアーの話も進んでおり、来日公演は3月か4月に東京ドームでコンサートを行うと言われている。
ミック・ジャガー(62)、キース・リチャ-ズ(61)、チャーリー・ワッツ(64)とロン・ウッド(58)のメンバーで構成されるストーンズは結成43年目になるが、まだまだ元気な現役バンド。9月6日に発売されるニューアルバム「ア・ビガー・バング」の収録曲「スウィート・ネオ・コン」は、ポール・ウルフォウィッツ前国防副長官ら、イラク戦争を主導した新保守主義者を批判する内容と言われ注目を浴びている。(毎日新聞)

stones.jpg

彼らのコンサート・チケットは、3回買ったことがある。
そのうち、一度は、彼らが麻薬かなんかの疑惑で来日できなかったので、結局、ライブは2回見ている。いずれも東京だ。
一度は、東京ドームだった。

演奏も中盤に差しかかった頃、ドームに入る前にしこたま飲んだ生ビールのせいで、尿意をもよおした。トイレに行くには、東京ドームの階段状の客席を登りきり、売店等が並んでいるフロアーに出る必要がある。
そのフロアーに出て驚いた。
白人のグループが輪を作り、必死になって踊っていたのだ。ストーンズが演奏しているステージには目もくれないで、踊りまくっている。
周りの日本人は、見逃しちゃいけないとばかりに、じっーとステージを見つめて、せいぜい体を揺らす程度である。
小便をしながら、「あー、なんと贅沢な楽しみ方だろう。ストーンズの生演奏をバックに踊りまくるなんて」とつぶやいた。

今回も、来日したら、出かけていくことにしようか。しかし、4万円じゃねぇ。
もったいなくて、踊ってなんていられない。直立不動で瞬きもせず、彼らを見つめ続けるようだろう。それも、オペラグラスを覗きながら。

なお、8月21日のフェンウェイパークでのセットリストは以下。


1.Start Me Up
2.You Got Me Rocking
3.Stattered
4.Tumbling Dice
5.Rough Justice
6.Back Of My Hand
7.Beast Of Burden
8.She's So Cold
9.Heartbreaker
10.Night Time --- Introductions
11.The Worst
12.Infamy
13.Miss You
14.Oh No, Not You Again
15.Satisfaction
16.Honky Tonk Women
17.Out Of Control
18.Sympathy For The Devil
19.Jumping Jack Flash
20.Brown Sugar
21.You Can't Always Get What You Want (encore)
22.It's Only Rock'n Roll (encore)


banner_02.gif
スポンサーサイト

* Top *