『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
aegis
2005年08月21日 (日) 21:14 * 編集
8年ぶりか。映画館で映画を見てきた。
「亡国のイージス」。


公開中の映画「亡国のイージス」(阪本順治監督)が観客動員100万人、興行収入13億円を突破したことが17日、分かった。配給元の日本ヘラルド映画が発表した。先月30日に封切られ、公開18日目での記録。観客の中心だった中高年層から若年層へと広がりも見せ、お盆以降、再び動員も増しているという。(sankei web 8/18)

上映館は、200名弱収容のものだったが、およそ9割方がうまっていた。
隣で、「妖怪大戦争」を上映していたこともあって、子供はいなかった。

冒頭から、小説を読んでいない人には、理解できないんじゃないかなと思ったが、後で、連れに聞くとそうでもなかったようだ。
寸胴鍋も原作を読んでから1年近く経つので、細部は忘れていたが、原作の味やトーンをなかなか良く表現できていると思った。
しかし、原作はかなりの長編である。それを2時間強に収めるために、表現でききれていない部分も当然ある。また、正直、映画だけだと理解できないシーンがあった。
鑑賞の前でも、後でもいいから、一読することをお勧めしておこう。

ところで、読んだことのある小説が映像化されると、自分の描いていたイメージと映像のギャップにがっかりしたり、意を強くしたりするもの。
今回の作品で言うと、主人公の先任伍長(真田広之)は、もう少し年をとった落ち着いたイメージだったが、真田では、格好が良過ぎ。
しかし、如月行(勝地涼)は、イメージ通りであった。ナイフのような人物が上手く表現できていた。
あとは、原田芳雄の首相役はどうかなと思ったり、岸部一徳は相変わらず芝居全体を壊すなあといった印象。

映画館で見る映画は8年ぶりと書いたが、邦画となると10数年ぶりだろう。
最近は、映画といえば、DVDをホームシアターで見ているが、やはり圧倒的な映像や音響の迫力という点では映画館に軍配が上がる。
たまには、出かけていくことにしよう。但し、上映時間は2時間が限度である。
情けないことに、ニコチンが切れてしまう。



banner_02.gif
スポンサーサイト
hirayama in heracles
2005年08月21日 (日) 12:40 * 編集
スコットランドリーグの中村は、オールドファームでは不発だったなあ、などと残念がっていると、オランダリーグから驚きの一報だ。

サッカーのオランダ1部リーグ、ヘラクレスに加入した平山相太は20日、アウエーで行われたデンハーグ戦で後半途中から出場してプロデビューを果たし、2ゴールを挙げる活躍でチームを2―1の逆転勝利に導いた。
就労ビザ取得が間に合わず、開幕戦でベンチ入りできなかった平山は0―1の後半30分から登場し、同32分にFKを頭で合わせ同点ゴール。さらに同38分には左CKの折り返しを再び頭で押し込んだ。今季昇格のヘラクレスは通算1勝1分け。
平山は福岡生まれの20歳。高校サッカーの強豪、長崎・国見高から昨年筑波大に進学したが、7月末に渡欧し、ヘラクレスと契約した。190センチの長身FWとして将来を期待されており、アテネ五輪と2度の世界ユース選手権出場を経験している。(時事)

平山の話「きょうは結果が出てよかった。これからも結果を出せるように頑張りたい。ヘラクレスには獲得してくれて感謝している」(共同)

得点シーンの映像を見ると相手のマークがまだまだ甘いように見えた。これからの試合では、マークもきつくなるだろうが、ぜひ頑張って欲しい。
そうそう、日本代表の時もね。



banner_02.gif

* Top *