『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
discovery 8/7
2005年08月07日 (日) 23:42 * 編集
7日
■米スペースシャトル「ディスカバリー」搭乗中の野口聡一さん(40)は、米航空宇宙局のテレビを通じて伝えたメッセージで、実物のペンシルロケットをシャトルに持ち込んだことを明らかにした。
野口さんは、「今年は日本でロケットの実験が始まってちょうど50年。今回、50年前に打ち上げられたこのロケットをお借りして、国際宇宙ステーションに持ち込みました」と語った。
また、特に日本の子供たちに向けたメッセージとして、「大きな夢は実現までにすごく時間がかかることがあります。このロケットも、ずいぶん長い時間かけてついに宇宙ステーションまで来たわけですが、皆さんの夢も長い時間かけて、いつか実現するように祈ってます」と話した。(時事)

■スペースシャトルのディスカバリーは、8日午前4時47分にケネディ宇宙センターへ着陸する予定だ。米航空宇宙局は「今のところ機体に問題はない」としている。
ディスカバリーは高度約350キロの軌道を着陸の約1時間前に離れ、約32分前に大気圏へ突入する。機体が最高1650度まで熱くなる状態を経て、約86秒前からマイクロ波による着陸誘導が始まる。03年2月のコロンビア空中分解事故は着陸の約16分前に起こったため、機体がこの時間帯を無事に通過するかどうかに注目が集まる。
なお、着陸は同センター周辺の天候に左右される。激しい雨や雷など悪天候の時は着陸できない。その場合は天候の回復を待って約90分後に再挑戦するが、条件が整わなければ着陸を9日に延期する。
その場合も基本的に同センターへの帰還を目指す。だが悪天候が続く場合、エドワーズ空軍基地(カリフォルニア州)やホワイトサンズ試験施設(ニューメキシコ州)への着陸も検討することになる。(asahi.com)

■スペースシャトルのディスカバリーの乗員7人は、地上の管制官から「宇宙で最後の夜を楽しんで」との言葉をかけられて7日昼ごろ就寝。同日夜、アイリーン・コリンズ船長(48)にちなんで選ばれた米ヒット曲「カモンアイリーン」で起床した。
8日午前1時(同午後2時)に貨物室の扉を閉じ、その後、オレンジ色の宇宙服に着替えて着席。地球へ向かう軌道離脱噴射に備える。(共同)

■米航空宇宙局によると、着陸は8日午前4時47分の予定。着陸時は雨の可能性が残るものの、ほぼ好天が期待できるとしている。(共同)

一日一願。一日一鼓舞。
banner_02.gif
スポンサーサイト
japanese star debut
2005年08月07日 (日) 23:11 * 編集
ジャパニーズ・スターは、中盤から見事に展開する、群衆を喜ばせる、素晴らしく幅広い技術を示した。

nakamura2.jpg

サッカーの日本代表MF中村俊輔は6日、移籍したスコットランド・プレミアリーグのセルティックでデビューし、好プレーで5万6000人のサポーターの目を奪った。後半39分に交代で退くまでボールをさばくたびに拍手を浴び、この試合の最優秀選手に選ばれた。「観客の声が聞こえて自信を持てた」との言葉に実感がこもった。
ホームのダンディー・ユナイテッド戦で、トップ下で先発出場。ストラカン監督に「楽しんでこい」とだけ言われたという背番号25は、軽やかなトラップや鋭いパスでピッチを彩った。
前半1分にはヘディングシュート、同19分にはFWをGKと1対1にさせる浮き球のスルーパス、後半18分には惜しいFKで得点機を演出した。
「初戦でこれほどいいプレーをする選手を見るのはしばらくぶりだ」とストラカン監督。本人は「まだ全然動けない」と苦笑いしたが、チームが必要としていたという創造性と意外性に満ちたプレーを十分に披露した。
「体の切れとか、ワンツー(パスの精度)とか、もっと良くなる」。イタリアでの3シーズンで大きな自信を得たという27歳は、新天地でのさらなる飛躍を予感させた。(共同)

冒頭の分は、BBCsprotsからの引用である。ちなみに原文は次の通り。

The Japanese star displayed a great range of skill to please the crowd as he pulled the strings from midfield.

BBCsprotsの記事は、中村俊輔を絶賛だ。

彼は、舞台に合わせて自分を高めていくことができる選手である。そして、見る人をぞくぞく、わくわくさせるプレイができる選手でもある。
次々とステップを高めていって欲しい。だから、次こそは、スペインだ。


(BBCsports)

一日一興奮。一日一鼓舞。
banner_02.gif
football in Korea
2005年08月07日 (日) 22:40 * 編集
中沢のシュートは、左足のアウトサイドキックで器用に押し入れたもので、相手キーパーの狭い股間を抜いたプレイであった。後半は、やや韓国チームの疲れを感じさせる中で、日本チームの覇気を感じた。

nakazawa.jpg

サッカーの東アジア選手権最終日は7日、大邱ワールドカップ競技場で2試合を行い、日本は韓国を1―0で破り、1勝1分け1敗で2大会連続の2位となった。中国が2―0で北朝鮮に快勝し、1勝2分けで初優勝した。1勝1分け1敗の北朝鮮は日本に得失点差で劣り3位で、2連覇を狙った韓国は2分け1敗で最下位。
既に優勝の可能性がなくなっていた日本は、控え組のメンバーを主体に臨んだ。韓国の猛攻をGK土肥(F東京)の好守などでしのいだ一方、後半43分に右CKを途中出場の中沢(横浜M)が決めた。(共同)

この大会、終わってみれば、1勝2分けの中国の優勝。
日本は1勝1分け1敗の勝ち点4。同じ勝ち点の北朝鮮を得失点差で1上回り2位となった。
韓国が、2分け1敗で最下位となった。韓国の自信無げな監督は更迭かもしれない。
日本は、旧日本代表による第一戦、北朝鮮との負けが痛かった。
この大会の成果としては、若いメンバーの中に高い可能性を秘めた選手がいると分かったことだ。田中や巻などは、今後、欧州組が代表メンバーとしてラインナップされたとしても、彼らの前で伍して戦えそうだ。少なくも、柳沢や鈴木より期待度は高い。



一日一蹴。一日一鼓舞。
banner_02.gif
schedule for tomorrow
2005年08月07日 (日) 15:53 * 編集
明日の予定。

■国内政治
午前11時…衆議院運営委員会理事会、開催
午後12時…衆議院運営委員会、開催
午後12時30分…参議院運営委員会理事会
午後12時40分…参議院運営委員会、開催。議案の確認
午後1時…参院本会議開会
午後1時45分…郵政法案 否決
午後3時…臨時閣議の開催、衆院の解散決定。柴田雅人内閣総務官が皇居へ
午後5時…衆院本会議で河野委員長解散詔書を朗読

■サイエンス
午後5時46分…シャトル、米フロリダ州のケネディ宇宙センターに着陸。

■スポーツ
横浜の佐々木主浩投手(37)が故郷の仙台市で引退会見。

■エンターテイメント
鈴木亜美のチャットイベント第3弾の応募締め切り日。18:00まで。
桂文珍、大阪・なんばグランド花月で毎年8月8日に行っている独演会を開く。今年で23回目。

■IT
おサイフケータイを使った裏原宿活性化計画スタート。

■暮らし
瓦工事施工業者の全国団体「全日本瓦工事業連盟」が、「屋根の日(8月8日)」に合わせ、キャンペーンを開始。訪問販売による悪質な住宅リフォームをなくそうと、専門家による相談コーナーの設置や瓦ぶき実演などのイベントを各地で開催。

■寸胴鍋
夏休み。どこへ行く計画も特段になく、怠惰に、無為に過ごす。


一日一日程。一日一鼓舞。
banner_02.gif

strange person
2005年08月07日 (日) 11:48 * 編集
森氏の最後の談判。
首相公邸における1時間20分の会談の再現(一部推定含む)。


首相は、冷蔵庫から外国産の缶ビールを抱えてきた。

小泉「肴はこれしかないんだ」小泉は、テーブルの上のひからびたチーズとサーモンを笑って勧めた。

森「…ごっ、ご馳走じゃないか」寿司くらい出てくると思った前首相は詰り、苦笑いを浮かべた。

小泉「まあ、ビールで喉を潤してください」テーブルの上の外国産缶ビールを進める首相。

森「よく冷えていそうだね」

ビールを飲み干す二人。
しばしの沈黙の後、前首相は説得にかかる。

森「首相も、良く知っているように、みんな解散を回避するため努力している」

小泉「俺だって、なにも好んで解散するわけではないよ」

森は、サーモンを口にしたが、硬くて食べられなかった。

森「反対の人まで賛成して、それで解散をやって、その人たちを苦しめて何の意味があるんだろうか」

小泉「可決されれば問題ない。そのためにも森さんにも強力なバックアップをして欲しい」

森「党も国民も心配している。もう少し、何か知恵があってもいいんじゃないか。この時期に選挙をして、どういう意義があるのか」

小泉「そういうことではない。郵政民営化は、俺の信念だ。殺されてもいいぐらいの気構えでやっている」首相は、森氏の手を握り、「頼む」と力を込めた。
前首相は、テーブルの上のビールに手を伸ばし、小泉の手を振り払った。

森「法案可決で努力した人たちが解散で路頭に迷ったら、どう責任を取るつもりかね」

小泉「俺は総理大臣だ。郵政民営化をずっと言い続けてきた。絶対に可決する。可決のため努力してくれ」

森「内外には解決すべき懸案が山積している。国連、六カ国協議、北朝鮮、プーチン露大統領来日、予算、経済もある。今、解散すべきではない」

小泉「だからこそ、可決させて欲しい。」

すでに、小泉が持ってきた缶ビールは全て空いた。手持ち無沙汰になった森が首相に請う。
森「冷蔵庫に何かないのか」

小泉は、ウーロン茶を持ってきた。
小泉「これがあった」

森「政治空白は避けなければならない。これだけは政治家として容認できない」

小泉「可決してくれれば問題ない」

森「やっちゃいかん」

小泉「何度も言うが、俺だって、好んで解散するわけではない」

森は、切り口を変えて説得する。
森「今の情勢だと、総選挙に踏み切れば自民党が野党に転落しかねない」

小泉「話の順序が違う。まず、可決するよう努力すべきだ」

森「もういっぺんよく考えてみてくれんか」

小泉「変わらない。信念だ」

すでにウーロン茶も飲み干した。

森「もう、だれもあんたにはついていけない」

小泉「分かっている。俺は非情なんだ」

森「あなたは変人以上だな」

小泉「それでいいんだ」


二人は、缶ビールを10本飲み干したという。
注目すべきは、会談後、森前首相は、記者に外国産の缶ビールとチーズとサーモンしか出なかったことを説明したというが、その際、左手に握りつぶしたビールの空き缶、右手にはチーズがあったということだ。普通、こんなとき干からびたチーズを持ち帰るものか? たぶん、激論の末、激昂した森前首相が、そそくさと席を立ったのだろう。

自民党をぶっ壊すと登場した首相、本当にぶっ壊すのか、或いは、解散を振りかざして反対派に対する動揺をかけようとしているのか。
ただし、森氏の発言は、小泉首相の固い決意をあらためて表明示することで、賛否で揺れる参院議員や総選挙に動揺している衆院議員に揺さぶりをかけるのが真の狙いとの穿った見方もある。これが真意だとすると森氏はタヌキの縫いぐるみを着たキツネ役であり、会談内容もまったく違ったものであったろう。
いずれにしても、審判は明日下る。



一日一呆。一日一鼓舞。
banner_02.gif

* Top *