『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
yuan
2005年07月21日 (木) 22:50 * 編集
予想より早く、予想より低かった。

中国人民銀行(中央銀行)は21日夜、人民元レートを事実上米ドルに固定している為替制度を廃止し、同日午後7時から、それまでの1ドル=8・2765元から、1ドル=8・1100元に2%切り上げるとともに、米ドル、欧州ユーロ、日本円の3大通貨に一定割合で連動すると見られる「通貨バスケット制」を採用したと発表した。
ただ、導入する通貨バスケット制では、日々の変動幅は、中央値の上下0・3%ずつ、合わせて0・6%と小幅にとどまる。(読売新聞)

2%程度では影響は少ないだろう。アメリカの批判をちょいとかわすのが狙いだ。
しかし、今後、このような切り上げを数度に亘り実施していくと様相は変わるだろう。
中国の低廉な労務費を求めて進出していった日本企業は戦略の転換を求められるだろうし、中国市場そのものの見方も変えなくてはならない。
とりあえずは、静観。但し、シュミレートはしておこう。



一日一元。一日一鼓舞。
banner_02.gif
スポンサーサイト

* Top *