『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
next target is japan
2005年07月09日 (土) 23:31 * 編集
2つ目の犯行声明が出た。ロンドン同時爆破テロの続報である。

■ロイター通信は8日、米当局者の話として、国際テロ組織アル・カーイダを率いるビンラーディンがヨルダン人テロリスト、ザルカウィ容疑者に「欧州での攻撃」を指示していたと報じた。
同容疑者は、イラクでの反米攻撃に加わっていた戦闘員を英国に送り返し、ロンドン同時爆破テロを実行させた可能性があるという。(読売新聞)

■地下鉄現場の状況からして、行方不明者の生存はほぼ絶望視されていて、犠牲者は、警察当局が同日までに死亡を確認した四十九人を大幅に上回るとみられている。
AP通信によると、バス爆破の実行犯とみられる人物は二十歳代の男性で、爆弾を運搬中に誤作動させてしまった可能性があるという。英紙タイムズは、捜査当局がバス爆破による死者の遺体をDNA鑑定して、実行犯の特定を急いでいると伝えた。(中日新聞)

■ロンドンの同時爆破テロで、アルカイダ関連組織「アブハフズ・アルマスリ軍団」を名乗るグループが9日、インターネット上に犯行声明を出した。同組織は約200人の死者を出した04年3月のマドリード列車爆破テロにあたっても声明を出した。
同組織はマドリードのテロ後に出した声明で「次はどこか、日本か米国か。それともイタリア、英国か」と警告していた。(asahi.com)

■同時爆破テロ事件でロンドン警視庁は9日会見し、これまで7日朝の約30分の間に連続して起きたとみられていた地下鉄3列車の爆破について、同日午前8時50分ごろ、数秒の差でほぼ同時に起きたと明らかにし、時限爆弾の可能性が高まったとの見方を示した。(毎日新聞)

■捜査当局は、地下鉄各路線に乗降する際に使われた当日の切符約100万枚の指紋採取に乗り出し、監視カメラ映像の分析に全力を挙げている。(共同通信)

■9日のインデペンデント紙は、英警察当局がロンドンの同時爆破テロに関与した可能性があるとして、モロッコ出身で英国在住のイスラム過激派指導者モハマド・アル・ガルブジ師の足取りを追うようフランス、ベルギーの捜査当局に求めたと伝えた。(読売新聞)

■都は11月、核物質などをばらまく爆弾(ダーティーボム)投下を想定した図上訓練を実施する予定。その中でターミナルなどでの爆弾爆発への対応も検討している。また都営地下鉄の車両や駅構内の巡回強化に伴い、民間警備員を増員する方針。都は7日夜から、四段階に分けた災害対応態勢レベルを下から2番目の「情報連絡態勢」にし、警視庁や陸上自衛隊などから情報収集。都営地下鉄や都営バスの警戒を強化している。(共同)

犯行声明が2つあるというのもおかしな話だが、最初の方はガセであろう。今回、アルカイダ関連組織「アブハフズ・アルマスリ軍団」が出した声明が本物ではないか。

「軍団の聖戦士が異教徒の首都、英国の首都で次々に攻撃を実行した。死傷者が出たことを神に感謝する」
「イスラム教徒の地に平安が訪れるまで我々は沈黙しない」
「我々の警告は空に消えていたわけではない。始まりはマドリード、イスタンブールだった。そして今日ロンドンだ」

彼らが、マドリードのテロ後に出した声明では、「次はどこか、日本か米国か。それともイタリア、英国か」と警告していた。日本、米国、イタリアを跳び越して、G8を狙って英国で実行したことになる。
「我々の警告は空に消えていたわけではない」という彼らの声明は刃物のように鋭く響く。
次は日本かもしれない。米中枢同時テロの容疑者グループが所有していたパソコンから新幹線や浅草寺を撮影したファイルが押収されているという。

彼らの警告を空に消すにはどのような方法があるのだろうか。
暗澹たる思いになる。



一日一慄。一日一鼓舞。
banner_02.gif

スポンサーサイト
life with a tax
2005年07月09日 (土) 22:06 * 編集
今日、愛車を車検に出した。最初の車検でもあり、車を購入したトヨタのディーラーにお願いした。
整備係の空いた時間帯に事前予約を入れておき、自分で車両を待ちこむ、「スピード車検」と言われるものである。1時間程度で終わる。この方法だと、定期点検代等が4割引きになる。


自動車販売会社「函館トヨペット」が、車を検査していないのに車検に合格させる「ペーパー車検」をしていたとして、函館中央署は5日、道路運送車両法違反容疑などで同社美原店の元工場長の楠原一晃容疑者(33)と元自動車検査員4人を逮捕した。
楠原容疑者は「自分がやった」と話し、検査員らも「工場長の指示でやった」と容疑を認めているという。
調べでは、5人は2003年8月から今年4月にかけ、市内の中古車販売会社などから車検を依頼された乗用車8台について、整備や点検を全くせずに保安基準に適合しているとの虚偽の書類を作成して函館運輸支局に提出、不正に車検証の更新手続きをした疑い。(共同通信)

函館トヨペットでは、23台について全く車検を実施していないか、一部しか実施せず、通常、2万5000円~3万円の車検費用を1万円以上安い値段で請け負っていたとのことである。

ウム、本日の請求書を改めて見ると、整備料のほかにエンジンオイル及びフィルター交換、ブレーキフルード取替などとある。
私は作業を見ていなかったので、本当に整備をしたのかどうかは確認できなかったし、分からない。ム?。
部品やオイル等を本当に交換したかどうかは見えないし、分からない。ムム?。
今回の持ち込み車検は、定期点検代等が40%オフとなっている。ムムム?。
おお、函館トヨペットと符合する点が…。
おっと、いけない。いけない。
そんなに疑心暗鬼になっては、いけない。

ところで、今回の車検には14万円強掛かった。このうち、法定費用だけで9万円。その内訳は、自賠責保険が3万円弱、リサイクル料金が1万円強、そして、重量税が5万円ちょいである。
重量税とは何か、実に高い。
ガソリン代に含まれている税金を含め、車の購入やその維持に掛かる税金、私は、一体いくら支払っているのだろうか?
と何気にタバコに火をつけると、タバコにも税金が掛かっているのであった。



一日一税。一日一鼓舞。
banner_02.gif

gal for portable shrine
2005年07月09日 (土) 20:30 * 編集
1981年からというから、14年の歴史だ。
今年も地域の振興と大阪文化の高揚、明るく楽しい街づくりを目指して、ギャルみこしが始まる。
ダウンビートで思いっきり弾けようぜ。


24日に幕を開ける天神祭に花を添える「ギャルみこし」の選考会が9日、大阪市内で開かれ、書類選考を通過した16~28歳の女性約150人が担ぎ手を目指し、体力テストや自己PRに挑んだ。
女性たちは、両端に俵をつるした重さ70キロの棒を肩に担ぎ、足をふらつかせながらも体力をアピール。25本のマッチ棒を鼻の穴に入れたり、25個の洗濯挟みを腕や顔に付けるなど、体を張った隠し芸を披露し、PRするつわものも。
大阪市のほか京都府、兵庫県などから約270人が応募。選考会で決まった約70人が23日、みこしを担いで天神橋筋商店街を練り歩く。(共同通信)

天神祭みこしギャル公式サイトには、みこしの担ぎ方が載っている。

首と肩をみこしの棒にピッタリつけ、それがずれないように棒に腕をまきつけて、しっかりロックしましょう。重いからといって足はつっぱっていませんか?
みこしは基本的にダウンビートなので膝は少しまげてゆとりをもたせましょう。
さあ、ワッショイの掛け声とともに出発です。「あれ~真っすぐ進まない!!」
ご心配なく。男性の指揮者数名が皆さんをサポートします。
進路を気にせず思いっきり弾けてください。疲れてきても観衆の声援で元気100倍!!
あとは、みこしの動きに体をまかせて天神祭りギャルみこしを堪能して下さい。

7月23日の本番時は休憩ポイントも多数用意されています。
各町会の皆さんがお世話してくれます。ただ、お酒は飲みすぎないようにね。
あとで楽しい懇親会がまっているから。

20050709203218.jpg

<天神祭みこしギャル公式サイト>

一度、拝みたい。

一日一担。一日一鼓舞。
banner_02.gif


* Top *