『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
hard stealing and soft one
2005年07月06日 (水) 23:12 * 編集
窃盗にも、硬軟二つある。

北海道警は5日、中国籍で住所不定、無職丁長林容疑者(43)を窃盗の疑いで再逮捕した。
丁容疑者は中国人窃盗グループのリーダーで、グループは2003年1月ごろから04年9月までの間、東京都など24都道府県でマンション高層階の部屋に侵入、現金などを盗む犯行を328件繰り返していた。
被害総額は約5億9000万円に上るという。道警などではこれまでに、日本人を含むグループの58人を窃盗や詐欺容疑で逮捕している。(読売新聞)

旅行会社「クラブツーリズム」のインターネットサイトに不正に侵入して約9万人分の顧客情報を引き出したとして警視庁は、中国籍で私立大学3年生、郁華容疑者(27)を不正アクセス禁止法違反の疑いで逮捕したと6日発表した。「カカクコム」(文京区)など14社のサイトに侵入し、計約52万件の個人情報を抜き出したとみられる。同庁は、この一部を転売したとみているが、今のところ情報の悪用は確認されていないという。(asahi.com)

ところで、この学生が、インターネットサイトに不正に侵入した方法は、「SQLインジェクション」という手法だそうだ。なんでも、サイトの欠陥をついて、外部から不正な命令を入力してデータベースを直接操作するという。そして、攻撃に使ったソフトは、中国語のインターネットサイトから入手したとのこと。

素人が、しかも、こんなに簡単にできちゃうのだ。
情報を取り扱う側に猛省を促したい。
個人情報保護法などと声高に言われるけど、元がザルのように対応ではお話にならない。


一日一盗。一日一鼓舞。
banner_02.gif

スポンサーサイト
price competition
2005年07月06日 (水) 22:41 * 編集
ブラウン管の時代、カラーテレビは、一インチ一万円という相場があった。
しかし、液晶やプラズマの時代になって、テレビの価格は上昇し、一インチ一万円という相場はなくなってしまったが、ここ1~2年でかなり軟調となり、ついには一インチ3千円の時代が来た。


総合スーパー大手のイオンが8日から32型液晶テレビを税込み10万円で売り出す。台湾の大手メーカー、東元電機との共同企画で、国内で最安値になる価格破壊。
税込み10万円の価格は他メーカーと比較し、半額の価格帯。東元が1万台を一括生産し、イオングループのジャスコやサティ、カルフールなど計約390店のほか、ネットを通じて販売する。(zakzak)

しかし、一インチ665円というのは、時代を先取りしすぎた。

家電量販大手の「ベスト電器」(福岡市)がインターネット上で、液晶テレビの価格を1桁少ない1万5300円と掲示し、注文が殺到していたことが6日、わかった。ただ、売買が成立する前に発覚したため、幸運を手にした人はいなかったようだ。
ベスト電器によれば、誤った価格は「ベスト電器新宿店ネットショップ」で、5日午後10時ごろから掲示された。ソニーの23型デジタルハイビジョン液晶テレビ「ベガ」の価格を15万3000円(税込)と表示するはずが、「単純な入力ミス」で、1万5300円と掲示してしまったという。(zakzak)

以前、PC販売でこのようなミスがあり、そのときには、誤ったままの金額で販売したような記憶があるが、今回は無理なようだ。


一日一インチ。一日一鼓舞。
banner_02.gif


* Top *