『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
piano man
2005年07月04日 (月) 22:37 * 編集
フランス出身の路上ピアニスト?
カナダの記憶喪失男性?
チェコのキーボード奏者?
ドイツ人?
ノルウェー人? そうそう、彼はまだ身元がはっきりしていないのだ。


英南東部シアネスの海岸で保護された身元不明の男性「ピアノマン」について、ノルウェー出身ではないかという新情報が浮上した。3日付メール・オン・サンデーによると、治療を行っている病院側が世界中の言葉を1カ国ずつピアノマンに話しかけたところ、ノルウェー人通訳の言葉に他の国にはない反応があったという。さらに、世界地図を広げたところ、ノルウェーの首都オスロの部分を指さしたことから、病院側はピアノマンがノルウェーと何らかの関係を持っているとの見方を始めた。
ピアノマンは4月7日に保護されて以来、約3カ月間言葉を話さない状態が続いている。これまで1000件以上の情報が提供されているが、身元特定の手掛かりは見つかっていない。(nikkan sports)

世界は小さくなったはずだ。ネット社会だし、情報化社会でもある。
地球の隅で起きた事件も、翌日には映像が送られてくる時代だ。
なのに、なぜ、まだ、彼の身元は特定できないのか。オカシイではないか。

私には確信めいた一つの解がある。しかし、書くのははばかれる。
書いても良いとは思うが、馬鹿にされるのがいやだ。
書いても良いのだが、明日から「寸胴鍋の秘密」を読まれなくなるのがいやだ。

くずくず言うな、書けって。
分かりました。

彼は、宇宙人です。言葉を話さないのではなく、話せないのです。
英南東部シアネスの海岸から、数十キロの海面に円盤が落ちてしまって、仲間は、皆サメに食べられてしまったのですが、彼だけはなんとか助かったのです。

あーあー、だから、書きたくなかった。

しかし、マジな話、なぜ、判明しないのだろうか。
私が、記憶喪失になり、どこぞの海岸で保護されても、こんな風なのだろうか。
みんな、あまりに冷てぇーじゃねぇか。



一日一愛。一日一鼓舞。
banner_02.gif

スポンサーサイト
well done! impacter!
2005年07月04日 (月) 21:35 * 編集
喜びの声に消されてしまいそうだけど、すべての人が喜んでいるわけではないらしい。

NASAは米東部夏時間の4日午前1時52分(日本時間同日午後2時52分)、太陽を周回するテンペル第一彗星の固体部分に、無人探査機「ディープインパクト」から放出した直径約1メートルの銅製の衝突体を命中させることに成功した。
衝突の決定的瞬間の画像を、500キロ以上離れた探査機本体が撮影し、数分後に地球に送信してきた。画像は、霧状に飛び散った物質が太陽光で白く輝く様子をとらえており、TNT火薬約5トン分の爆発に相当する衝突の衝撃で彗星の表面が割れ、内部の成分が噴出したとみられ、予想を上回る大成功となった。(共同)

impact.jpg

■NASAジェット推進研究所の担当者
「予定通りの場所にぶつけられた。米国の誇りと言ってもいい」
■NASAのドン・ヨーマンス博士
「期待していたよりも派手な激突だった」
■アンドリュー・ダンツラー太陽系研究部長
「予想以上の大成功。国際的なチームワークで、素晴らしい画像を撮影できた」
■NASAの担当者
「予想以上の成功」
■国立天文台の布施哲治研究員
「衝突で噴き出したちりが確認できた。今まではすい星の表面からはがれたものの観測だったが、今回は内部をほじくり出して真の姿を観測できた」
■西はりま天文台の森淳特別研究員
「今後、すい星の変化の様子を追い掛けたい」

喜びの声のラッシュだが、こんな人もいる。

ロシアの女性占星術師マリーナ・バイさんが、NASAを相手に、彗星衝突実験で精神的損害を受けたとして約90億ルーブル(約350億円)の賠償請求訴訟をモスクワの裁判所に起こした。
バイさんは訴状で、同種の実験の中止も要求。
「NASAの行為は、私の心と命にかかわる価値観を否定し、宇宙の自然のバランスを破壊する」と主張している。(共同)

そうだろう、占星術師の商売は星があってこそ。今回のような計画が連続して実行されては、困ったことになる。ちなみに彼女の賠償請求額は、今回のディープインパクト計画の総費用(360億円)とほぼ同じである。

ところで、無人探査機「ディープインパクト」から放出した物体は、英語では、インパクターであるが、日本語では、子機(asahi.com)だったり、衝突体(共同・読売)だったり、衝撃弾(毎日)だったりしたのも面白かった。



一日一空仰。一日一鼓舞。
banner_02.gif

More...

* Top *