『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
glasses collector
2005年06月30日 (木) 22:40 * 編集
夜の奇妙なコレクター?

30日午前1時ごろ、川崎市宮前区内の路上で白い軽トラックに乗った男が帰宅途中の男子専門学校生(18)に「目が悪いんだ。眼鏡を貸してくれ」と声を掛けた。専門学校生が眼鏡を渡すと男はそのまま逃げた。
宮前区では昨年1月から、同じ手口で眼鏡などを盗まれる事件がほかにも10件発生。宮前署は同一犯による連続窃盗とみて捜査しているが「動機が全く分からない。眼鏡の収集家か…」と首をひねっている。
調べでは、被害の大半は夕方から深夜にかけて発生。路上で「眼鏡を貸して」「見せて」と声を掛け、車やバイクで逃走する手口だった。11件のうち9件で眼鏡が盗まれ、1件は携帯していたコンタクトレンズが被害に遭った。(nikkan sports)

夜だと、視力は落ちることは落ちるが、車を運転しているのだから、そんなに悪くはないのだろう。
宮前署の読みの通り、眼鏡の収集家なのか。
あるいは、仕入れに困っている眼鏡屋か?
あるいは、中古眼鏡の市場でもあるのか?
あるいは…。



一日一盗。一日一鼓舞。
banner_02.gif
スポンサーサイト
money, it’s a gas
2005年06月30日 (木) 22:10 * 編集
日本では元相撲取りの兄弟の痴話喧嘩が騒動となっているが、これは、米国版家族の骨肉の争いである。

9回も大金持ちの男性と結婚するなど破天荒な人生を送ってきたことで知られる往年のハリウッド女優ザ・ザ・ガボールさん(87)が娘のフランチェスカさんに200万ドル(約2億2000万円)盗まれたとして訴訟を起こしたことが29日明らかになった。
ガボールさんが9番目の夫で元ドイツ貴族だというプリンス・フレデリック・フォン・アンハルト氏と共同で提出した訴訟文書によると、フランチェスカさんは、このカネで邸宅を購入したという。
訴えられたフランチェスカさんはガボールさんとホテル王コンラッド・ヒルトン氏の間にできた娘で、ガボールさんは娘が他の人たちと共謀、ガボールさんの自宅の不動産ローンにからんで、カネを騙し取ったとしている。(時事通信)

やたらに金を持っているから、こんなことになる。
貧乏だったら、債務の相続があったり、様相が全く異なる。
しかし、あながち、金持ちだけがトラブルになるわけでもないらしい。
10年ほど前、親族の法事の際に来てもらった坊主が「通夜や告別式の半分くらいで、家族間のいざこざが起きているね。」と話していたからだ。
死別が縁の切れ目であり、金の切れ目が縁の切れ目である。



一日一円。一日一鼓舞。
banner_02.gif

* Top *