『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
one good news
2005年05月17日 (火) 21:59 * 編集
富山国際会議場で開かれている「日独ウイルス会議」は十六日、六氏の発表があり、県衛生研究所の永井美之所長がサルによる実験で人型に近いエイズウイルスの増殖を抑制するワクチン開発に成功したと発表した。

出席した日本、ドイツ両国の研究者から「人に適用できるワクチンの開発へ大きな足掛かりになる」などと高い評価を受けた。
国立感染症研究所(東京)の山本直樹エイズ研究センター長は「人に適用できるワクチンの開発に向け、重要なステップを越えた」と評価。ウイルス増殖を抑える効能に着目し「患者の治療に使えないか永井所長と共に研究していきたい」と述べた。

永井所長のグループが開発したワクチンは病原性のないウイルスにエイズウイルスの遺伝子の一部を組み込んだもので、エイズウイルスに含まれるタンパク質を生成する。これが体内で敵性ウイルスと認識され、免疫力を高めるキラーT細胞の生成を促進。キラーT細胞がウイルスに感染した細胞をウイルスごと破壊する。(北日本新聞)

-------------------------------------------------------
研究をさらに強力に進めて欲しいですね。
エイズがニュースになり始めた頃、これは、もしかすると人間の種としての終末かと暗い思いになったものだが、こうしたニュースは、ホント、未来を明るくしてくれる。
スポンサーサイト
blackbox car
2005年05月17日 (火) 21:50 * 編集
トヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス」がソフトの不具合で走行中に突然停止する事例が、米国内で13件発生していることが分かった。死傷事故は起きていないものの、事態を重くみたトヨタは原因追及と対策立案のための緊急調査に入った。
不具合が発生したのは2004年モデルと05年モデルの一部。米運輸省高速道路交通安全局(NHTSA)に「突然停止した」などとする報告があったほか、オンライン自動車調査会社エドムンズ・ドット・コムにも同様の例が報告されているという。
トヨタは問題となっているプリウスに「プログラムミス」があったとして、約2万4000台のプリウス所有者に最寄りのディーラーでソフトをアップグレードするよう通知した。これまでにどの程度のユーザーが要請に応じたかは不明だという。
プリウスはガソリン高を背景にヒットを続けており、今年1~4月の累計販売台数は前年同期比2.5倍の3万4000台にのぼっている。(日経新聞)

priua2.jpg

-------------------------------------------------------
ワゴンやワンボックス・カーが主流となって、すでに10年近くになろうか。
セダンはあまり売りていない。
しかし、いずれのスタイルを選択にしても、すでに車は電子制御の塊である。
つまり、ブラックボックスカーなのである。

* Top *