『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
educational data
2005年05月15日 (日) 21:06 * 編集
全国の公立小中高校などで、わいせつ・セクハラ行為で教員免許を失効した教員が、教育職員免許法の改正(03年1月)後から今年3月までの2年3カ月で、250人を超えたことが毎日新聞の都道府県・政令市教委へのアンケートで分かった。
同法は01年3月に改正され、懲戒免職者は自動的に免許が失効するようになった。
また、文科省は01年7月に神戸市で起きた中学教諭による女子中学生監禁致死事件を受け、各教委に児童・生徒へのわいせつ行為をした教職員は原則として懲戒免職とするよう通知。だが、今年4月現在、原則を明文化したのは22道県市、実質的に原則としているのが14府県市。23都府県市は原則化していない。(毎日新聞)

-------------------------------------------------------
この数字からすると、日本では3日に一人の割合で、教員がわいせつ・セクハラ行為で免許を失効していることになる。しかし、これは、その行為が明らかになり、免許が失効した人数だから、わいせつ・セクハラ行為を行っている実際の教員の数はさらに多いことが想像される。
何で、教員はこうした犯罪に手を染めるのか。
そもそも教員のこうした犯罪は、他の職業の人と比べて多いのか。

やや旧聞になるが、神戸新聞に次のような記事があった。
More...
スポンサーサイト

* Top *