『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
the air pollution
2005年05月14日 (土) 22:39 * 編集
中国の工業地域などで発生する「すす」の量が急増し、北半球の大気汚染を悪化させていることが、米航空宇宙局(NASA)ゴダード宇宙研究所の分析で明らかになった。
同研究所は、世界全体のすすの3分の2は工業活動が原因で、その半分が、中国を中心とする東アジア地域で発生していることを突き止めた。現在の最大供給源は中国地域で、排出量は70年代後半の約2倍に増えたという。

すすは、炭素の微粒子。氷や雪に降り積もると、太陽熱の吸収を高め氷を速く解かし、海氷や氷河の減少、地表温度の上昇、海流の異変など地球規模の気候変動を引き起こす可能性がある。NASAの計算によると、すすの増加量と北極の氷の減少の割合がほぼ一致するという。また、大気中の濃度が高くなると、呼吸器の障害など人々の健康にも悪影響を及ぼす。

大気汚染に悩む中国でも、ばい煙対策が奨励されているが、導入した工場は一部にとどまり、すすの排出量は増え続けている。
中国のすすは日本にも深刻な影響を与えていて、西日本上空のすす濃度は、1立方メートルあたり500~1000ナノ・グラム(ナノは10億分の1)、北米や欧州の最大汚染地域の2倍以上になるという。(読売新聞)

-------------------------------------------------------
驚くべき成長を示している中国。大量生産、大量消費国になった。人口 13億人(2005年1月現在)、面積は、960万k㎡。世界の陸地の約7%を占め、日本の26倍である。
08年の北京オリンピックに向けて、全世界から鉄鋼を集め、全世界へすすを撒き散らしている。
今後のことを考えると空恐ろしい。

中国各都市の状況は、以下の通り。ゴホンゴホン。
More...
スポンサーサイト

* Top *