『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
in to the depths of his consciousness 
2005年05月11日 (水) 22:41 * 編集
JR福知山線で脱線した上り快速電車はダイヤの編成上、宝塚~尼崎間の運転時間を16分25秒と設定され、この区間を走る快速電車の中で「最速」だったことが10日、分かった。ダイヤが過密化している同線の中でも、運転の緊張度が特に高い方の電車だったとみられる。(時事通信5月10日)

運転士への直接指導は、以前は管理職が運転席に入る形だったが、数年前から私服職員がこっそり客席側からチェックする形に変わった。過密ダイヤで遅れを出さないよう必死なのに「後ろから見られているかも」という不安もあり、精神的にきつい。(毎日新聞4月30日)

-------------------------------------------------------
大阪府の情報を扱う地方紙に「大阪日日新聞」がある。
この新聞の連載記事に、「街の駅 再発見 ~近畿の駅100選~」というのがあった。「鉄道の日」を記念する行事の一環として、近畿の鉄道事業者らで構成する実行委員会が「近畿の駅百選」を選定した。この連載は、この中から個性的な駅をビックアップし、紹介したものである。
その2003年12月3日号に尼崎駅(JR西日本)が載っている。


amagasaki.jpg

More...
スポンサーサイト

* Top *