『寸胴鍋の秘密』
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人事異動で金を儲ける男
2010年04月14日 (水) 20:50 * 編集
サラリーマンが、なぜ飽きもせず、同じ会社で半世紀近くも働いていけるのかを考えてみると、その一つの理由は、人事異動があるからだろう。
無論、行きたくない部署やしたくない仕事はあるわけだが、誰だって、入社して同じ部署や同じ仕事で40年近くも勤め上げるのは地獄だろう。
今現在、行きたくない部署にいる人やしたくない仕事に従事している人だって、人事異動があるからこそ、その間、我慢すればよいのだと考えようとする。
かように、人事異動とは、サラリーマンにとってリスタートできるチャンス、言ってみれば、希望の星なのだ。
今は4月、新しい部署や新しい仕事に燃えているサラリーマンも多いことだろう。
あてが外れ、嘆いている諸君は、もう少しの我慢だ。



厚生労働省は13日、同僚にニセの人事情報を流して現金100万円をだまし取ったとして、同省統計情報部統計企画調整室長(56)を停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。
地方への不本意な異動を取り消す名目で、現金を要求した。室長は同日付で官房付になり、依願退職した。

統計情報部によると、現金をだまし取られたのは、室長と同じ部に所属する1年後輩の男性職員(55)。室長は3月16日昼、同省周辺の喫茶店に後輩職員を呼び出し、「次の人事異動で地方に行く可能性がある」と虚偽の情報を伝えた。室長が「私のつてを使えば、現金100万円で回避できる」と持ちかけると、後輩職員は翌日、現金100万円を室長に手渡した。

室長に人事権はないが、かつて人事担当をしていた。
その後、後輩職員から相談を受けた同部内の同期職員が、今月7日に幹部に通報。事実関係を認めた室長は後輩職員に謝罪し、8日になって現金を全額返却した。(asahi com 4/13)


サラリーマンの希望の星を汚す男がいたものだなあ。
しかも、自分の部下に対してねぇ。
しかし、この室長、ケアが足りない。
人事異動が開示されたあと、後輩職員に対し、「なっ、貴方の地方への異動は回避できたろう。俺のお陰さ」とかなんとか、フォローしておけば良かったのにな。

しかし、金は動かないまでも、会社の中には、人事異動を餌にして策略する輩もいるのだろう。
この室長の発言は、「私のつてを使えば、現金100万円で回避できる」だったが、「私の仲間に入れば、回避できる」とか「○×派閥の誰それを陥れれば、回避できる」なんてのはあるンだろうな。
新聞沙汰にはならないけどね。

「金が必要だった」という室長。
彼は人事異動を飛び越えて、依願退職となってしまった。
たった100万円のために。
スポンサーサイト
参議院の投票ボタン
2010年04月05日 (月) 21:38 * 編集
民主党は1日、自民党の若林正俊参院議員の懲罰動議を参院に提出した。前日の参院本会議でNHK予算を採決する際、自民党の青木幹雄前参院議員会長の投票ボタンを隣席の若林氏が押したという。青木氏によると、途中退席で採決時には議場にいなかった。参院事務局によると、他人の投票ボタンを押したとする懲罰動議は過去に例がない。(asahi com 4/2)

若林正俊参院議員は、10回もボタンを押したのに、「魔がさした」と言っている。
この発言を聞いて思い出したのが、3月30日の日本経済新聞の春秋欄。
「アフォーダンス」について記述があった(阿呆ダンスではなく、アフォーダンスである)。
認知心理学における概念ということだが、なんでも、「モノには、人間に特定の行動を促す秘密の信号が満ちていて、この力が強い工業製品ほど、デザインが優れている」らしい。

電気ポットはここ押してねぇと訴え、冷蔵庫は早く開けてと、媚びる。
携帯電話は通話して欲しいと強請り、プリンターは印刷物を排出してねと訴求する。

なるほど。
こんな風に思わせる機器は、使う者をその気にさせる、優れたデザインを持つのだろう。
まあ、究極、工業製品で最も優れたデザインは、所有したいなと思わせるものなんだろう。

ところで、若林正俊さんをして押させてしまった投票ボタンというのは、さぞ、優れたデザインなんだろうと、ネットで調べてみると、こんなものらしい。


参議院の投票ボタン

とてもデザインとは呼べない代物だ。
ダサい。
押したいと訴求させるものなんてなにもない。
若林正俊さんがボタンを押してしまったのは、アフォーダンスによるものではなく、邪悪な心のようだ。

しかし、今後もこんな輩が国会の中をうろつくようだと、賛否の集計はあてにならない。
今後、参議院のイスには、投票ボタンと連動した着座センサーを設けるなり、ボタン装置に指紋認証システムを導入するしかないだろう。
一人の問題児のために、多くの金がかかること。
800M トラブル
2010年03月09日 (火) 21:43 * 編集

買ってから、2年半、800Mがペン軸のところから、ポッキリ折れてしまった。
写真を取れれば良かったのだが、慌てふためき、そんな配慮できず。

床に落とした、胸ポケットに入れ、満員電車で押し潰されたなんて、明確な理由があれば、納得もできるのだが、まったく理由が見当たらない。
職場でいつものようなぺんケースから出そうとした、キャップが空回りする変な感覚、外してみるとペン軸のところから二つに折れてしまっていた。

急ぎ、ネットで万年筆の修理を調べてみる。
ペリカン日本に電話で問い合わせてみる。
久しぶりにフルハルターの森山さんに電話を掛けてみる。

結局のところ、ペリカン日本に折れたペンを宅急便で送り、修理依頼をする。
「だいたい、8000円くらいでしょうか」とのこと。

翌日、ペリカン日本から、電話があった。
「保証期間中なので無償で修理させていただきますとのこと」
そう言えば、宅急便に同封したフルハルターさんの押印のある保証書に保証期間3年間と書いてあった。
2週間後、修理された800Mが届いた。

しかし、折れてしまった原因は何なんだろうか。
これが分からない限り、また、数年後、ポッキリなんてことがありうる。
今度は、確実に保障期間の外だ。

大事に使うことを心がけるしかないか。
夏休みの某日
2009年08月16日 (日) 11:38 * 編集
遠出はしない、夏休み。
久しぶりに上野へ。

ueno4.jpg

駅近くの店でうな重。

ueno5.jpg

上野動物園を目指す家族連れ。

ueno7.jpg

上野の森美術館で開催されている美術展。

ueno6.jpg

会場にて。

ueno3.jpg
ueno2.jpg

真夏の上野の森アートスクール助手展。
村山之都氏は良かった。

ueno8.jpg
中間報告。
2009年08月10日 (月) 23:21 * 編集
寸胴鍋です。
ご沙汰でした。
なんとまあ、8ヶ月ぶりのエントリーとなってしまいました。
私、忙しい日々をすごしていますが、なんとか生きております。

今週は、夏休みです。
明日は、ゴルフの予定でしたが、台風9号でキャンセルとなりました。
うむ、残念。

皆さんは、元気でいらっしゃいますか。

また、ぼつぼつと書くことにします。
謹賀新年
2009年01月01日 (木) 00:00 * 編集
明けましておめでとうございます。
今年は、100年に一度の年?
大変な年になりそうな・・・。

頑張って、自分のできるだけのことをしてみますか。
D90で撮る高尾
2008年09月28日 (日) 22:13 * 編集
9月19日の正式発売日の前日、D90を手にした。
その週の土日は天気が悪かったり、都合があったりで撮影ができなかったが、27日の土曜日、高尾に出かけた。
とあるグループが主催する、デジカメの撮影勉強会に参画した。

15名ほどのアマチュアが集まり、3時間ほど撮影したあと、プロの方に作品を指導いただく趣向である。

寸胴鍋の撮った写真を3枚ほどご紹介。


pic1.jpg

pic2.jpg

pic3.jpg

ウン十年ぶりの撮影会。
やっぱり写真は難しい。
手ぶれ防止機能がついているのに、手ブレしてたり、ピントが甘い。
何を表現したいのか、伝わらない。

もう一度、本腰を入れますか。



banner_02.gif
カメラ熱、再沸騰
2008年09月09日 (火) 21:56 * 編集
以前にもここで書いたはずだが、学生時代、写真に凝っていた。
ミノルタのSR505、その後、ニコンのF801、広角レンズを付け、街中を歩いては、シャッターを切っていた。
フィルムはモノクロばかりだったので、家で現像した。仲間が在籍していた大学の写真部の部室にお邪魔し、そこの引伸機を使って、印画紙にプリントしていた。
印画紙に焼き付けるのは結構難しいものだった。

その後、時代は、デジタルへ移行し、2002年に手にするカメラも変えた。
購入時、えらく評判の良かったキヤノンのパワーショット S45だ。
400万画素が自慢の機種だった。
このブログに掲載している写真もほとんどがこいつで撮影したものだ。

この6年間、満足していたが、最近、ちょっと調子が悪い。
S45は、レンズカバーを閉じると、レンズが本体に引っ込み、電源が切れる仕組みになっているが、レンズカバーにちょっと触れたくらいで、この動作に入ってしまう。
シャッターチャンスを逃してしまうし、第一、気分が悪い。
電池の持ちも悪くなった。

そんなかんなで、またぞろ、カメラ熱が急上昇してきた。

どうせ、買うなら、デジタル一眼レフだろう。
結局、選んだのは、ニコンのD90。
画素数は、なんと1230万画素。S45の3倍だ。
画素数だけではなく、FXとはいえ、フォーマットだってS45の比ではない。
おまけ風についている動画撮影機能も、望遠系のレンズを使うとボケ味が効いた洒落た映像が撮れる。
キヤノンの新製品も気になったが、懐具合と相談すれば、自ずと選択は方向付けられる。

レンズは、AF-S DX NIKKOR 16-85mm F3.5-5.6G ED VRをチョイスした。
理由としては、昔から広角好きだった。
フィルム一眼レフでは、28ミリを使用していたが、どうせなら、もっと広角が欲しい。
しかし、レンズキットにあるのは、フィルム換算で、28ミリ。
このレンズならば、24ミリ相当までいく。
画質は、切れ味鋭く、評判も良いようだ。

あとは、SDカードと偏光フィルターを同時に購入。
少しすると、望遠レンズに、ストロボに、とフィーバーはさらに高まるはずだが、ここでは、これで我慢だ。

問題は、D90の発売日が今月の19日ということだ。
来週の金曜日が待ち遠しい。



banner_02.gif
ワインを上手く飲む方法
2008年05月16日 (金) 00:15 * 編集
天才ギタリスト、故ジミ・ヘンドリックスの演奏を聴きながらワインを飲むと味わいが増す-。英ヘリオット・ワット大(エディンバラ)のエイドリアン・ノース教授らがまとめた研究結果を英紙が14日報じた。
ノース教授は「力強く重厚な音楽を聴くと、ワインは何も聴かない場合に比べ60%も力強く豊かでこくがあるように感じられる」と主張。応用心理学に基づいた研究によると、ハードロックはワインを味わう脳の一部を刺激する。
音楽によって刺激は違い、合うワインもさまざまという。選曲を間違えると大変で、レストランやバーのオーナーが店内の音楽に気を使う日が来るかもしれない。 (時事)

パープル・ヘイズを聞きながら、ワイン?
なんで、ジミヘンなの?
どのような計算式で60%となるの?

これだけの記事ではまったく分からん。
しかし、なんとも悔しいことに、こういった記事は、好きなンだな。




banner_02.gif
08年5月のペンとインク
2008年05月11日 (日) 19:14 * 編集
最近、持ち歩いているペンとインクの記録である。
古いスキャン機でコピーしてみた。

penink.jpg

実際の色より、かなりきつくコピーされているが雰囲気は出ている。
プライベート・リザーブのような濃い目の色もパンチがあってよいが、万年筆らしい表現は、やはりインクの濃淡が表現されるペリカンのターコイズの方だろう。
なお、原稿用紙は、満寿屋の103番。
クリーム色である。


■肉筆文字の訂正■

オウロラ ⇒ アウロラ




banner_02.gif

* Top * Next